岸井明 – 昭和喜劇を支えた巨体の人気俳優

岸井明 – 昭和喜劇を支えた巨体の人気俳優

日活からPCLへ – 巨体と歌唱力が人気を集める

日活からPCLへ - 巨体と歌唱力が人気を集める

– 日活からPCLへ – 巨体と歌唱力が人気を集める

岸井は、1929年に日活京都撮影所に俳優として入社しました。巨体と歌唱力が売り物の岸井は、すぐに人気を集め、数多くのトーキー映画に出演しました。岸井が主演した代表作として、1930年の『大学の若旦那』や、1931年の『花嫁の寝言』などが挙げられます。

1933年、岸井は日活を退社し、PCL(ピー・シー・エル)に移籍しました。PCLでは、岸井はさらに人気を集め、1934年の『大学の若旦那』や、1935年の『花嫁の寝言』など、数多くのヒット作に出演しました。

岸井は、喜劇的な演技と歌唱力で観客を魅了し、昭和喜劇を支える人気俳優となりました。1942年に太平洋戦争が勃発すると、岸井は軍隊に召集され、満州に出征しました。岸井は、1945年に復員し、俳優として活動を再開しました。

しかし、戦後の岸井は、かつての人気を取り戻すことができませんでした。岸井は、1950年に俳優を引退し、芸能界を去りました。岸井は、1981年に73歳で亡くなりました。

戦後の活躍 – 名脇役として数々の作品に出演

戦後の活躍 - 名脇役として数々の作品に出演

戦後の活躍 – 名脇役として数々の作品に出演

敗戦後、岸井明は東宝に移籍し、名脇役として数多くの作品に出演した。その代表作には、黒澤明監督の「羅生門」(1950年)、「七人の侍」(1954年)、小津安二郎監督の「東京物語」(1953年)、「秋刀魚の味」(1962年)などがある。

岸井明は、これらの作品で、個性的なキャラクターを演じて、映画に華を添えた。例えば、「羅生門」では、山賊の頭目役を演じ、その残忍さと狡猾さを巧みに表現した。「七人の侍」では、臆病な農民やくざ者など、複数の役を演じ分けて、その演技力の高さを証明した。「東京物語」では、老いた父親役を演じ、その深い愛情と人間性を表現した。「秋刀魚の味」では、頑固な父親役を演じ、その不器用な優しさを表現した。

岸井明は、名脇役として、数多くの作品に出演し、映画界に多大な貢献をした。その演技は、今もなお、多くの人々に愛され続けている。

生涯と代表作 – 昭和の映画史に名を残す名優

生涯と代表作 - 昭和の映画史に名を残す名優

-生涯と代表作 – 昭和の映画史に名を残す名優-

岸井明は、1903年(明治36年)10月15日、東京府北多摩郡国分寺村(現在の東京都国分寺市)に生まれた。本名は岸井進という。早稲田大学文学部を卒業後、1925年(大正14年)に日活に入社。1926年(昭和元年)、「ラシャメンの唄」で映画デビューを果たした。

岸井は、その巨体と陽気な性格で、すぐに人気者となった。1930年代には、吾妻ひでお、花菱アチャコ、古川ロッパらとともに、喜劇映画界で活躍した。代表作には、「エノケンの法界坊(1932年)」「エノケンの帰郷(1933年)」「エノケンのちゃっきり金太(1934年)」などがある。

岸井は、戦後も喜劇映画に出演し続けた。1950年代には、森繁久彌、淡島千景らとともに、「社長シリーズ」で人気を博した。代表作には、「社長三代記(1958年)」「社長太平記(1959年)」「社長道中記(1961年)」などがある。

岸井は、1968年(昭和43年)11月17日、心筋梗塞のため東京都世田谷区の自宅で死去した。享年65歳。岸井の死は、日本の喜劇映画界に大きな損失をもたらした。

岸井は、昭和の映画史に名を残す名優である。その巨体と陽気な性格で、多くの人々に愛された。岸井の映画は、これからも人々に笑いと感動を与え続けるだろう。

タイトルとURLをコピーしました