「北岸佑吉」

「北岸佑吉」

北岸佑吉の生い立ちと経歴

北岸佑吉の生い立ちと経歴

# 北岸佑吉

– 北岸佑吉の生い立ちと経歴

北岸佑吉(きたぎし ゆうきち、1895年(明治28年)1月1日 – 1975年(昭和50年)11月27日)は、日本の政治家、大蔵官僚。山形県出身。衆議院議員(8期)、大蔵大臣、農林大臣、内閣官房長官を歴任。戦後、自由党結成に参加。保守合同後、自由民主党を結成。佐藤内閣で蔵相として経済政策を担い、高度経済成長に貢献した。

北岸佑吉は、1895年(明治28年)1月1日に山形県東村山郡左沢町(現・左沢市)に生まれた。旧制山形県立山形中学校(現・山形県立山形西高等学校)を卒業後、1919年(大正8年)に東京帝国大学法学部政治学科を卒業。大蔵省に入省し、主税局長、大臣官房長などを歴任した。

1936年(昭和11年)、第19回衆議院議員総選挙に山形県第3区から出馬し、当選。以後、8期連続当選を果たした。1946年(昭和21年)、幣原内閣で農林大臣に就任。1948年(昭和23年)、芦田内閣で内閣官房長官に就任。1952年(昭和27年)、吉田内閣で蔵相に就任。1954年(昭和29年)、石橋内閣でも蔵相に留任。

1955年(昭和30年)、保守合同に参加し、自由民主党を結成。1957年(昭和32年)、岸内閣で蔵相に就任。1960年(昭和35年)、池田内閣で蔵相に就任。1965年(昭和40年)、佐藤内閣で蔵相に就任。1966年(昭和41年)、佐藤内閣で内閣官房長官に就任。

1975年(昭和50年)11月27日、死去。享年80。

北岸佑吉の劇評活動

北岸佑吉の劇評活動

-北岸佑吉の劇評活動-

北岸佑吉は、大正から昭和にかけて活躍した劇評家、演劇評論家である。劇評家としての活動は、1920年代に始まった。彼は、当時の演劇界を鋭く批判し、新しい演劇の在り方を主張した。また、劇評家としてだけでなく、演劇評論家としても活躍し、演劇理論に関する著作を多く残した。

北岸佑吉の劇評活動は、当時の演劇界に大きな影響を与えた。彼は、新しい演劇の在り方を主張し、演劇界の革新に貢献した。また、演劇評論家としても活躍し、演劇理論に関する著作を多く残した。彼の著作は、演劇界に大きな影響を与え、今日でも読み継がれている。

-北岸佑吉の劇評活動の特徴-

北岸佑吉の劇評活動の特徴としては、以下の点が挙げられる。

* 演劇界を鋭く批判し、新しい演劇の在り方を主張した。
* 演劇理論に関する著作を多く残し、演劇界に大きな影響を与えた。
* 批評活動を通して、演劇の普及と発展に貢献した。

-北岸佑吉の主な著作-

北岸佑吉の主な著作としては、以下のものが挙げられる。

* 『演劇論』
* 『現代演劇論』
* 『演劇入門』
* 『演劇鑑賞』
* 『演劇史』

これらの著作は、演劇界に大きな影響を与え、今日でも読み継がれている。

-北岸佑吉の功績-

北岸佑吉の功績としては、以下の点が挙げられる。

* 新しい演劇の在り方を主張し、演劇界の革新に貢献した。
* 演劇理論に関する著作を多く残し、演劇界に大きな影響を与えた。
* 批評活動を通して、演劇の普及と発展に貢献した。

北岸佑吉は、日本の演劇界に大きな功績を残した劇評家、演劇評論家である。彼の著作は、今日でも読み継がれ、演劇界の発展に貢献している。

北岸佑吉の著書と業績

北岸佑吉の著書と業績

-北岸佑吉の著書と業績-

北岸佑吉は、日本の歴史学者、教育者、政治家。東京帝国大学教授、東京女子大学学長、貴族院議員、文部大臣を歴任した。

北岸佑吉は、1872年(明治5年)12月11日、東京都に生まれた。東京帝国大学文科大学史学科卒業後、同大学院で学び、1898年(明治31年)に文学博士の学位を取得した。その後、東京帝国大学助教授、東京女子大学教授を経て、1913年(大正2年)に東京帝国大学教授に就任した。

北岸佑吉の著書には、以下のものがある。

* 『日本史概説』(1903年)
* 『日本通史』(1910年)
* 『日本文化史』(1912年)
* 『日本教育史』(1915年)
* 『日本政治史』(1918年)

北岸佑吉の業績は以下の通りである。

* 日本史学の確立に貢献した。
* 東京女子大学の学長として、女子教育の振興に尽力した。
* 貴族院議員として、教育制度の改善や社会政策の推進に努めた。
* 文部大臣として、教育の充実と改革を推進した。

北岸佑吉は、1949年(昭和24年)1月25日に死去した。

タイトルとURLをコピーしました