神田伯山(初代)~幕末から明治時代の講談師~

神田伯山(初代)~幕末から明治時代の講談師~

神田伯山 (初代) の経歴 – 初代神田伯竜の弟子として

神田伯山 (初代) の経歴 - 初代神田伯竜の弟子として

神田伯山 (初代) の経歴 – 初代神田伯竜の弟子として

神田伯山 (初代) は、幕末から明治時代にかけて活躍した講談師です。本名は、鈴木長蔵。1834年(天保5年)に江戸の浅草で生まれました。

伯山は、幼い頃から講談に興味を持ち、14歳の時に初代神田伯竜の弟子となりました。伯竜は、当時人気のあった講談師で、伯山は伯竜のもとで講談の技を学びました。

伯山は、1860年(安政7年)に神田伯山の名を襲名して独立しました。伯山は、講談界で頭角を現し、人気講談師となりました。伯山の講談は、人情味あふれる語り口で、聴衆を魅了しました。

伯山は、1881年(明治14年)に亡くなりました。伯山は、講談界に大きな功績を残した講談師として知られています。

神田伯山 (初代) の特徴

伯山は、人情味あふれる語り口の講談師でした。伯山の講談は、聴衆の心に響き、多くの人々に支持されました。

また、伯山は、講談の演目も豊富でした。伯山は、古典的な講談の演目から、新作の講談の演目まで、幅広く演じることができました。

伯山の講談は、その人情味あふれる語り口と豊富な演目で、多くの人々に愛されました。

伯山の功績

伯山は、講談界に大きな功績を残した講談師です。伯山は、講談の普及に努め、講談を多くの人々に知ってもらいました。

また、伯山は、講談の演目を豊富にしました。伯山は、古典的な講談の演目を掘り起こし、新作の講談の演目を創作しました。

伯山の功績により、講談は、明治時代以降も庶民の人気の娯楽として親しまれることになりました。

独自の語り口で人気を集める – 兄弟子の伯円とならんで

独自の語り口で人気を集める - 兄弟子の伯円とならんで

– 独自の語り口で人気を集める – 兄弟子の伯円とならんで

神田伯山(初代)は、幕末から明治時代にかけて活躍した講談師です。下谷に生まれ、幼い頃から講談に親しみ、15歳のときに三遊亭円朝の門下に入門しました。修業を積んだ後、1870年に神田伯山を襲名し、講談師として独り立ちしました。

伯山は、講談の語り口に独自の工夫を加え、人気を集めました。それまで、講談師は、舞台中央に立って、棒立ちで講談を語るのが普通でしたが、伯山は、舞台を動き回り、身振り手振りをつけて講談を語りました。また、伯山は、講談の中に、川柳や落語などの小噺を織り交ぜ、聴衆を楽しませました。

伯山の講談は、江戸っ子の間で人気を博し、伯山は、当代きっての講談師と称されました。また、伯山は、兄弟子の神田伯円とならんで、明治時代の講談界を牽引しました。

伯山は、1925年に72歳で亡くなりました。伯山の死後、講談界は、衰退の一途をたどりますが、1970年代以降、講談がブームとなり、伯山の講談が再評価されるようになりました。

得意演目は「天一坊」 – 「伯山は天一坊で蔵をたて」

得意演目は「天一坊」 - 「伯山は天一坊で蔵をたて」

-大見出し神田伯山(初代)~幕末から明治時代の講談師~-

-小見出し得意演目は「天一坊」 – 「伯山は天一坊で蔵をたて」-

初代神田伯山は、幕末から明治時代にかけて活躍した講談師です。本名は岩井貞之丞、号は初代伯山。美濃国加茂郡太田町(現岐阜県加茂郡坂祝町)出身。

伯山は、幼い頃から講談に興味を持ち、12歳のときに名古屋の講談師・松林伯洲に入門します。その後、18歳で江戸に出向き、三遊亭圓朝に師事します。圓朝の死後は、3代目神田伯龍の門下となり、伯山を襲名します。

伯山の得意演目は「天一坊」でした。「天一坊」は、江戸時代の侠客・天一坊政五郎を主人公とした講談で、伯山はこの演目で一世を風靡します。伯山は「天一坊」で蔵をたてたとまで言われ、その人気ぶりを伺うことができます。

伯山は、講談師としてだけでなく、作家としても活躍しました。1897年には、小説「侠客伝」を出版し、ベストセラーとなります。また、1903年には、講談雑誌「伯山」を創刊し、編集長を務めました。

伯山は、1918年に死去しました。享年63歳でした。伯山は、講談界に大きな功績を残した偉大な講談師の一人として、現在でもその名を知られています。

-主な業績-

* 講談師として「天一坊」で一世を風靡する。
* 小説「侠客伝」を出版し、ベストセラーとなる。
* 講談雑誌「伯山」を創刊し、編集長を務める。

-逸話-

* 伯山は、講談の途中で咳き込んだことがあり、そのとき「咳が止まらないのは、天一坊が怒っているからだ」と言って、聴衆を笑わせた。
* 伯山は、講談の途中で「天一坊」のセリフを間違えてしまったことがあり、そのとき「天一坊が間違えたのだ」と言って、聴衆を納得させた。

タイトルとURLをコピーしました