– 早川雪洲

– 早川雪洲

ハリウッドで活躍した国際俳優

ハリウッドで活躍した国際俳優

ハリウッドで活躍した国際俳優 – 早川雪洲

早川雪洲は、日本の俳優、映画監督であり、ハリウッドで活躍した国際俳優として知られています。1889年(明治22年)に京都で生まれ、1914年(大正3年)にアメリカ合衆国に渡りました。

早川雪洲は、ハリウッドで多くの映画に出演し、その演技力は高く評価されました。1925年(大正14年)に公開された「バグダッドの盗賊」では、アラブの王子を演じて大成功を収めました。その後も、「ベン・ハー」や「風と共に去りぬ」など、数多くの名作に出演しました。

早川雪洲は、ハリウッドで活躍した日本人俳優の第一人者であり、その功績は高く評価されています。1963年(昭和38年)に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

早川雪洲の生涯

早川雪洲は、1889年(明治22年)10月14日に京都で生まれました。本名は早川清。父は医師、母は芸妓でした。早川雪洲は、幼い頃から演劇に興味を持ち、1907年(明治40年)に早稲田大学に入学し、演劇部に入部しました。

1914年(大正3年)、早川雪洲はアメリカ合衆国に渡りました。そして、ハリウッドで俳優として活動を開始しました。早川雪洲は、ハリウッドで多くの映画に出演し、その演技力は高く評価されました。1925年(大正14年)に公開された「バグダッドの盗賊」では、アラブの王子を演じて大成功を収めました。その後も、「ベン・ハー」や「風と共に去りぬ」など、数多くの名作に出演しました。

早川雪洲は、ハリウッドで活躍した日本人俳優の第一人者であり、その功績は高く評価されています。1963年(昭和38年)11月28日に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

早川雪洲の代表作

* バグダッドの盗賊(1925年)
* ベン・ハー(1926年)
* 風と共に去りぬ(1939年)
* 真珠湾攻撃(1970年)

「タイフーン」「チート」などに出演

「タイフーン」「チート」などに出演

– 早川雪洲

早川雪洲は、1893年6月10日にアメリカのカリフォルニア州に生まれた日系アメリカ人俳優です。1914年に俳優としてデビューし、1930年代にはハリウッドで活躍しました。1937年に公開された「タイフーン」でアカデミー助演男優賞を受賞。代表作には、「チート」「サヨナラ」「トラ・トラ・トラ!」などがあります。1973年11月12日にカリフォルニア州ビバリーヒルズで死去。享年80歳。

-# 「タイフーン」「チート」などに出演

早川雪洲は、1930年代にハリウッドで活躍した日系アメリカ人俳優です。代表作には、「タイフーン」「チート」「サヨナラ」「トラ・トラ・トラ!」などがあります。

「タイフーン」は、1937年に公開されたジョン・フォード監督の映画です。早川雪洲は、主人公の船長を演じるフレッドリック・マーチの部下であるジョナサン・シムズを演じました。早川雪洲は、この映画でアカデミー助演男優賞を受賞しました。

「チート」は、1931年に公開されたジョセフ・フォン・スタンバーグ監督の映画です。早川雪洲は、主人公のアイリ・アドラー(ジョーン・クロフォード)と恋仲になる日本人ピアニスト、ナカムラを演じました。この映画は、早川雪洲のハリウッド進出作となりました。

「サヨナラ」は、1957年に公開されたジョシュア・ローガン監督の映画です。早川雪洲は、主人公のアメリカ人将校ロイド・グルヴァー(マーロン・ブランド)と恋仲になる日本人女性、花子(ミヤコ・サトウ)の父親、タニを演じました。この映画は、アカデミー作品賞を受賞しました。

「トラ・トラ・トラ!」は、1970年に公開されたリチャード・フライシャーと舛田利雄監督の映画です。早川雪洲は、主人公の日本海軍大将山本五十六を演じました。この映画は、真珠湾攻撃を題材にした歴史映画です。

戦後には「戦場にかける橋」での好演が知られる

戦後には「戦場にかける橋」での好演が知られる

-戦後には「戦場にかける橋」での好演が知られる-

早川雪洲は、戦後も精力的に映画に出演し続けました。1957年に公開された映画「戦場にかける橋」では、主人公の日本軍将校・斎藤大佐を演じ、その好演が世界的に高く評価されました。この映画は、第二次世界大戦中のビルマを舞台に、斎藤大佐とイギリス軍将校・ニコルソン少佐の友情を描いたもので、早川雪洲は、斎藤大佐の誇り高くも温かみのある人間性を繊細に表現しました。

「戦場にかける橋」は、公開当時から大ヒットを記録し、アカデミー賞では作品賞を含む7部門にノミネートされました。早川雪洲も、アカデミー助演男優賞にノミネートされ、その演技力が世界的に認められました。

「戦場にかける橋」での好演をきっかけに、早川雪洲はハリウッド映画への出演がさらに増えました。1958年には「恐怖の岬」、1959年には「風と共に去りぬ」のリメイク版である「スカーレット」に出演しました。また、1960年には日本の映画「人間の條件」にも出演し、その演技力は国内外で絶賛されました。

戦後も精力的に映画に出演し続けた早川雪洲は、1973年に73歳で亡くなりました。しかし、その演技力は今もなお世界中で高く評価されており、映画史に残る名優として語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました