坂東彦三郎 – 江戸後期の歌舞伎界を彩った立役

坂東彦三郎 – 江戸後期の歌舞伎界を彩った立役

坂東彦三郎の生い立ちと家系

坂東彦三郎の生い立ちと家系

-坂東彦三郎の生い立ちと家系-

坂東彦三郎は、江戸時代の後期に活躍した歌舞伎役者である。本名は長谷川重蔵。1791年、江戸の麻布に生まれる。父は長谷川伝九郎、母は坂東三八郎の娘である。

彦三郎は幼い頃から歌舞伎に親しみ、12歳の時に三世坂東彦三郎に入門する。1805年に初舞台を踏み、立役として活躍するようになる。1811年に二代目坂東彦三郎を襲名し、1820年に大坂で初舞台を踏む。

彦三郎は、歌舞伎界で最も成功した立役の一人であった。彼は、その優れた演技力と端正な容姿で多くの観客を魅了した。また、新作の歌舞伎を積極的に上演し、歌舞伎の革新に貢献した。

彦三郎は、1859年に69歳で亡くなった。彼の死は、歌舞伎界にとって大きな損失であり、多くのファンが悲しみに暮れた。

彦三郎の生家は、麻布の坂東屋敷であり、現在もその一部が残っている。坂東屋敷は、彦三郎の功績を記念して、東京都の史跡に指定されている。

彦三郎は、江戸後期の歌舞伎界を彩った立役であり、現在でもその名を知られている。彼の功績は、多くの歌舞伎ファンによって語り継がれている。

立役としての活躍と坂東亀蔵への改名

立役としての活躍と坂東亀蔵への改名

立役としての活躍と坂東亀蔵への改名

坂東彦三郎は、若手時代から立役として活躍し、その端正な容姿と卓越した演技力で人気を集めた。特に、世話物(庶民の日常生活を描いた演目)においては、その庶民的な佇まいと情感豊かな演技で高い評価を得た。また、世話物だけでなく、時代物(歴史や説話に基づいた演目)においても、その勇猛果敢な姿と豪快な演技で人気を博した。

彦三郎は、歌舞伎界における出世頭として期待され、やがて立役の最高位である「大立者」にまで上り詰めた。しかし、その絶頂期に突然、坂東亀蔵に改名した。この改名劇は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、さまざまな憶測が飛び交った。

改名の理由について、彦三郎は「芸の幅を広げたい」と語ったが、実際には、彦三郎の芸に対する不満から改名を決意したのではないかと囁かれた。また、彦三郎が所属していた中村座と江戸幕府との関係が悪化し、彦三郎が幕府の圧力を受けたために改名したという説もある。

改名後、亀蔵はさらなる芸の研鑽に励み、立役としてますます活躍した。そして、彦三郎時代よりもさらに高い評価を得て、歌舞伎界の第一人者として君臨した。

亀蔵の代表作には、『仮名手本忠臣蔵』の「大星由良之助」、『勧進帳』の「弁慶」、『義経千本桜』の「静御前」などがある。これらの役を演じる亀蔵は、その卓越した演技力で観客を魅了し、歌舞伎界に大きな足跡を残した。

亀蔵は、1812年に63歳で亡くなるまで、歌舞伎界の第一線で活躍し続けた。その死は、歌舞伎界に大きな損失を与え、多くの人々がその死を悼んだ。亀蔵は、江戸後期の歌舞伎界を彩った名立役として、歌舞伎の歴史にその名を残している。

晩年と死後

晩年と死後

– 晩年と死後

坂東彦三郎は、晩年まで第一線で活躍を続け、1829年に66歳で亡くなった。彼の死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れた。彦三郎の死後、彼の芸は多くの歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でもその影響を見ることができる。

彦三郎の死後、彼の芸を継承した歌舞伎役者たちは、その芸を発展させていった。彦三郎の芸の特徴であった「型」は、後の歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でも歌舞伎の重要な要素となっている。また、彦三郎の芸の発展に貢献したもう一つの要素は、「写実性」である。彦三郎は、歌舞伎の演目を、より写実的に表現することを目指した。この写実性は、後の歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でも歌舞伎の重要な要素となっている。

彦三郎の芸は、多くの歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でもその影響を見ることができる。彦三郎の芸の特徴であった「型」は、後の歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でも歌舞伎の重要な要素となっている。また、彦三郎の芸の発展に貢献したもう一つの要素は、「写実性」である。彦三郎は、歌舞伎の演目をより写実的に表現することを目指した。この写実性は、後の歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でも歌舞伎の重要な要素となっている。

彦三郎は、江戸後期の歌舞伎界を彩った立役であり、その芸は多くの歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でもその影響を見ることができる。彼の死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れた。しかし、彼の芸は、多くの歌舞伎役者たちに受け継がれ、今日でもその影響を見ることができる。

タイトルとURLをコピーしました