関東小六 – 浄瑠璃などに登場する美男

関東小六 – 浄瑠璃などに登場する美男

関東小六のモデルとなった美男・馬方

関東小六のモデルとなった美男・馬方

関東小六のモデルとなった美男・馬方

浄瑠璃や歌舞伎に登場する関東小六は、美しく逞しい美男として描かれています。そのモデルとなったとされるのが、江戸時代初期に実在した馬方の六之助です。

六之助は、武蔵国(現在の埼玉県)の出身で、幼い頃から容姿端麗、力持ちで知られていました。18歳の時に、江戸で馬方として働き始め、その美貌ですぐに評判になりました。

ある日、六之助が馬を引いているところを、偶然通りかかった大名に見初められます。大名は、六之助を自分の家来にするために、無理やり彼の馬を奪い取ろうとしました。しかし、六之助は馬を奪われることを拒否し、大名と一騎打ちになります。

六之助は、大名の家来を次々と倒し、大名もついに降参しました。大名は、六之助の武勇と美貌に感服し、彼を自分の家来として迎え入れました。

六之助は、大名の家来として、忠義を尽くし、数々の功績を挙げました。やがて、彼は関東小六と呼ばれるようになり、その名は全国に知れ渡るようになりました。

六之助の物語は、浄瑠璃や歌舞伎で上演され、多くの人々に感動を与えました。彼は、江戸時代を代表する美男として、現在も語り継がれています。

歌舞伎「関東小禄」と長唄「淡島」

歌舞伎「関東小禄」と長唄「淡島」

-歌舞伎「関東小禄」と長唄「淡島」-

-歌舞伎「関東小禄」-

歌舞伎「関東小禄」は、浄瑠璃や小説などにも登場する美男子「関東小禄」を題材とした歌舞伎の演目です。初演は1712年、江戸の歌舞伎座で行われました。

この演目は、関東小禄が淡島に流されてから、様々な苦労の末に故郷に帰還するまでの物語を描いています。

関東小禄は、鎌倉時代の武将・佐竹氏の家臣である佐竹小禄の息子として生まれました。若い頃は美男子で知られ、武術にも優れていました。しかし、ある日、小禄は主君である佐竹氏に謀反を起こそうとして捕らえられてしまいます。

小禄は淡島に流され、そこで10年間の幽閉生活を送ります。この間、小禄は様々な苦難に遭いますが、その美貌と武勇で人々を魅了し、淡島の人々から愛されるようになります。

10年後、小禄は佐竹氏の赦免を受けて故郷に帰還します。小禄は再び佐竹氏に仕え、武功を立てて、鎌倉幕府の重臣となります。

歌舞伎「関東小禄」は、関東小禄の美貌と武勇、そして、淡島で過ごした10年間の苦難を描き、人々の心を打つ演目です。

-長唄「淡島」-

長唄「淡島」は、「関東小禄」を題材とした長唄の曲です。作詞は河竹黙阿弥、作曲は杵屋佐吉です。初演は1849年、江戸の歌舞伎座で行われました。

この曲は、関東小禄が淡島に流されてから、様々な苦難に遭いながらも、その美貌と武勇で人々を魅了していく様子を描いています。

「淡島」は、関東小禄の美貌と武勇、そして、淡島での苦難を描き、人々の心を打つ演目です。長唄「淡島」は、関東小禄の美貌と武勇を讃え、淡島で過ごした10年間の苦難を描き、人々の心を打つ曲です。

関東小六の伊達男ぶり

関東小六の伊達男ぶり

関東小六の伊達男ぶり

関東小六は、浄瑠璃などに登場する美男で、伊達男としても知られています。その伊達男ぶりは、以下の通りです。

・容姿端麗
関東小六は、容姿端麗で、特に目元が印象的でした。浄瑠璃では、「一目惚れ」されることが多く、その容姿に魅了された女性は数多くいました。

・服装に気を使う
関東小六は、服装にも気を使っており、いつも粋な着こなしをしていました。浄瑠璃では、その服装が「粋」と評されることが多く、当時の男性の憧れの的でした。

・立ち居振る舞いが美しい
関東小六は、立ち居振る舞いが美しく、とても優雅でした。浄瑠璃では、その美しさに魅了された女性は数多くいました。

・口がうまい
関東小六は、口がうまく、女性を口説くのが上手でした。浄瑠璃では、その口のうまさによって、多くの女性を口説き落としています。

・喧嘩が強い
関東小六は、喧嘩も強く、腕っぷしには自信を持っていました。浄瑠璃では、その強さによって、多くの敵を倒しています。

関東小六の伊達男ぶりは、浄瑠璃などで多く語られており、当時の男性の憧れの的でした。その伊達男ぶりは、現代でも多くの男性に憧れられています。

タイトルとURLをコピーしました