吾妻藤蔵(5代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

吾妻藤蔵(5代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

吾妻藤蔵の生涯と芸風

吾妻藤蔵の生涯と芸風

-吾妻藤蔵の生涯と芸風-

吾妻藤蔵(5代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者。本名は小坂彦左衛門。屋号は杉。俳名に玄角、柳水、新蝶。坂東彦六の門人。父は4代吾妻藤蔵、母は坂東彦六の長女、妻は大坂道頓堀の扇屋喜七の養女。

1795年(寛政7年)3月3日、江戸中村座で祖父の5代坂東彦六の『引窓』の法界坊の倅松若で初舞台を踏む。

1803年(享和3年)から父と共に京坂に出る。1808年(文化5年)に中村姓を名乗り、1811年(文化8年)に伯父西川扇蔵の養子となり西川姓を名乗る。1814年(文化11年)には坂東藤十郎を名乗る。1818年(文政元年)に再び実父門に戻り、吾妻姓を名乗って吾妻藤蔵を襲名した。

主に孫三郎、長十郎、実父と共に活躍。1820年(文政3年)10月八王子落合村で芸風を巡って5代坂東善内(のちの3代岩井半四郎)と争い、善内が罰金の上謹慎処分を受けた。

1822年(文政5年)に中村座と揉めて破門される。藤十郎を名乗って江戸を巡業。1825年(文政8年)に江戸中村座で藤蔵を再襲名し、江戸中村座の株売人に加わる。

1832年(天保3年)に中村座の座頭を辞任、翌年に 中村富蔵、4代坂東三津五郎、5代坂東彦三郎らとともに上方の角の芝居に出る。1834年(天保5年)に江戸中村座に帰参し、6代坂東彦三郎を襲名して中村座座頭となる。1836年(天保7年)に中村座の座頭を辞任。1839年(天保10年)に中村座で歌舞伎を辞めて、翌年に中村座の株を売却。

1840年(天保11年)に江戸で没。享年46。

芸風は父に似た荒々しい力業で、河原崎権十郎と並ぶほどの役者であった。また父から譲り受けた夕霧太夫の曲を保存、整理して伝えている。

得意とする演目は、『助六曲輪初花桜』の助六、『京鹿子娘五人道成寺』の兼房、『三人吉三廓初買』の和尚吉三、『花上野誉碑』の仏師僧、白井権八、『双蝶々曲輪日記』の六角苗五郎、『梅雨小袖昔八丈』の石部金吉、『増補忠臣蔵』の大星由良助、『弁天娘女男白浪』の弁天小僧菊之助など。

吾妻藤蔵の代表作

吾妻藤蔵の代表作

– 吾妻藤蔵の代表作

吾妻藤蔵は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。
吾妻藤蔵の代表作は、以下の通りである。

* 「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官

* 「菅原伝授手習鑑」の菅丞相

* 「義経千本桜」の弁慶

* 「勧進帳」の弁慶

* 「伽羅先代萩」の政岡

* 「義経千本桜」の義経

* 「勧進帳」の富樫

* 「伽羅先代萩」の八汐

吾妻藤蔵は、その優れた演技力と端正な容姿で、江戸の観客を魅了した。
吾妻藤蔵は、数多くの歌舞伎作品で活躍し、江戸歌舞伎の発展に貢献した。
その代表作は、今日でも日本の舞台で上演され続けている。

吾妻藤蔵の俳句

吾妻藤蔵の俳句

– 吾妻藤蔵の俳句

吾妻藤蔵(5代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者です。俳句を好み、その才能も高く評価されていました。

藤蔵の俳句には、自然を題材にしたものや、人生の機微を詠んだものなど、さまざまなものがあります。

藤蔵の俳句をいくつか紹介します。

* 朝顔に 露ひと筋や 夏の月

* 枯れ野ゆく 思いも白き 冬の月

* 梅の花 咲いて散りぬる 夢の世を

* 月明かり うららかな夜は 夢のあと

* 人生は 花も実もある 梅の樹

藤蔵の俳句は、その簡潔で力強い表現の中に、深い余韻が感じられます。

藤蔵の俳句は、現代でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました