早雲長太夫-江戸時代前期の歌舞伎役者

早雲長太夫-江戸時代前期の歌舞伎役者

早雲座の創設者

早雲座の創設者

早雲座の創設者

早雲長太夫は、江戸時代前期の歌舞伎役者である。近江国坂田郡(現在の滋賀県長浜市)で生まれ、京都で育つ。幼少の頃から歌舞伎に親しみ、1664年に江戸に下って、市村座で初舞台を踏む。

1673年、早雲長太夫は江戸の堺町に早雲座を創設する。早雲座は、江戸で初めての常設の歌舞伎小屋であり、歌舞伎の発展に大きな役割を果たした。早雲長太夫は、早雲座の座元として、多くの歌舞伎役者を育て上げ、歌舞伎の興行を成功させた。

早雲長太夫は、歌舞伎役者としてだけでなく、作者としても活躍した。彼は、多くの歌舞伎狂言を執筆し、その作品は江戸の人々に人気を博した。また、早雲長太夫は、歌舞伎の演出にも優れており、彼の演出した歌舞伎は、江戸の人々を魅了した。

早雲長太夫は、1685年に江戸で亡くなった。享年42歳。早雲長太夫の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの人が彼の死を悼んだ。早雲長太夫は、江戸時代前期の歌舞伎の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は今日でも称えられている。

元禄4年に長太夫と改名

元禄4年に長太夫と改名

– 元禄4年に長太夫と改名

早雲長太夫は、江戸時代前期の歌舞伎役者である。享保9年(1724年)、江戸で生まれる。本名は、土屋藤兵衛。最初は、早雲勘三郎と名乗ったが、元禄4年(1691年)に、早雲長太夫と改名した。

長太夫は、若くして歌舞伎の世界に入り、すぐに頭角を現した。その芸風は、華やかで派手な「長太夫節」と呼ばれ、多くのファンを集めた。また、長太夫は、歌舞伎の脚本も数多く書き、その才能は、役者としても脚本家としても高く評価された。しかし、長太夫は、素行が悪く、度々問題を起こした。そのため、元禄12年(1699年)に、江戸から追放されてしまった。

長太夫は、追放後も、各地を放浪して歌舞伎を演じ続けた。そして、享保9年(1724年)、江戸に戻って、歌舞伎座で興行を行った。しかし、その興行は、失敗に終わり、長太夫は、再び江戸から追放されてしまった。その後、長太夫は、貧困にあえぎながら、各地を転々とした。そして、元文3年(1738年)、江戸で死去した。享年44。

長太夫は、華やかな芸風で人気を集めた歌舞伎役者であった。しかし、素行が悪く、問題を起こしたため、江戸から追放されてしまった。それでも、彼は、各地を放浪しながら歌舞伎を演じ続け、その才能は高く評価されていた。

明治26年に早雲座が廃座

明治26年に早雲座が廃座

-早雲座の廃座-

早雲座は、江戸時代前期から明治26年まで続いた歌舞伎の芝居小屋です。歌舞伎十八番の演目の多くが初演された劇場であり、江戸歌舞伎の代表的な劇場の一つでした。しかし、明治26年に廃座となり、その歴史に幕を閉じました。

-廃座の原因-

早雲座の廃座には、いくつかの原因があります。まず、明治20年代になると、江戸城が皇居に移転し、それに伴って江戸の人口が減少しました。これにより、歌舞伎の観客が減少し、早雲座の経営は悪化しました。

また、明治20年代には、西洋演劇の影響を受けて、新しい演劇の形式が生まれ始めました。これにより、歌舞伎の人気は低下し、早雲座の経営はさらに悪化しました。

そして、明治26年に早雲座はついに廃座となりました。早雲座の廃座は、江戸歌舞伎の衰退を象徴する出来事であり、歌舞伎の歴史に大きな影響を与えました。

-早雲座の跡地-

早雲座の跡地は、現在、東京都中央区日本橋人形町にあります。跡地には、早雲座の記念碑が建立されており、歌舞伎の歴史を伝える貴重な史跡となっています。

-早雲座の復活-

早雲座は、廃座から約100年後の昭和63年に復活しました。復活した早雲座は、歌舞伎の公演だけでなく、伝統芸能の公演やイベントなどにも利用されています。

早雲座の復活は、江戸歌舞伎の伝統を受け継ぎ、発展させることを目指して行われたものです。早雲座は、これからも歌舞伎の歴史を伝える貴重な劇場として、人々に親しまれ続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました