「江田弥市」

「江田弥市」

江戸時代中期の歌舞伎作者

江戸時代中期の歌舞伎作者

-江戸時代中期の歌舞伎作者-

-江田弥市-

-生誕地-江戸 (現在の東京都)
-生誕年-1659年
-没年月日-1746年3月5日
-本名-江田喜兵衛
-別名-清輝、加賀松、鶴峯

江田弥市は、江戸時代中期の歌舞伎作者です。1659年に江戸に生まれ、1746年に亡くなりました。本名は江田喜兵衛で、別名に清輝、加賀松、鶴峯があります。

弥市は、1700年頃に江戸で歌舞伎作者としてデビューしました。彼の作品は、人情味あふれるストーリーと粋な台詞で人気を博し、歌舞伎界で一躍有名になりました。代表作には、『加賀見山旧錦絵』(1718年)、『白浪五人男』(1721年)、『向島愛染草』(1722年)などがあります。

弥市の作品は、歌舞伎だけでなく、浄瑠璃や小説にも影響を与えました。彼の作品は、現代でも上演され続けており、日本演劇史上において重要な人物の一人として知られています。

弥市の作品の特徴は、人情味あふれるストーリーと粋な台詞です。彼の作品は、庶民の生活や心情をリアルに描いたもので、人々の共感を呼びました。また、彼の作品は、江戸の粋な文化を反映したもので、当時の流行を取り入れた台詞や演出が特徴的です。

弥市の作品は、歌舞伎だけでなく、浄瑠璃や小説にも影響を与えました。彼の作品は、浄瑠璃作者の近松門左衛門や小説家の井原西鶴の作品に影響を与えたと言われています。また、彼の作品は、現代でも上演され続けており、日本演劇史上において重要な人物の一人として知られています。

劇中に舞踊をふやし,はじめに引き抜きをもちいた

劇中に舞踊をふやし,はじめに引き抜きをもちいた

大見出し「江田弥市」

小見出し「劇中に舞踊をふやし,はじめに引き抜きをもちいた」

江田弥市は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。寛保2年(1742年)に江戸中村座で初舞台を踏み、やがて人気役者となる。彼は、劇中に舞踊を多く取り入れ、歌舞伎に大きな影響を与えた。また、若手役者を積極的に引き抜いて育て、歌舞伎の振興にも貢献した。

江田弥市が初めて劇中に舞踊を取り入れたのは、宝暦10年(1760年)に中村座で上演された『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいがみ)』である。この作品で、彼は「車曳き(くるまびき)」という舞踊を演じ、大好評を博した。それ以来、江田弥市は劇中に舞踊を多く取り入れるようになり、歌舞伎の演劇性を高めることに成功した。

江田弥市は、若手役者を積極的に引き抜いて育てたことでも知られている。彼は、宝暦6年(1756年)に坂東彦三郎を、宝暦12年(1762年)に市川海老蔵を、明和2年(1765年)に中村芝翫を中村座に引き抜いている。これらの若手役者は、いずれも後に人気役者となり、歌舞伎の発展に貢献した。

江田弥市の功績は、劇中に舞踊を取り入れ、若手役者を積極的に引き抜いて育てたことにある。彼は、歌舞伎に大きな影響を与え、歌舞伎の発展に大きく貢献した。

江田弥市の舞踊は、華やかで優美であり、観客を魅了した。また、彼の引き抜きは、歌舞伎の新しい才能を発掘し、歌舞伎の発展を促した。江田弥市の功績は、歌舞伎の歴史において重要な位置を占めている。

代表作に「傾城福引名護屋」「妻恋隅田川」など

代表作に「傾城福引名護屋」「妻恋隅田川」など

「傾城福引名護屋」は、歌舞伎の演目の1つで、初演は1751年(宝暦元年)7月、大坂の角の芝居です。

「妻恋隅田川」は、近松門左衛門の構想による心中物の浄瑠璃及び歌舞伎で、1713年(正徳3年)に初演されました。

「傾城福引名護屋」は、戦国時代の福引名護屋を舞台とした物語で、傾城の阿波の局をめぐる恋模様が描かれています。この演目は、華やかな舞台装置や派手な演出が特徴で、当時の人々に大変な人気を博しました。

「妻恋隅田川」は、娘お初と奉公人の徳兵衛の心中を描いた物語で、切ない恋模様と心中に至るまでの過程が丁寧に描かれています。この演目は、浄瑠璃や歌舞伎のみならず、映画やテレビドラマにも数多く翻案されており、現在でも多くの人々に愛されています。

दोनोंの作品は、いずれも日本の伝統的な演劇である歌舞伎の演目であり、日本人の心に深く根付いた物語です。

タイトルとURLをコピーしました