生一左兵衛(1842-1907) – 幕末から明治の能楽師

生一左兵衛(1842-1907) – 幕末から明治の能楽師

生一左兵衛とはどのような人物だったのか?

生一左兵衛とはどのような人物だったのか?

-生一左兵衛とはどのような人物だったのか?-

生一左兵衛(うぶいち さべえ、1842年 – 1907年)は、幕末から明治時代にかけて活躍した能楽師です。本名は生駒与五郎(いこま よごろう)といい、法名は左衛門兵衛(さえもんのじょう)です。

生一左兵衛は、江戸市谷に生まれ、幼い頃から能楽に親しみました。14歳の時に、喜多流の三世金剛右京(こんごう うきょう)に入門し、20歳の時には、四世金剛右京を襲名しました。

生一左兵衛は、優れた能楽師として知られ、特に「石橋(しゃっきょう)」、「船弁慶(ふなべんけい)」、「安宅(あたか)」、「景清(かげきよ)」などの演目で高い評価を得ました。また、能楽の普及にも努め、明治15年(1882年)には、東京に生一能楽堂を創設しました。

生一左兵衛は、明治40年(1907年)に、66歳で亡くなりました。その死は、能楽界に大きな衝撃を与え、多くの門弟やファンが悲しみに暮れました。

生一左兵衛は、優れた能楽師としてだけでなく、能楽の普及에도 努めた人物として知られています。その功績は、今もなお語り継がれています。

生一左兵衛の生い立ちと経歴

生一左兵衛の生い立ちと経歴

-生一左兵衛の生い立ちと経歴-

生一左兵衛は、1842年(天保13年)に、江戸で生を受けました。幼名は、惣次郎。生家は、代々能楽師の家柄で、父は生一左兵衛四世、母は豊子。左兵衛は、幼い頃から能楽を学び始め、1853年(嘉永6年)には、父から左兵衛の名を襲名し、正式に能楽師としてデビューを果たしました。

左兵衛は、天賦の才能に加え、努力を重ねて研鑽を積み、やがて、能楽界の第一線で活躍するようになりました。1868年(明治元年)には、明治天皇の御前で能を披露し、その演技を大いに賞賛されました。その後、左兵衛は、東京芸術大学や早稲田大学で教鞭を執り、多くの弟子を育て上げました。

左兵衛は、能楽の普及に努めた功績でも知られています。1886年(明治19年)には、能楽の普及と発展を目的とした「能楽会」を創設。また、1893年(明治26年)には、能楽の保存と継承を目的とした「能楽堂」を建設しました。

左兵衛は、1907年(明治40年)に、65歳で亡くなりました。左兵衛の死は、能楽界に大きな衝撃を与え、多くの人々がその死を悼みました。左兵衛は、能楽界の発展に多大な貢献をした偉大な能楽師として、後世にその名を残しています。

生一左兵衛の功績と代表作

生一左兵衛の功績と代表作

-生一左兵衛の功績と代表作-

生一左兵衛は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した能楽師で、能楽界に大きな功績を残しました。

生一左兵衛は、1842年(天保13年)に江戸で生まれました。幼い頃から能楽を学び、1860年(万延元年)に初舞台を踏みました。その後、大阪の歌舞伎座や京都の祇園劇場など、全国各地の劇場に出演するようになりました。

生一左兵衛は、優れた声質と美しい舞いで、多くの観客を魅了しました。また、能楽の伝統を忠実に守るとともに、新しい演出や振り付けを取り入れるなど、能楽の革新にも尽力しました。

生一左兵衛の代表作には、以下のものがあります。

* 「羽衣」
* 「道成寺」
* 「松風」
* 「葵上」
* 「清姫」

生一左兵衛は、1907年(明治40年)に東京で亡くなりましたが、その功績は現在でも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました