桂春蝶 (2代) – 昭和後期から平成時代の落語家

桂春蝶 (2代) – 昭和後期から平成時代の落語家

桂春蝶の生涯

桂春蝶の生涯

-桂春蝶の生涯-

桂春蝶は、1929年12月19日に東京都に生まれた。本名は、橋本直与志。父は、漫才師の橋本欣一、兄は、落語家の桂文生。

春蝶は、早稲田大学商学部を卒業後、1951年3月に桂春團治に入門。1952年4月に前座となり、1955年4月に二ツ目に昇進。1966年3月に真打昇進。

春蝶は、1970年代から1980年代にかけて、圓楽一門のリーダーとして活躍。1981年には、芸術祭優秀賞を受賞。1982年には、文化庁芸術祭大賞を受賞。1985年には、紫綬褒章を受章。1991年には、勲四等旭日小綬章を受章。1993年には、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。

春蝶は、古典落語を得意とし、特に人情噺に定評があった。また、新作落語にも取り組み、多くの作品を残した。

春蝶は、2003年11月29日に心不全のため死去。享年73。

春蝶は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した落語家の代表格であり、その功績は多大なものがある。

桂春蝶の芸風

桂春蝶の芸風

-桂春蝶の芸風-

桂春蝶は、古典落語をベースに、独自の工夫を凝らした芸風で知られる落語家であった。彼の高座は、軽快な語り口と、巧みなジェスチャーが特徴的であった。また、春蝶は、新作落語にも積極的に取り組み、数々のヒット作を生み出した。

春蝶の芸風の大きな特徴の一つは、古典落語を現代風にアレンジしたことである。例えば、春蝶は、「死神」という古典落語を、現代の交通事故を題材にしてアレンジした。また、「芝浜」という古典落語を、現代のホームレスを題材にしてアレンジした。春蝶のこうしたアレンジは、古典落語の持つ面白さを現代の観客にも理解しやすくすると同時に、春蝶独自の芸風を生み出すことにもつながった。

もう一つの春蝶の芸風の大きな特徴は、巧みなジェスチャーである。春蝶は、落語を演じながら、全身をを使ってジェスチャーを行うことで、観客を噺の世界に引き込んでいった。春蝶のジェスチャーは、大げさすぎず、かといって地味すぎず、観客にちょうどいい塩梅に伝わった。

春蝶は、新作落語にも積極的に取り組み、数々のヒット作を生み出した。春蝶の新作落語は、現代社会の風刺や、人情噺など、幅広いテーマを扱っていた。春蝶の新作落語は、その斬新な切り口や、巧みなストーリー展開で、多くの観客から支持された。

桂春蝶は、古典落語をベースに、独自の工夫を凝らした芸風で知られる落語家であった。彼の高座は、軽快な語り口と、巧みなジェスチャーが特徴的であった。また、春蝶は、新作落語にも積極的に取り組み、数々のヒット作を生み出した。春蝶の芸風は、多くの観客から支持され、彼の落語は、今もなお、多くの人々に愛され続けている。

桂春蝶の代表作

桂春蝶の代表作

-# 桂春蝶の代表作

桂春蝶の代表作は、落語界屈指の「河豚鍋」や「かんしゃく」、「花筏」など、他にも数多くあります。

「河豚鍋」は、河豚鍋を囲んでの夫婦のやりとりをコミカルに表現していて、彼の代表作の一つです。
「かんしゃく」は、元侍が、かんしゃく持ちの飯屋に困ってしまい、さまざまな方法で制裁を加えようとする噺です。
「花筏」は、死んだ娘を思い、花筏を流す母親の物語で、涙を誘う一席です。

桂春蝶の落語は、庶民の生活や心情をリアルに描いているもので、多くの人々に愛されました。彼の落語は、落語界に残る名作として、今もなお多くの人に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました