大薩摩主膳太夫(3代) – 江戸時代中期から後期の浄瑠璃太夫

大薩摩主膳太夫(3代) – 江戸時代中期から後期の浄瑠璃太夫

浄瑠璃太夫として活躍した経歴

浄瑠璃太夫として活躍した経歴

浄瑠璃太夫として活躍した経歴

大見出し「大薩摩主膳太夫(3代) – 江戸時代中期から後期の浄瑠璃太夫」の下に作られた小見出しの「浄瑠璃太夫として活躍した経歴」

大薩摩主膳太夫(3代)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した浄瑠璃太夫です。大阪の裕福な商家に生まれ、幼い頃から浄瑠璃を学びました。1731年に初舞台を踏み、1741年には江戸へ行き、豊竹座で活躍しました。1753年に3代大薩摩主膳太夫を襲名し、大坂と江戸を行き来しながら多くの浄瑠璃を上演しました。

大薩摩主膳太夫(3代)は、清元節の太夫として知られており、その語り口は情味豊かで、聴衆を魅了しました。また、浄瑠璃だけでなく、歌舞伎にも精通しており、歌舞伎の台本も執筆しました。

大薩摩主膳太夫(3代)は、1775年に江戸で亡くなりましたが、その浄瑠璃の語り口は、現在もなお語り継がれています。

大薩摩主膳太夫(3代)は、浄瑠璃の発展に大きく貢献した人物であり、今日でもその功績は讃えられています。

残した名作の数々

残した名作の数々

-# 残した名作の数々

大薩摩主膳太夫(3代)は、江戸時代中期から後期の浄瑠璃太夫であり、数多くの名作を残しました。その代表作には、以下のようなものがあります。

* -『仮名手本忠臣蔵』- (1748年)

* 近松門左衛門の『仮名手本忠臣蔵』を浄瑠璃に翻案したもの。大薩摩主膳太夫(3代)の代表作であり、今日でも上演されることが多い。

* -『義経千本桜』- (1753年)

* 近松半二の『義経千本桜』を浄瑠璃に翻案したもの。大薩摩主膳太夫(3代)のもう一つの代表作であり、こちらも今日でも上演されることが多い。

* -『菅原伝授手習鑑』- (1756年)

* 竹田出雲の『菅原伝授手習鑑』を浄瑠璃に翻案したもの。大薩摩主膳太夫(3代)の晩年の代表作であり、今日でも上演されることが多い。

大薩摩主膳太夫(3代)が残した名作は、いずれも浄瑠璃の古典として今日でも広く愛されています。彼の浄瑠璃は、その豊かな表現力と情感豊かな語り口で知られており、人々の心を打つ力を持っています。

大薩摩主膳太夫という名跡の歴史

大薩摩主膳太夫という名跡の歴史

– -大薩摩主膳太夫という名跡の歴史-

大薩摩主膳太夫という名跡は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した浄瑠璃太夫の名跡である。その歴史は古く、初代大薩摩主膳太夫は、1700年頃に活躍した浄瑠璃太夫である。初代は、薩摩藩の出身であり、その芸風は豪快で力強かったという。

2代目大薩摩主膳太夫は、1730年頃に活躍した浄瑠璃太夫である。2代目は、初代の弟子であり、その芸風は初代を踏襲しつつも、より繊細な表現を加えた。

3代目大薩摩主膳太夫は、1760年頃に活躍した浄瑠璃太夫である。3代目は、2代目の弟子であり、その芸風は2代目をさらに洗練させた。3代目は、江戸時代の浄瑠璃太夫の最高峰と称され、その芸は多くの人々を魅了した。

大薩摩主膳太夫という名跡は、3代目が最後の名跡となった。3代目の死後、その芸風は弟子たちによって受け継がれたが、名跡は途絶えてしまった。しかし、大薩摩主膳太夫という名跡は、江戸時代の浄瑠璃太夫の最高峰として、その名を歴史に刻んでいる。

タイトルとURLをコピーしました