榎市次郎:初代生地村長と和邇川護岸工事の功績

榎市次郎:初代生地村長と和邇川護岸工事の功績

榎市次郎の生涯と功績

榎市次郎の生涯と功績

榎市次郎の生涯と功績

榎市次郎は、1840年(天保11年)に、生地村(現・草津市)に生まれました。家業は農業でしたが、長じて、村の世話役を務め、1873年(明治6年)には、初代生地村長に就任しました。

榎市次郎が村長に就任した当時の生地村は、和邇川が頻繁に氾濫し、村人は水害に苦しんでいました。榎市次郎は、和邇川の護岸工事を計画し、村民の協力のもと、1875年(明治8年)に工事を着工しました。

和邇川護岸工事は、総延長約20kmの大工事でしたが、榎市次郎は、村民をまとめ上げ、工事を進め、1882年(明治15年)には、工事が完了しました。

和邇川護岸工事の完成によって、生地村は水害から守られ、村民の生活は大きく改善されました。榎市次郎の功績は、村民から高く評価され、彼は、生地村の名誉村民に推挙されました。

榎市次郎は、1917年(大正6年)に、78歳で亡くなりました。彼の功績を記念して、生地村には、榎市次郎の像が建てられ、毎年、彼の命日には、村人が集まって、彼の功績を称えています。

苦労の末に完成した和邇川護岸工事

苦労の末に完成した和邇川護岸工事

-苦労の末に完成した和邇川護岸工事-

榎市次郎が村長を務めた時代、村を悩ませていた問題の一つが和邇川の氾濫だった。和邇川は、比良山系の山間部を源流とする一級河川で、村の中心部を流れている。豪雨の時には増水して氾濫し、村に大きな被害をもたらしていた。

榎市次郎は、和邇川護岸工事を進めることで、氾濫を防ぎ、村を守ることを決意した。しかし、護岸工事は容易なものではなかった。和邇川は水量が多く、流れも速い。また、護岸工事を行うためには、多額の費用が必要だった。

榎市次郎は、村民に協力を呼びかけ、寄付金を募った。また、県や国にも補助金を申請し、護岸工事を進めるための資金を確保した。そして、村の有志たちが協力して、護岸工事の工事にあたった。

護岸工事は、困難を極めた。和邇川の水は増水して氾濫することも多く、工事は何度も中断を余儀なくされた。しかし、榎市次郎は諦めず、村民たちを鼓舞して工事を続けた。

そして、長い年月をかけて、ついに和邇川護岸工事が完成した。護岸工事の完成によって、和邇川の氾濫は防がれ、村は洪水被害から守られるようになった。

榎市次郎の和邇川護岸工事の功績は、今もなお村人たちに語り継がれている。榎市次郎は、村を洪水被害から救った偉大な村長として、人々から尊敬されている。

初代生地村長として残した足跡

初代生地村長として残した足跡

-初代生地村長として残した足跡-

榎市次郎氏は、1831年(天保2年)に生地村に生まれ、1869年(明治2年)に初代生地村長に就任しました。彼は、1880年(明治13年)まで村長を勤め、その間に数々の功績を残しました。

榎市次郎氏の最も大きな功績は、和邇川護岸工事の完成でしょう。和邇川は、生地村を流れる大河川で、たびたび氾濫を起こして村に被害を与えていました。榎市次郎氏は、村長就任後すぐに、和邇川護岸工事の計画を立て、10年以上の歳月をかけて、工事の完成にこぎつけました。

この工事により、和邇川はほぼ完全に氾濫が収まり、生地村は大きな被害から守られるようになりました。榎市次郎氏は、この功績により「生地村の恩人」と呼ばれ、村人から敬愛されました。

また、榎市次郎氏は、生地村の近代化にも尽力しました。彼は、1873年(明治6年)に村内に小学校を創設し、1876年(明治9年)には村役場を建設しました。さらに、村内の道路や橋梁の整備にも力を入れ、生地村の近代化に大きく貢献しました。

榎市次郎氏は、1880年(明治13年)に村長を辞任しましたが、その後も生地村の発展に力を尽くしました。彼は、1891年(明治24年)に生地村の名誉村長に推挙され、1896年(明治29年)には第2代滋賀県議会議員に当選しました。

榎市次郎氏は、1911年(明治44年)に81歳で亡くなりましたが、彼の功績は生地村に今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました