神田伯山(4代) – 落語家・講談師の名前を受け継ぐ神田家

神田伯山(4代) – 落語家・講談師の名前を受け継ぐ神田家

神田伯山(4代)の経歴と芸風

神田伯山(4代)の経歴と芸風

– 神田伯山(4代)の経歴と芸風

神田伯山(4代)は、1979年1月12日生まれ、埼玉県北本市出身の落語家、講談師。本名は大倉裕之。出囃子は『神田囃子』。

神田伯山(4代)は、落語家の神田伯龍を師匠に、2000年9月1日に前座として落語界に入門。前座名は「伯助」。2004年9月1日には二ツ目昇進に伴い「神田伯山」と改名。

2010年9月1日には、真打昇進を果たす。真打昇進後は、落語協会に所属し、寄席や独演会などで活躍。2015年からは、講談も始め、講談協会に入会した。

神田伯山(4代)の芸風は、古典落語をベースとした、軽妙洒脱な語り口が特徴。講談でも、古典講談をベースとした、ユーモアあふれる語り口で人気を集めている。

また、神田伯山(4代)は、テレビやラジオにも出演しており、2019年には、NHKの『笑点』に出演して注目を集めた。2020年には、TBSの『ラヴィット!』にレギュラー出演している。

神田伯山(4代)は、落語家、講談師として活躍する一方、作家としても活動しており、2018年に『落語入門』を出版した。

神田伯山(4代)は、落語界、講談界を代表する若手落語家、講談師であり、今後さらなる活躍が期待されている。

神田伯山(4代)の師匠と弟子

神田伯山(4代)の師匠と弟子

-神田伯山(4代)の師匠と弟子-

神田伯山(4代)の師匠は、神田松鯉(8代目)です。松鯉は、1942年生まれの落語家で、神田派の重鎮として知られています。1963年に4代目神田伯山を襲名し、2013年に真打昇進を果たしました。松鯉は、伯山に落語の技術だけでなく、芸の精神も叩き込みました。伯山は、松鯉のことを「師匠は、落語の全てを教えてくれた恩人です」と語っています。

神田伯山(4代)の弟子には、神田松之丞(6代目)がいます。松之丞は、1983年生まれの落語家で、2012年に伯山に入門しました。松之丞は、2016年に真打昇進を果たし、現在では落語界の新星として注目を集めています。松之丞は、伯山のことを「師匠は、落語の面白さを教えてくれた人です」と語っています。

神田伯山(4代)と神田松之丞の関係は、師弟の関係を超えたものであり、それは芸の師弟関係だけでなく、人生の師弟関係でもあります。伯山は、松之丞のことを「我が子のように思っている」と語っており、松之丞もまた、伯山のことを「父親のように慕っている」と語っています。

伯山と松之丞という師弟の関係は、落語界の伝統を継承していく上で、非常に重要なものです。伯山は、松之丞に落語の技術と芸の精神を伝え、松之丞は、伯山から受け継いだものをさらに発展させていくでしょう。伯山と松之丞の師弟関係は、落語界の未来を担うものとして、今後も注目されることでしょう。

神田伯山(4代)の名跡について

神田伯山(4代)の名跡について

神田伯山(4代)の名跡について

神田伯山(4代)は、2022年に神田伯山(3代)の弟子である神田伯山(4代)が襲名した名跡である。

神田伯山(3代)は、1937年に東京で生まれ、1958年に神田伯山(2代)に入門して、神田伯山(3代)を襲名した。神田伯山(3代)は、落語家として活躍し、1978年に落語協会の会長に就任するなど、落語界を代表する人物であった。2018年に亡くなった。

神田伯山(4代)は、1983年に千葉県で生まれ、2006年に神田伯山(3代)に入門した。神田伯山(4代)は、落語家としてだけでなく、講談師としても活躍しており、2020年には講談協会の真打に昇進した。神田伯山(4代)は、落語と講談の両方で活躍するマルチな才能の持ち主である。

神田伯山(4代)は、神田伯山(3代)から受け継いだ名跡を大切にして、活躍している。神田伯山(4代)は、落語と講談の両方で活躍しており、伝統芸能の普及に貢献している。神田伯山(4代)は、今後の落語界と講談界を担う期待の若手である。

タイトルとURLをコピーしました