大島嘉十郎 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

大島嘉十郎 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

道外方の名手として活躍

道外方の名手として活躍

– 道外方の名手として活躍

大島嘉十郎は、道外方を最も得意とした役者の一人として知られています。道外方とは、江戸時代の歌舞伎で、歌舞伎十八番の一つである「勧進帳」に登場する熊谷次郎直実の家来である道外記直行を演じる役のことです。道外方は、主に二枚目役を演じる役者によって演じられますが、嘉十郎は立役として道外方を演じ、その演技は多くの人から絶賛されました。

嘉十郎の道外方の演技は、主に三つの特徴がありました。一つは、その華やかな衣装と化粧です。嘉十郎は、道外方を演じる際には、豪奢な着物や頭飾りなどを身に着けており、その姿は観客の目を引きました。二つ目は、その豪快な立ち回りです。嘉十郎は、道外方を演じる際には、切れ味鋭い刀捌きを披露しており、その立ち回りには迫力がありました。三つ目は、その繊細な演技です。嘉十郎は、道外方を演じる際には、その内心の葛藤を繊細に表現しており、その演技には深みがありました。

嘉十郎の道外方の演技は、多くの観客から絶賛され、嘉十郎は江戸時代中期の歌舞伎界を代表する役者の一人となりました。嘉十郎の道外方の演技は、現在でも多くの歌舞伎役者によって受け継がれており、その伝統は今もなお続いています。

実悪と立役を兼ねた役者

実悪と立役を兼ねた役者

実悪と立役を兼ねた役者

大島嘉十郎は、実悪と立役を兼ねた役者として活躍しました。実悪とは、歌舞伎で悪役を演じる役者のことを指し、立役とは、歌舞伎で善役やヒーローを演じる役者のことを指します。大島嘉十郎は、実悪と立役の両方の役を演じることができ、その演技力は高く評価されていました。

大島嘉十郎が実悪の役で最も有名になったのは、『仮名手本忠臣蔵』の塩冶判官の役でした。塩冶判官は、吉良上野介に殺害された赤穂藩主の浅野内匠頭の実父であり、大島嘉十郎は、塩冶判官の怒りと悲しみを迫真の演技で表現しました。また、大島嘉十郎は、立役の役でも活躍しました。特に、『勧進帳』の弁慶の役は、大島嘉十郎の当たり役であり、その演技力は絶賛されました。弁慶は、義経の忠実な家来であり、大島嘉十郎は、弁慶の力強さと優しさを巧みに表現しました。

大島嘉十郎は、実悪と立役を兼ねた役者として、江戸時代中期の歌舞伎界に大きな影響を与えました。その演技力は高く評価され、多くの人々に愛されました。大島嘉十郎は、歌舞伎の歴史にその名を刻んだ偉大な役者の一人です。

大島左源太から改名

大島左源太から改名

-大島左源太から改名-

大島嘉十郎は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。元禄14年(1701年)、京都に生まれる。本名は浅井藤吉。初めは「大島左源太」と名乗っていたが、享保10年(1725年)に「大島嘉十郎」に改名した。

当時は、歌舞伎役者の襲名には厳格な決まりがなく、自由に改名することができた。しかし、大島嘉十郎が「大島左源太」から「大島嘉十郎」に改名した理由は、よくわかっていない。

一説によると、大島嘉十郎は「大島左源太」という名前では売れないと思ったから改名したという。また、大島嘉十郎は「大島左源太」という名前が自分の芸風に合っていないと思ったから改名したという説もある。

いずれにせよ、大島嘉十郎が「大島左源太」から「大島嘉十郎」に改名したことは、彼の芸風に大きな影響を与えた。大島嘉十郎は、改名後に当たり役となる「歌舞伎十八番」の「勧進帳」の弁慶を演じ、一躍人気役者となった。

大島嘉十郎は、その後も数多くの舞台に出演し、江戸歌舞伎界を代表する役者として活躍した。安永2年(1773年)、江戸で死去。享年73。

タイトルとURLをコピーしました