朝寝坊夢羅久(初代)-江戸時代の落語家

朝寝坊夢羅久(初代)-江戸時代の落語家

安永6年生まれ。浄瑠璃の太夫であったが、享和3年初代三笑亭可楽に入門、三笑亭夢楽を名のる。

安永6年生まれ。浄瑠璃の太夫であったが、享和3年初代三笑亭可楽に入門、三笑亭夢楽を名のる。

-朝寝坊夢羅久(初代)-江戸時代の落語家-

-安永6年生まれ。浄瑠璃の太夫であったが、享和3年初代三笑亭可楽に入門、三笑亭夢楽を名のる。-

朝寝坊夢羅久(初代)は、江戸時代の落語家である。安永6年(1777年)に生まれ、浄瑠璃の太夫であったが、享和3年(1803年)に初代三笑亭可楽に入門し、三笑亭夢楽を名のる。

その後、文化元年(1804年)に朝寝坊夢羅久に改名する。夢羅久は、江戸落語の基礎を築いた一人であり、その芸風は、滑稽で軽妙な語り口と、巧みな身振り手振りであった。

また、夢羅久は、落語の演目の創作にも力を入れ、多くの名作を残している。代表的な演目に、「猫の皿」「芝浜」「死神」「牡丹灯籠」などがある。

夢羅久は、文政12年(1829年)に死去した。享年53。

以下、夢羅久の生涯を年表にまとめた。

* 安永6年(1777年) 誕生
* 享和3年(1803年) 初代三笑亭可楽に入門、三笑亭夢楽を名のる
* 文化元年(1804年) 朝寝坊夢羅久に改名
* 文政12年(1829年) 死去。享年53

文化6年無断で夢羅久と改名したため破門され、朝寝坊夢羅久とした。

文化6年無断で夢羅久と改名したため破門され、朝寝坊夢羅久とした。

-文化6年無断で夢羅久と改名したため破門され、朝寝坊夢羅久とした。-

朝寝坊夢羅久(初代)は、江戸時代中期に活躍した落語家である。本名は不明。文化3年(1806年)に、三遊亭圓朝(初代)に入門し、圓駒を名乗る。文化5年(1808年)に二ツ目昇進し、圓龍を名乗る。

文化6年(1809年)、夢羅久と改名する。しかし、この改名は師匠である圓朝の許可を得ておらず、破門されてしまう。そこで、朝寝坊夢羅久と改めて名乗ることになる。

朝寝坊夢羅久は、滑稽な芸風で人気を集め、江戸落語界を代表する落語家の一人となった。特に、人情噺を得意とし、その語り口は聴き手を魅了したという。

文政5年(1822年)、朝寝坊夢羅久は、江戸落語界の総帥である初代柳家小三治と対立し、破門される。この事件をきっかけに、朝寝坊夢羅久は江戸から離れ、各地を巡業するようになる。

天保6年(1835年)、朝寝坊夢羅久は、大阪で没した。享年52歳。

朝寝坊夢羅久は、江戸落語界に大きな足跡を残した落語家である。滑稽な芸風と人情噺を得意とし、多くの聴衆を魅了した。また、江戸落語界の総帥である初代柳家小三治と対立したことで、江戸から離れ、各地を巡業するようになる。この巡業を通して、江戸落語を全国に広めた功績もある。

のち烏亭焉馬の門に転じ、笑語楼夢羅久を名のった。

のち烏亭焉馬の門に転じ、笑語楼夢羅久を名のった。

-のち烏亭焉馬の門に転じ、笑語楼夢羅久を名のった。-

朝寝坊夢羅久は、はじめ四代目三笑亭可楽の門で修業し、三笑亭梅羅久を名のりました。その後、初代三遊亭圓生の門に移り、三遊亭圓好を名のりました。しかし、圓生と折り合いが悪くなり、破門されてしまいます。

その後、朝寝坊夢羅久は、大師匠である四代目三笑亭可楽の弟子の烏亭焉馬の門に転じ、笑語楼夢羅久を名のりました。焉馬は、落語の大家であり、朝寝坊夢羅久に多くのことを教えました。

朝寝坊夢羅久は、焉馬の指導のもと、落語の腕を上げ、やがて江戸を代表する落語家の一人となりました。彼は、滑稽な話を得意とし、その軽妙洒脱な芸風で多くのファンを集めました。

朝寝坊夢羅久は、落語だけでなく、講談や浄瑠璃なども得意であり、多芸多才な芸人として知られていました。彼は、江戸の庶民に愛され、その名は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました