延祥(769-853)奈良-平安時代前期の僧

延祥(769-853)奈良-平安時代前期の僧

神護景雲3年生まれ。

神護景雲3年生まれ。

神護景雲3年生まれ。

延祥は、奈良-平安時代前期の僧侶です。神護景雲3年(769年)に生まれ、承和10年(843年)に75歳で入寂しました。

延祥は、大安寺の僧侶であり、大安寺の中興の祖として知られています。また、延祥は、空海と親交があり、空海の弟子の一人である真雅の師匠でもありました。

延祥は、弘法大師空海と親交があり、空海の弟子の一人である真雅の師匠でもありました。延祥は、空海の弟子の一人である真雅の師匠でもありました。

延祥は、真言宗の重要な人物であり、真言宗の教義の確立に大きく貢献しました。延祥の著書には、『秘蔵宝鑰』、『大日経疏演義鈔』、『成身会疏演義鈔』などがあります。

延祥は、承和10年(843年)に75歳で入寂しました。延祥の墓は、奈良県奈良市の大安寺にあります。

法相宗。護命に師事し東大寺で受戒。

法相宗。護命に師事し東大寺で受戒。

延祥(769-853)奈良-平安時代前期の僧

法相宗。護命に師事し東大寺で受戒。

延祥は、奈良時代から平安時代前期に活躍した法相宗の僧です。769年に生まれ、幼い頃から仏教に親しんでいました。10歳の時に護命に師事し、東大寺で受戒しました。その後、東大寺で学問を修め、法相宗の教学を究めました。

延祥は、学問と修行に優れた僧として知られ、東大寺の法相宗の教学の中心的存在となりました。また、東大寺や薬師寺など、多くの寺院の再建や修復にも尽力しました。853年に亡くなりましたが、その功績は後世にまで伝えられています。

延祥は、法相宗の教学を復興し、東大寺の発展に貢献した功績で知られる僧です。また、東大寺や薬師寺など、多くの寺院の再建や修復にも尽力しました。延祥の死後、法相宗は衰退しましたが、その教学は後世に受け継がれ、現在でも重要な仏教宗派として存続しています。

仁寿3年9月9日死去。85歳。

仁寿3年9月9日死去。85歳。

仁寿3年9月9日死去。85歳。

延祥は仁寿3年(853)9月9日に85歳で亡くなった。

延祥は奈良時代に生まれ、平安時代前期に活躍しした僧。

彼は、東大寺や興福寺で学んだ後、唐に渡って密教を学び、帰国後は日本に密教を伝えた。

延祥は、真言宗の開祖である空海の弟子であり、空海とともに密教の布教に努めた。

延祥は、密教のほかにも、天台宗や華厳宗にも通じており、多くの著作を残した。

延祥の著作は、密教の理論や修行方法について書かれたものが多く、密教の研究に大きな影響を与えた。

延祥は、日本における密教の開祖の一人であり、密教の布教に大きな貢献をした。

延祥の死は、日本の仏教界に大きな衝撃を与えた。

タイトルとURLをコピーしました