ー「大戸惑子神」

ー「大戸惑子神」

「大戸惑子神」の由来

「大戸惑子神」の由来

– 大戸惑子神

-# 「大戸惑子神」の由来

大戸惑子神(おおとまどいのかみ)は、日本の神話に登場する神である。別名を大戸万侶(おおとまろ)ともいう。大戸惑子神は、大国主神と須佐之男命の間に生まれた子神であり、足名椎神(あしなづちのかみ)と手名椎神(てなづちのかみ)の親神である。

大戸惑子神は、大国主神が須佐之男命の娘である稲田姫(いなだひめ)を娶った際に、その仲介役を務めた。大戸惑子神は、稲田姫の父である須佐之男命に、大国主神が稲田姫を娶りたいという願いを伝え、須佐之男命の同意を取り付けた。

大戸惑子神は、また、大国主神と須佐之男命の間に生まれた子神たちを養育した。大戸惑子神は、子神たちに、狩猟や漁撈、農耕などの技術を教え、子神たちが立派に成長するよう導いた。

大戸惑子神は、日本の神話において、重要な役割を果たした神である。大戸惑子神は、大国主神と須佐之男命の間に生まれた子神であり、足名椎神と手名椎神 の親神である。また、大戸惑子神は、稲田姫の父である須佐之男命に、大国主神が稲田姫を娶りたいという願いを伝え、須佐之男命の同意を取り付けた。さらに、大戸惑子神は、大国主神と須佐之男命の間に生まれた子神たちを養育した。

「大戸惑子神」の神話

「大戸惑子神」の神話

「大戸惑子神」の神話

「大戸惑子神」は、日本神話に登場する神様です。別名「大戸惑神」とも呼ばれます。

「大戸惑子神」は、須佐之男命(スサノオノミコト)と、八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)を宿していた櫛稲田姫(クシナダヒメ)との間に生まれた子です。

「大戸惑子神」は、八坂瓊曲玉を宿したまま生まれ、その玉の光によって、他の神々を驚かせました。そのため、「大戸惑子神」は、「大いに惑わせる子」という意味で、その名が付けられました。

「大戸惑子神」は、成長すると、八坂瓊曲玉を天照大神(アマテラスオオミカミ)に献上し、天照大神は、この玉を、首飾りとして身に着けました。

「大戸惑子神」は、八坂瓊曲玉を献上した功績により、天照大神から、天孫降臨(てんそんこうりん)の際に、瓊瓊杵尊(ににぎの尊)に随行して、地上に降りることを許されました。

「大戸惑子神」は、地上に降りると、瓊瓊杵尊を助け、瓊瓊杵尊が、日向国(ひゅうがのくに)に都を定めるのを助けました。

「大戸惑子神」は、瓊瓊杵尊が、日向国に都を定めた後も、瓊瓊杵尊を助け、瓊瓊杵尊が、天孫降臨を果たすのを助けました。

「大戸惑子神」は、天孫降臨を果たした功績により、天照大神から、建御雷神(たけみかづちのかみ)とともに、天界に帰還することを許されました。

「大戸惑子神」は、天界に帰還した後、天照大神に仕え、天照大神の寵愛を受けました。

「大戸惑子神」は、天照大神に仕えながら、天界で幸せに暮らしました。

「大戸惑子神」と「大戸惑女神」

「大戸惑子神」と「大戸惑女神」

-「大戸惑子神」-

「大戸惑子神」とは、日本神話に登場する女神であり、天照大神が天岩戸に隠れた際に、天鈿女命(あまのうずめのみこと)が歌い踊って、天照大神を誘い出そうとした際に、天鈿女命の傍らで、「ほら、ほら、ほら」と囃したことから、この名がついたと言われています。

「大戸惑子神」は、別名「大戸惑女神」とも呼ばれており、古事記では、天照大神が天岩戸に隠れた際に、天鈿女命が歌い踊って、天照大神を誘い出そうとした際に、天鈿女命の傍らで、「ほら、ほら、ほら」と囃したことから、この名がついたとされています。

しかし、延喜式では、天照大神を誘い出したのは、「大戸惑子神」ではなく、「大戸惑女神」であるとされており、この両者の関係については、現在も不明な点が多くなっています。

-「大戸惑子神」と「大戸惑女神」-

「大戸惑子神」と「大戸惑女神」は、古事記と延喜式では、それぞれ天照大神を誘い出した人物として登場していますが、この両者の関係については、現在も不明な点が多くなっています。

一説では、「大戸惑子神」と「大戸惑女神」は、同一人物であると言われています。これは、古事記と延喜式では、天照大神を誘い出した人物の名前が異なっているものの、その役割は同じであることから、この両者は同一人物であると考えることができるからです。

また、別説では、「大戸惑子神」と「大戸惑女神」は、別々の人物であると言われています。これは、古事記と延喜式では、天照大神を誘い出した人物の名前が異なっているだけでなく、その役割も異なることから、この両者は別々の人物であると考えることができるからです。

いずれにせよ、「大戸惑子神」と「大戸惑女神」の関係については、現在も不明な点が多くなっています。

タイトルとURLをコピーしました