「厚田雄春」

「厚田雄春」

昭和の映画史に名を残す巨匠

昭和の映画史に名を残す巨匠

「厚田雄春」

-昭和の映画史に名を残す巨匠-

昭和の映画史において、その名を知らぬ者はいないであろう巨匠、それが厚田雄春である。1907年、兵庫県に生まれた厚田は、早くから映画に魅せられ、1923年に松竹蒲田撮影所に入社。助監督を経て、1931年に監督デビューを果たした。

厚田は、デビュー作『母』でいきなり大ヒットを飛ばし、その後も『人生劇場』『婦系図』など、数々の名作を世に送り出した。彼の作品は、庶民の生活や心情をリアルに描き出すことで知られ、そのリアリティーは、当時の観客を強く惹きつけた。

厚田は、単なる娯楽映画だけでなく、社会派映画も数多く手掛けた。1936年に公開された『無法松の一生』は、貧しい農民の悲哀を描いた作品で、この作品で厚田は、キネマ旬報ベスト・テン第1位を獲得した。

厚田は、1945年に召集され、シベリアに抑留された。シベリアでの抑留生活は、厚田にとって過酷なものであったが、彼はそこで映画を作ることを諦めなかった。1950年に帰国した後、厚田はすぐに映画製作を再開し、1951年に公開された『暴力』で、キネマ旬報ベスト・テン第2位を獲得した。

厚田は、その後も『夫婦善哉』『東京物語』など、数々の名作を世に送り出した。1978年に亡くなるまで、彼は映画を作り続けた。

厚田雄春は、昭和の映画史にその名を刻む巨匠である。彼の作品は、庶民の生活や心情をリアルに描き出すことで、当時の観客を強く惹きつけた。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けている。

巨匠の軌跡 – 小津安二郎監督との出会い

巨匠の軌跡 - 小津安二郎監督との出会い

-巨匠の軌跡 – 小津安二郎監督との出会い-

厚田雄春の映像人生において、小津安二郎監督との出会いは大きな転機となった。厚田が松竹大船撮影所で助監督を務めていた1940年、同社は小津監督の『戸田家の兄妹』を製作することになった。厚田は本作で小津監督の助監督を務めることになり、これが小津監督との最初の出会いとなった。

小津監督は、厚田を非常に気に入ったようで、本作の撮影中に厚田を「将来有望な助監督」と称賛したという。また、小津監督は厚田に助監督としての心得を丁寧に教え込み、厚田は小津監督から多くのことを学んだ。

本作の撮影終了後、厚田は小津監督の次作『父ありき』でも小津監督の助監督を務めることになった。そして、この作品で厚田は助監督としての実力を遺憾なく発揮し、小津監督から絶賛された。

厚田は、小津監督の助監督を務めた2作品を通じて、小津監督の映画作りの方法を学び、小津監督の映画への情熱に触れた。そして、厚田はこの経験を糧に、後に名匠と呼ばれる映画監督として活躍することになった。

厚田にとって小津監督との出会いは、まさに人生を変える出来事だった。小津監督から学んだことを活かし、厚田は日本の映画史に名を残す映画監督となった。

映画監督「小津安二郎」とその作品を支えた盟友

映画監督「小津安二郎」とその作品を支えた盟友

-「厚田雄春」-

-映画監督「小津安二郎」とその作品を支えた盟友-

北海道・石狩郡厚田町出身の映画監督、厚田雄春は、日本映画史に名を刻む名作を数多く残した小津安二郎監督の盟友として知られています。

厚田は1909年、北海道石狩郡厚田町の漁師の家に生まれました。幼い頃から映画に興味を持ち、1925年に映画界入りします。最初は俳優として活躍していましたが、1927年に小津安二郎監督の助監督として「カボチャ」に参加し、その後は小津監督の多くの作品で助監督を務めました。

厚田は、小津監督の映画作りの精神を深く理解しており、小津監督の映画のリアリティと抒情性を支える重要な役割を果たしました。小津監督は、厚田のことを「映画作りの相棒」と呼んでいました。

厚田は、小津監督の作品以外にも、多くの映画で監督を務めました。代表作には、「おはなはん」「父ありき」「東京の休日」などがあります。厚田の映画は、小津監督の作品とはまた違った味わいがあり、日本映画界に大きな足跡を残しました。

厚田は、1990年に亡くなりましたが、その作品は今も多くの人々に愛されています。北海道・石狩郡厚田町には、厚田雄春記念館があり、厚田の作品や資料を展示しています。

タイトルとURLをコピーしました