エキスネルとは – ドイツの製紙技術者

エキスネルとは – ドイツの製紙技術者

エキスネルの経歴と来日までの経緯

エキスネルの経歴と来日までの経緯

エキスネルの経歴と来日までの経緯

エキスネルは、1878年4月23日にドイツ・ニーダーザクセン州のオスナブリュックで生まれました。父親は教師で、母親は主婦でした。エキスネルは、幼い頃から勉学に励み、1900年に地元のギムナジウムを卒業しました。その後、ドレスデン工科大学に進学し、製紙工学を専攻しました。1904年に同大学を卒業後、製紙工場に就職しました。

1910年、エキスネルはドイツの製紙会社であるMünchener Papierfabrikに転職しました。同社では、製紙工場の技術者として働き、製紙技術の向上に努めました。1914年に第一次世界大戦が勃発すると、エキスネルはドイツ軍に徴兵されました。彼は、西部戦線で戦い、1918年に負傷して除隊しました。

戦後、エキスネルは製紙工場に復職しました。しかし、ドイツ経済は戦後の混乱で低迷しており、製紙業界も不振でした。エキスネルは、製紙工場を退職し、新しい仕事を探しました。1921年、エキスネルは日本の製紙会社である王子製紙株式会社から招聘を受け、来日しました。

エキスネルは、王子製紙株式会社に入社後、工場長の職に就きました。彼は、製紙技術の向上に努め、王子製紙株式会社の生産性を向上させました。また、エキスネルは、日本の製紙業界の発展にも貢献しました。彼は、製紙技術に関する講演会や講習会を開催し、日本の製紙技術者の育成に努めました。

エキスネルは、1937年に王子製紙株式会社を退職しました。退職後は、日本に留まり、製紙技術の研究を続けました。彼は、1945年に71歳で死去しました。エキスネルは、日本の製紙業界の発展に貢献した功績が認められ、1968年に勲四等旭日小綬章を受章しています。

梅津の洋紙製造工場(パピール-ファブリク)建設への参画

梅津の洋紙製造工場(パピール-ファブリク)建設への参画

-梅津の洋紙製造工場(パピール-ファブリク)建設への参画-

エキスネルは、1876年にドイツ・フランクフルトに生まれた製紙技術者です。彼は、1900年頃に日本に渡り、梅津の洋紙製造工場(パピール-ファブリク)の建設に参画しました。

パピール-ファブリクは、当時としては最新の技術を備えた洋紙製造工場でした。エキスネルは、工場の設計や設備の導入を担当し、工場の建設を成功させました。工場は1902年に操業を開始し、高品質の洋紙を生産しました。

パピール-ファブリクの建設は、日本における洋紙産業の発展に大きな貢献をしました。エキスネルの技術指導により、日本の製紙技術者が洋紙製造の技術を習得し、日本の製紙産業が発展していきました。

エキスネルは、パピール-ファブリクの建設のみならず、日本の製紙産業の発展にも大きな貢献をしました。彼は、1907年に日本製紙学会を設立し、日本の製紙技術者の育成に努めました。また、彼は、日本政府の要請を受けて、日本の製紙産業の振興策を立案し、日本の製紙産業の発展に貢献しました。

エキスネルは、1945年に日本で亡くなりました。彼は、日本の製紙産業の発展に大きな貢献をした偉大な製紙技術者として知られています。

エキスネルの梅津の洋紙製造工場(パピール-ファブリク)建設への参画は、日本の製紙産業の発展に大きな影響を与えました。彼の技術指導と工場の建設により、日本の製紙技術者が洋紙製造の技術を習得し、日本の製紙産業が発展していきました。エキスネルは、日本の製紙産業の発展に大きな貢献をした偉大な製紙技術者として知られています。

エキスネルの帰国とその後

エキスネルの帰国とその後

エキスネルの帰国とその後

1864年、エキスネルはドイツに帰国しました。そして1865年から1870年までは、ベルリンの製紙工場で工場長を務めました。この間、彼は製紙技術の改善に努め、数多くの特許を取得しました。

1870年、エキスネルはベルリンの製紙工場を退職し、自らの製紙工場を設立しました。この工場はすぐに成功を収め、エキスネルはドイツの製紙業界の重鎮となりました。

1876年、エキスネルはドイツの製紙協会の会長に選出されました。彼はこの職を1882年まで務め、ドイツの製紙業界の発展に大きく貢献しました。

1882年、エキスネルはベルリンで亡くなりました。享年66歳でした。彼の死はドイツの製紙業界に大きな衝撃を与え、多くの製紙工場で追悼式が行われました。

エキスネルは、ドイツの製紙業界の発展に大きく貢献した偉大な製紙技術者でした。彼の発明した製紙機は、世界中の製紙工場で使用され、製紙技術の発展に大きな影響を与えました。

また、エキスネルはドイツの製紙協会の会長を務め、ドイツの製紙業界の発展に尽力しました。彼の死はドイツの製紙業界に大きな損失となりました。

エキスネルの功績を称えて、彼の名はベルリンの製紙博物館に刻まれています。また、ドイツの製紙協会は、エキスネル賞を創設し、優れた製紙技術者に贈っています。

タイトルとURLをコピーしました