神田伯竜(3代)について

神田伯竜(3代)について

初代神田伯山の門人

初代神田伯山の門人

初代神田伯山の門人

初代神田伯山は、講談師として活躍し、講談界に大きな影響を与えた人物です。彼は、多くの弟子を育て上げ、その中には、3代目神田伯竜も含まれています。

神田伯竜は、1924年に東京に生まれました。彼は、若い頃から講談に興味を持ち、初代神田伯山の弟子入りを希望しました。しかし、初代神田伯山は、弟子の募集をしていないため、神田伯竜は一時、断念することになります。

しかし、神田伯竜は諦めずに、初代神田伯山に弟子入りするための努力を続けました。そのかいあって、1941年にようやく、初代神田伯山の弟子入りを許されました。

神田伯竜は、初代神田伯山の弟子として、熱心に講談を学びました。彼は、初代神田伯山の芸風を忠実に受け継ぎ、やがて、講談師として頭角を現していきました。

1951年、神田伯竜は、初代神田伯山の死後、3代目神田伯竜を襲名しました。彼は、3代目神田伯竜として、講談界を盛り上げていきました。

神田伯竜は、講談師として活躍するだけでなく、後進の育成にも力を入れました。彼は、多くの弟子を育て上げ、その中には、桂文珍や桂米朝など、後の講談界を担うことになる人物も含まれています。

神田伯竜は、2013年に亡くなりましたが、彼の功績は、今でも講談界で語り継がれています。

大坂に移り、神田伯青に4代目をゆずった

大坂に移り、神田伯青に4代目をゆずった

-神田伯竜(3代)について-

-大坂に移り、神田伯青に4代目をゆずった-

神田伯竜(3代)は、1907年(明治40年)4月15日に浅草区で生まれた。本名は川合為之助。初代神田伯山の弟子となり、1928年(昭和3年)に真打ち昇進。1931年(昭和6年)には、2代目神田伯竜を襲名した。

伯竜は、滑稽噺を得意とし、名人芸と評された。また、落語界の重鎮としても知られ、1951年(昭和26年)には落語協会の会長に就任した。

1969年(昭和44年)には、大坂に移住。そして、1973年(昭和48年)に神田伯青に4代目をゆずった。伯竜は、1980年(昭和55年)11月20日に大阪市北区で死去した。享年73歳だった。

伯竜は、落語界に大きな功績を残した名人とされる。伯青をはじめ、多くの弟子を育て上げ、落語の伝統を伝えた。また、落語協会の会長として、落語界の発展に尽力した。

伯竜の死後、伯青は4代目神田伯竜を襲名し、今日に至っている。伯青は、伯竜の芸を受け継ぎ、現在も第一線で活躍する落語家である。

伯竜は、落語界に大きな足跡を残した名人とされる。伯竜の芸は、今日でも多くの落語家に影響を与えている。

本名は桜井清三郎

本名は桜井清三郎

神田伯竜(3代)について

本名は桜井清三郎

神田伯竜(3代)は、落語家です。本名は桜井清三郎。1893年(明治26年)5月1日に東京府東京市本所区(現在の東京都墨田区)に生まれ、1972年(昭和47年)10月16日に死去しました。享年79歳。

神田伯竜(3代)は、初代神田伯竜の弟子の神田伯英の弟子として入門し、1921年(大正10年)に初高座を踏みました。その後、師匠の伯英の死後、神田伯竜(2代)の弟子となり、1934年(昭和9年)に真打昇進しました。

神田伯竜(3代)は、人情噺を得意とし、その芸は「伯竜節」と呼ばれました。また、新作落語にも取り組み、多くの作品を残しています。

神田伯竜(3代)は、1966年(昭和41年)に芸術祭賞を受賞し、1970年(昭和45年)に紫綬褒章を受章しました。

神田伯竜(3代)は、1972年(昭和47年)10月16日に死去しました。享年79歳。神田伯竜(3代)の死は、落語界に大きな衝撃を与えました。

タイトルとURLをコピーしました