早川伝五郎の軌跡:歌舞伎の敵役・濡事の第一人者

早川伝五郎の軌跡:歌舞伎の敵役・濡事の第一人者

早川伝五郎の生い立ちと初期のキャリア

早川伝五郎の生い立ちと初期のキャリア

早川伝五郎の生い立ちと初期のキャリア

早川伝五郎は、1840年(天保11年)10月13日、江戸の小伝馬町に生まれました。本名は早川伝五郎、幼名は喜太郎と言いました。父親は荒物問屋を営んでいました。

子供の頃から芝居が好きで、よく芝居小屋に通っていました。10歳の頃、市村座で初代市川左団次の「勧進帳」を見て、役者の道に憧れるようになりました。

15歳の時、二代目市川左団次の門下生となり、左團喜と名乗りました。18歳で初舞台を踏み、その後、市川伝蔵、市川左太郎と改名しました。

左太郎時代の1862年(文久2年)、江戸城桜田門外で、井伊直弼が暗殺される事件が起こりました。左太郎は、この暗殺事件を題材にした芝居に出演し、大当たりをとりました。

1863年(文久3年)、左太郎は、市川団蔵と改名し、歌舞伎座の座頭となりました。団蔵は、歌舞伎界の第一線で活躍し、多くの名作に出演しました。

1891年(明治24年)、団蔵は、早川伝五郎と改名しました。伝五郎は、団蔵時代の芸風をさらに磨き上げ、歌舞伎界の最高峰に上り詰めました。

伝五郎は、歌舞伎の敵役・濡事の第一人者として知られ、その演技は、観客を魅了しました。伝五郎は、1915年(大正4年)11月22日に、76歳で亡くなりました。

山村座での活躍と敵役への転身

山村座での活躍と敵役への転身

– 早川伝五郎の軌跡歌舞伎の敵役・濡事の第一人者

-# 山村座での活躍と敵役への転身

1651年、江戸は芝居小屋の山村座を皮切りに、劇場での歌舞伎興行が許可された。早川伝五郎は、この山村座に座頭として迎えられ、公演を開始した。

伝五郎は、当時からその卓越した演技力で知られていた。特に、敵役を得意とし、その迫真の演技は観客を圧倒した。また、情に厚い役どころも得意とし、観客に共感を与えた。

しかし、伝五郎は途中で山村座を離れ、市村座に移籍することになる。その理由は、山村座の支配人である山村勘兵衛と険悪な関係になったからと言われている。

市村座に移籍した伝五郎は、ますますその人気を高め、歌舞伎界を代表する俳優となった。1673年には、歌舞伎界で初めて「からげ」という役どころを演じ、成功を収めた。この「からげ」という役どころは、後に歌舞伎の女形として定着することになる。

伝五郎はその後も多くの作品に出演し、歌舞伎界を牽引し続けた。1686年には、江戸城で将軍の前で歌舞伎を上演する栄誉に浴した。これは、歌舞伎役者として最高の名誉とされた。

伝五郎は、その後も歌舞伎界で活躍を続け、1707年に80歳で亡くなった。伝五郎の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、彼の死を悼む声が数多く上がった。

伝五郎は、歌舞伎の敵役・濡事の第一人者として知られ、その卓越した演技力は多くの人々を魅了した。彼の死は、歌舞伎界にとって大きな損失となった。

濡事を得意とした理由と伝説の役柄

濡事を得意とした理由と伝説の役柄

-濡事を得意とした理由と伝説の役柄-

早川伝五郎が濡事を得意とした理由は、彼の優れた美声と歌唱力にあったと言われている。また、彼は非常に情に厚く、役に入り込むのが上手だったため、観客の心をぐっと引きつけることができた。

彼の代表的な濡事の役柄には、次のようなものがある。

– 『忠臣蔵』の塩谷判官
– 『仮名手本忠臣蔵』の吉田忠左衛門
– 『廓文章』の白藤太夫
– 『心中天の網島』の治兵衛
– 『妹背山婦女庭訓』の玉手御前

これらの役柄を演じる際には、彼は全力で役に入り込み、観客に感動を与えた。また、彼は常に新しい演出を工夫し、観客を飽きさせなかった。

早川伝五郎の濡事は、歌舞伎の歴史に残る名演として語り継がれている。彼の功績は、後世の役者たちに大きな影響を与え、歌舞伎のさらなる発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました