榎並舎羅 – 江戸時代前期から中期の俳人

榎並舎羅 – 江戸時代前期から中期の俳人

榎並舎羅の生涯

榎並舎羅の生涯

榎並舎羅の生涯

榎並舎羅は、江戸時代前期から中期の俳人です。元禄5年(1692年)に江戸に生まれ、本名は岡本新兵衛といい、表向きは商人を営んでいました。しかし、その本業は俳諧であり、当時の俳諧界においては第一人者として活躍していました。

舎羅は、貞享2年(1685年)に江戸で生まれ、本名は岡本新兵衛といい、表向きは商人を営んでいました。しかし、その本業は俳諧であり、当時の俳諧界においては第一人者として活躍していました。

舎羅は、幼い頃から俳諧を学び、元禄5年(1692年)に「猿蓑」という句集を出版しました。この句集は、当時の俳壇に大きな影響を与え、舎羅を一流の俳人として有名にしました。

舎羅は、その後も「続猿蓑」「三猿蓑」などの句集を出版し、その名声をさらに高めました。また、多くの弟子を育て、俳諧の普及に努めました。

舎羅は、享保14年(1729年)に江戸で亡くなりました。享年45歳でした。

舎羅は、俳諧史上において重要な俳人の一人であり、その功績は今日でも高く評価されています。

舎羅の作風は、写実的で庶民の生活を詠んだ句が多く、庶民に親しまれていました。また、ユーモアのある句や風刺の効いた句も得意としていました。

舎羅は、俳諧の普及に努め、多くの弟子を育てました。その弟子の中には、後に関西俳壇を代表する俳人となる西山宗因もいました。

舎羅は、享保14年(1729年)に江戸で亡くなりました。享年45歳でした。

榎並舎羅の俳風

榎並舎羅の俳風

-# 榎並舎羅の俳風

榎並舎羅の俳風は、芭蕉の「枯淡寂び」の精神を継承し、さらに独自の境地を切り開いたものと評される。その俳句は、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多く、繊細な情感が込められている。また、言葉の響きやリズムにもこだわり、俳句を芸術的な作品として昇華させた。

舎羅の俳句の特徴として、まず挙げられるのは、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多くあることである。例えば、次のような俳句がある。

* 「山の端の富士に宿かる月影は」
* 「汐風や夜語る貝の耳の穴」
* 「川の流れは絶えずしてしかももとの水にあらず」

これらの俳句は、いずれも自然の美しさや人生の無常を詠んでおり、舎羅の繊細な情感が込められている。

また、舎羅の俳句は、言葉の響きやリズムにもこだわり、俳句を芸術的な作品として昇華させている。例えば、次のような俳句がある。

* 「幽谷の花に日は照れども色深し」
* 「草の色を身に映す水の澄み渡る」
* 「夕ぐれに鐘のひびきをきく蝉の声」

これらの俳句は、いずれも言葉の響きやリズムが美しく、俳句を芸術的な作品として昇華させている。

舎羅の俳風は、芭蕉の「枯淡寂び」の精神を継承し、さらに独自の境地を切り開いたものと評価されている。舎羅の俳句は、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多く、繊細な情感が込められている。また、言葉の響きやリズムにもこだわり、俳句を芸術的な作品として昇華させた。

榎並舎羅の代表作

榎並舎羅の代表作

-榎並舎羅 – 江戸時代前期から中期の俳人-

-榎並舎羅の代表作-

榎並舎羅(えなみ しゃら、1622年(元和8年) – 1670年(寛文10年))は、江戸時代前期から中期の俳人。別号は宗与(むねとも)。

江戸日本橋に生まれ、振袖や白酒を商い、江戸の町を歩き回っていた。
中年に及んで俳諧を志し、松尾芭蕉の門下となる。

舎羅は芭蕉の「不易流行」の教えをよく体得し、「滑稽味」「悟味」の句を得意とし、芭蕉から「句に老境なし」と褒められた。

舎羅の代表作には、以下のような句がある。

* 「霜枯れや馬のふんする音ばかり」
* 「薮かげにうづら鳴くなり雪の朝」
* 「月の夜や軒を打つ雨雪の音」
* 「落椿しろきこと葉は枯れにけり」
* 「庭の雪降り残されてむめの花」

舎羅は、江戸俳諧の発展に貢献した重要な俳人の一人である。

舎羅は、1670年(寛文10年)に49歳で没した。

舎羅の句は、江戸情緒を詠んだ句が多く、庶民の生活や心情をよく表している。

舎羅の句は、芭蕉の句ほど有名ではないが、江戸俳諧の発展に貢献した重要な俳人の一人として、後世に高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました