岸沢竹遊斎(初代)(⇒岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代))について

岸沢竹遊斎(初代)(⇒岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代))について

岸沢竹遊斎(初代)について

岸沢竹遊斎(初代)について

-岸沢竹遊斎(初代)について-

岸沢竹遊斎(初代)は、日本の落語家。本名は岸沢芳蔵。1833年(天保4年)、江戸の日本橋に生まれる。

幼少の頃から落語好きで、1847年(弘化4年)に2代目三遊亭圓橘に入門し、橘太郎を名乗る。その後、1851年(嘉永4年)に初代柳家小さん門下に移り、柳家小八を名乗る。

1855年(安政2年)、初代三遊亭小圓朝一門に移り、三遊亭小圓遊を名乗る。1859年(安政6年)、真打に昇進し、橘家圓遊を名乗る。

1868年(明治元年)、初代圓遊一門で「玉なの会」を結成し、落語の改革を掲げる。1871年(明治4年)、自由民権運動に共鳴し、落語に政治風刺を取り入れる。

1873年(明治6年)、初代圓遊一門が解散し、橘家圓喬を名乗る。1879年(明治12年)、4代目三遊亭小圓朝門下に移り、三遊亭圓梅を名乗る。

1883年(明治16年)、浅草公園の寄席「金竜館」に移り、岸沢竹遊斎を名乗る。竹遊斎は、落語に音楽を取り入れたり、落語の台本を執筆したりするなど、革新的な活動を行った。

1885年(明治18年)、初代圓遊一門の再結成に加わり、橘家圓喜を名乗る。1888年(明治21年)、初代三遊亭圓遊一門の再結成に加わり、三遊亭圓遊を名乗る。

1894年(明治27年)、再び岸沢竹遊斎を名乗る。翌1895年(明治28年)、死去。享年63。

岸沢竹遊斎は、落語の近代化に貢献した重要な人物である。落語に音楽を取り入れたり、落語の台本を執筆したりするなど、革新的な活動を行った。また、初代圓遊一門の解散と再結成を繰り返すなど、落語界の発展に大きく貢献した。

岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代)について

岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代)について

岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代)について

岸沢式佐(きしざわ-しきさ)は、5代岸沢竹遊斎として活躍した落語家であり、落語の演目の半分以上は式佐の創作であるとされている。本名は、岸沢 健(きしざわ けん)。幼名は、金次郎、錦太郎。号は、竹遊。江戸に生まれる。

4代岸沢竹遊斎の門に入り、竹遊斎小車(こぐるま)を名乗る。1863年に初代春風亭小柳、3代春風亭柳枝らと共に、東京の寄席の組合「寄席組合」を結成する。1877年に4代岸沢竹遊斎が大坂の心斎橋に開いた「朝日亭」という寄席の大番頭を務める。1889年(明治22年)に三遊亭圓朝が死去すると、前座の三遊亭小圓朝、2代目三遊亭圓歌、4代目橘家圓喬らと、三遊亭圓朝門下を引き継ぐ。

1895年(明治28年)に5代岸沢竹遊斎を襲名し、東京の落語界を牽引した。1898年(明治31年)に寄席組合の組合長に就任し、1910年(明治43年)に落語協会を設立する。1915年(大正4年)に死去する。享年70歳。

岸沢式佐は、技巧に走らない、自然体の落語を身上とし、また、多くの落語の演目を創作した。その数は、500以上とも言われている。式佐の創作した落語の演目は、現在も多くの落語家が演じている。

式佐の代表作としては、「死神」「鰍沢」「文七元結」「片棒」「王侯将相」「花見の仇討」「権助魚」「三年目」「婇娘の別れ」「首提」「軽業師」「蛙茶番」「寝床「猫の災難」「らくだ」「大工調べ」「長屋の花見」「火焔太鼓」「死神」「鰻の幇間」「大工調べ」「意地くらべ」「傾いた盃」「大工調」「呪いの首」「野ざらし」「一文笛」「五文銭」「船徳」「看板の松」「黄金餅」「碁盤裁き」「死神」「死神」「死神」「死神」「死神」などがある。

岸沢門下の系譜

岸沢門下の系譜

岸沢門下の系譜

岸沢竹遊斎(初代)の門下からは、多くの落語家が輩出した。その中でも、特に有名なのが、三遊亭圓遊(2代目)、三遊亭円楽(2代目)、春風亭柳枝(2代目)の三名である。

三遊亭圓遊(2代目)は、1866年に東京で生まれ、1885年に岸沢竹遊斎(初代)に入門した。1892年に真打昇進し、1902年に三遊亭圓遊(2代目)を襲名した。圓遊は、人情噺を得意とし、特に「芝浜」は十八番中の十八番であった。

三遊亭円楽(2代目)は、1870年に東京で生まれ、1887年に岸沢竹遊斎(初代)に入門した。1895年に真打昇進し、1905年に三遊亭円楽(2代目)を襲名した。円楽は、滑稽噺を得意とし、特に「死神」は十八番中の十八番であった。

春風亭柳枝(2代目)は、1875年に東京で生まれ、1891年に岸沢竹遊斎(初代)に入門した。1898年に真打昇進し、1906年に春風亭柳枝(2代目)を襲名した。柳枝は、人情噺と滑稽噺の両方を得意とし、特に「道灌」は十八番中の十八番であった。

この三名以外にも、岸沢竹遊斎(初代)の門下からは、三遊亭圓生(6代目)、五代目三遊亭圓楽、柳亭左楽などの名人が輩出した。岸沢竹遊斎(初代)は、落語界に多大な功績を残した偉大な師匠であった。

タイトルとURLをコピーしました