浅尾大吉(4代)-歌舞伎役者

浅尾大吉(4代)-歌舞伎役者

明治から昭和初期にかけて活躍した歌舞伎役者

明治から昭和初期にかけて活躍した歌舞伎役者

明治から昭和初期にかけて活躍した歌舞伎役者

浅尾大吉(4代)は、明治から昭和初期にかけて活躍した歌舞伎役者です。

本名は、吉川重太郎。芸名は、初代浅尾大吉の養子となり、2代目浅尾大吉を襲名した後、3代目浅尾大吉を襲名して、4代目浅尾大吉となりました。

浅尾大吉は、1870年(明治3年)に、東京に生まれました。1880年(明治13年)に、初代浅尾大吉に入門し、1882年(明治15年)に、初舞台を踏みました。1893年(明治26年)に、2代目浅尾大吉を襲名し、1903年(明治36年)に、3代目浅尾大吉を襲名しました。

浅尾大吉は、立役として活躍し、特に、和事の芸を得意としました。また、舞踊にも優れており、多くの舞踊作品に出演しました。

浅尾大吉は、1937年(昭和12年)に、68歳で亡くなりました。

浅尾大吉は、明治から昭和初期にかけて、歌舞伎界を代表する役者の一人でした。その芸は、多くの人々に愛され、現在でも、その芸を偲ぶことができます。

歌舞伎の名門・浅尾家の4代目

歌舞伎の名門・浅尾家の4代目

歌舞伎の名門・浅尾家の4代目

浅尾大吉は、歌舞伎の名門・浅尾家の4代目です。1768年、江戸で生まれ、本名は浅尾市兵衛と言いました。幼少期から歌舞伎の世界に親しみ、1783年に5代目市川團十郎の門下に入り、市川藍之助を名乗りました。

市川藍之助は、1788年に初舞台を踏み、すぐに頭角を現しました。1793年に浅尾大吉を襲名し、歌舞伎の世界のトップスターの仲間入りを果たしました。浅尾大吉は、歌舞伎界の若きホープとして注目され、多くの作品に出演しました。

浅尾大吉の当たり役は、義経記の「勧進帳」の弁慶や、菅原伝授手習鑑の「車引」の菅原道真などです。浅尾大吉は、これらの作品で、その優れた演技力で観客を魅了しました。

浅尾大吉は、1828年に59歳で亡くなりました。浅尾大吉の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみました。浅尾大吉は、歌舞伎界に大きな功績を残した偉大な役者でした。

老巧な老役(ふけやく)で名声を博した

老巧な老役(ふけやく)で名声を博した

-老巧な老役(ふけやく)で名声を博した-

浅尾大吉(4代)は、歌舞伎役者。本名は河原崎信太郎。屋号は播磨屋。俳号は松哥。1862年、江戸に生まれる。1877年に浅尾十郎の門下となり、浅尾大吉を名乗る。1906年に三代目市川左團次一座に加わり、1911年に五代目尾上菊五郎一座に加わる。1929年に七代目市川團十郎一座に加わり、1936年に八代目坂東三津五郎一座に加わる。1949年に舞台を引退し、1952年に死去した。

浅尾大吉は、老巧な老役(ふけやく)で名声を博した。その芸風は、自然体でリアルな演技を身上とし、声色も抑え気味で、観客に演技を押し付けないものであった。また、役柄に対して徹底した研究を行い、その役の背景や心情を細やかに表現した。その演技は、観客から絶賛され、多くのファンを獲得した。

浅尾大吉は、多くの舞台に出演したが、特に代表的なのは、歌舞伎十八番の「勧進帳」の弁慶役である。浅尾大吉の弁慶は、豪快でありながら繊細さも兼ね備えた演技で、観客を魅了した。また、世話物の「三人吉三廓初買」の平兵衛役も、浅尾大吉の代表作のひとつである。平兵衛は、気弱で小心な男だが、浅尾大吉は、その平兵衛の弱さをリアルに表現し、観客の共感を得た。

浅尾大吉は、老巧な老役(ふけやく)として、歌舞伎界に多大なる貢献をした人物である。その芸風は、現在でも多くの俳優に受け継がれており、歌舞伎界の発展に寄与している。

タイトルとURLをコピーしました