能楽師喜多実、その生涯と業績

能楽師喜多実、その生涯と業績

喜多実の生い立ちと能楽との出会い

喜多実の生い立ちと能楽との出会い

– 喜多実の生い立ちと能楽との出会い

喜多実は、1927年(昭和2年)3月15日、東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区)に父・喜多六平太、母・喜多初子の長男として生まれた。喜多六平太は能楽シテ方宝生流の能楽師で、喜多実は幼い頃から父の姿を見ながら、能楽に親しんで育った。

喜多実が最初に能楽に触れたのは、3歳の頃である。父・喜多六平太が自宅で稽古をしているのを見て、興味を持った喜多実は、父に習い始める。喜多実は、幼いながらも、能楽の稽古に熱心に取り組んだ。

喜多実が本格的に能楽を学び始めたのは、6歳の頃である。父・喜多六平太の師匠である宝生流の能楽師、喜多六左衛門に入門し、稽古を始めた。喜多実は、喜多六左衛門から、能楽の基本的な知識と技術を学び、着実に能楽の道を歩み始めた。

喜多実が10歳の頃、父・喜多六平太が亡くなった。喜多実は、父の死を悲しみながらも、能楽の稽古を続け、12歳の頃には、能楽の舞台にデビューを果たした。喜多実は、その後も、能楽の稽古に励み、18歳の頃には、宝生流の能楽師として正式に免許皆伝を受けた。

喜多実は、能楽師として活躍する傍ら、能楽の普及にも努めた。喜多実は、能楽の講演会やワークショップを積極的に開催し、能楽の魅力を多くの人に伝えようとした。また、喜多実は、能楽の演目の研究にも力を注ぎ、多くの論文を発表した。

喜多実の功績は、能楽界のみならず、広く日本の伝統芸能界に認められ、1976年(昭和51年)には、日本芸術院会員に選ばれた。1992年(平成4年)には、文化勲章を受章した。

土岐善麿との出会いによる新作能の発表

土岐善麿との出会いによる新作能の発表

土岐善麿との出会いによる新作能の発表

1932年、土岐善麿が喜多実と同郷の画家、松本亀太郎の紹介で喜多実と出会いました。土岐は喜多実の能に深く感銘を受け、新作能の制作を依頼しました。喜多実は土岐の依頼を快諾し、2年後の1934年に「春翁」を発表しました。この作品は、土岐が1928年に発表した小説「春翁」を題材にしており、人々の心の中に潜む美意識と自然の美しさを描いたものです。

この作品は、京都の観世会館で初演され、大きな反響を呼びました。この作品は、能の伝統的な様式を踏襲しながらも、新しい表現を取り入れており、それまでの能とは一線を画すものでした。この作品は、その斬新さと美しさで多くの観客を魅了し、喜多実の名を一躍全国に知らしめました。

この作品を皮切りに、喜多実は土岐と共同で新作能を数多く発表しました。その代表作としては、1937年に発表された「摂州合邦辻」、1938年に発表された「夜討曽我」などがあります。これらの作品は、いずれも土岐の文学作品を題材にしており、喜多実独自の演出が冴え渡っています。

喜多実と土岐のコンビは、能の世界に新しい風を吹き込みました。彼らの作品は、それまでの能とは一線を画しており、多くの人々に衝撃を与えました。彼らの作品は、現在でも多くの演者によって上演されており、日本の伝統芸能の重要な財産となっています。

国際演劇祭への参加と人間国宝への指定

国際演劇祭への参加と人間国宝への指定

-国際演劇祭への参加と人間国宝への指定-

喜多実の国際演劇祭への参加は、1964年に開催されたヴェネツィア・ビエンナーレ国際演劇祭を皮切りに、1966年のアヴィニョン演劇祭、1968年のベルリン演劇祭など、世界各地の主要な演劇祭に招かれ、能楽の公演を行い、高い評価を得た。

また、1965年には、日本政府から人間国宝(重要無形文化財保持者)に指定された。これは、能楽の分野では初の人間国宝であり、喜多実の功績を称えるものとして注目を集めた。

人間国宝への指定は、喜多実の能楽に対する功績を広く認められたものであり、彼の名声をさらに高めることとなった。以降、喜多実は国内外で精力的に公演を行い、能楽の普及に努めた。

喜多実の国際演劇祭への参加と人間国宝への指定は、彼の能楽に対する功績を広く認められたものであり、彼の名声をさらに高めることとなった。以降、喜多実は国内外で精力的に公演を行い、能楽の普及に努めた。

タイトルとURLをコピーしました