藤川友吉(3代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

藤川友吉(3代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

初代藤川友吉から襲名

初代藤川友吉から襲名

初代藤川友吉から襲名

初代藤川友吉は、享保4年(1719年)に江戸で生まれました。本名は藤川友蔵。歌舞伎役者としては、初め七代目市川團十郎の門人となり、七代目市川團蔵と名乗りました。その後、三代目中村歌右衛門の門人となり、三代目中村歌六と名乗りました。享保17年(1732年)に、三代目中村歌右衛門の養子となり、四代目中村歌右衛門を襲名しました。

四代目中村歌右衛門は、歌舞伎の名優として知られ、多くの当たり役がありました。特に、世話物の芝居を得意とし、歌舞伎の新しい様式を打ち立てました。また、人形浄瑠璃の研究にも熱心で、歌舞伎と人形浄瑠璃の融合を図りました。

元文3年(1738年)、四代目中村歌右衛門は、享年20歳で死去しました。その跡を継いだのが、藤川友蔵でした。藤川友蔵は、四代目中村歌右衛門の養子となり、二代藤川友吉を襲名しました。

二代藤川友吉は、四代目中村歌右衛門の芸風を受け継ぎ、歌舞伎の名優として活躍しました。特に、世話物の芝居を得意とし、歌舞伎の新しい様式を打ち立てました。また、人形浄瑠璃の研究にも熱心で、歌舞伎と人形浄瑠璃の融合を図りました。

天明3年(1783年)、二代藤川友吉は、享年55歳で死去しました。その跡を継いだのが、藤川友蔵の長男でした。藤川友蔵の長男は、三代目藤川友吉を襲名しました。

三代目藤川友吉は、二代藤川友吉の芸風を受け継ぎ、歌舞伎の名優として活躍しました。特に、世話物の芝居を得意とし、歌舞伎の新しい様式を打ち立てました。また、人形浄瑠璃の研究にも熱心で、歌舞伎と人形浄瑠璃の融合を図りました。

文化14年(1817年)、三代目藤川友吉は、享年55歳で死去しました。三代目藤川友吉の死後は、藤川友吉襲名者が途絶えました。

大当たりした若女方

大当たりした若女方

-大当たりした若女方-

藤川友吉(3代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。若女方として活躍し、大当たりをとった。

友吉は、享保18年(1733年)に江戸で生まれる。本名は、藤川友蔵。父は、初代藤川友吉である。友吉は、幼少の頃から歌舞伎の舞台に立ち、若女方として頭角を現した。1751年(宝暦元年)に、江戸の市村座で「けいせい恋飛脚」に出演し、大当たりをとった。友吉は、その後も数々の舞台で活躍し、江戸の歌舞伎界を代表する若女方として人気を博した。

友吉は、1780年(安永9年)に江戸で死去した。享年48。友吉の死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。友吉は、その美貌と演技力で多くの人々を魅了した。友吉の死後、若女方として活躍する役者はいなくなった。

友吉は、その美貌と演技力で多くの人々を魅了した。友吉の死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。友吉は、その美貌と演技力で多くの人々を魅了した。友吉の死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。友吉は、その美貌と演技力で多くの人々を魅了した。友吉の死は、江戸の歌舞伎界に大きな衝撃を与えた。

3代目の地位を確固たるものとした世話物

3代目の地位を確固たるものとした世話物

– 3代目の地位を確固たるものとした世話物

初代藤川友吉の死去に伴い、2代目藤川友吉が跡を継いだ。しかし、2代目藤川友吉は1774年にわずか32歳で死去したため、その息子である藤川友吉(3代)がわずか10歳で3代目藤川友吉を襲名することとなった。

3代目藤川友吉は、2代目藤川友吉の死後、祖父である初代藤川友吉の指導を受けて歌舞伎役者として修行を重ねた。そして、1788年に江戸中村座で初舞台を踏み、1791年には江戸市村座で中村勘三郎(18代目)と共演したことで一躍人気役者となった。

3代目藤川友吉は、初代藤川友吉が得意とした世話物を得意とし、その演技は「生世話」と称された。世話物とは、庶民の日常生活を描いた芝居のことであり、3代目藤川友吉は、その庶民的な演技で庶民の共感を呼んだ。

3代目藤川友吉は、1804年に江戸中村座で上演された「絵本太功記」で主演を務めた。この芝居は、豊臣秀吉の生涯を描いたものであり、3代目藤川友吉は豊臣秀吉を演じた。この芝居は、大ヒットとなり、3代目藤川友吉は一気に江戸を代表する歌舞伎役者となった。

3代目藤川友吉は、その後も多くの世話物に出演し、その人気を不動のものとした。1817年には、江戸市村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」で主演を務めた。この芝居は、赤穂浪士の討ち入りを描いたものであり、3代目藤川友吉は、大石内蔵助を演じた。この芝居も、大ヒットとなり、3代目藤川友吉は、江戸を代表する歌舞伎役者としての地位を確固たるものとした。

3代目藤川友吉は、1832年に60歳で死去した。3代目藤川友吉の死後、その息子である藤川友吉(4代)が跡を継いだ。4代目藤川友吉も、世話物を得意とした歌舞伎役者であり、父の跡を継いで江戸を代表する歌舞伎役者となった。

タイトルとURLをコピーしました