「大竹しのぶ」

「大竹しのぶ」

大竹しのぶの略歴

大竹しのぶの略歴

-大竹しのぶの略歴-

大竹しのぶは、1957年2月17日生まれの日本の女優である。東京都出身。身長158cm、血液型はA型。所属事務所は株式会社大崎オフィス。

1972年、映画『必殺仕掛人』でデビュー。1974年、大河ドラマ『勝海舟』で主演を務め、注目を集める。1976年、映画『大地の子守歌』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。その後も数多くの映画やドラマに出演し、高い評価を得ている。

1982年、ロックミュージシャンの山下達郎と結婚。1986年に長男、1988年に長女が生まれた。1995年に山下と離婚した。

2002年、映画『たそがれ清兵衛』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2005年、ドラマ『JIN-仁-』で主演を務め、高視聴率を記録した。2007年、映画『愛の流刑地』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

2012年、映画『終の信託』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2014年、ドラマ『天皇の料理番』で主演を務めた。2016年、映画『怒り』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

2017年、映画『三度目の殺人』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。2018年、ドラマ『義母と娘のブルース』で主演を務めた。2019年、映画『閉鎖病棟-それぞれの朝-』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

大竹しのぶは、日本を代表する女優の一人であり、その演技力は国内外から高く評価されている。

大竹しのぶの出演作品

大竹しのぶの出演作品

-大竹しのぶの出演作品-

大竹しのぶは、日本の女優である。1969年に映画『愛のむきだし』でデビューし、以降多くの映画、ドラマ、舞台に出演している。

大竹しのぶの出演作品には、次のようなものがある。

-映画-

* 愛のむきだし (1969年)
* 砂の女 (1964年)
* 愛する (1972年)
* 疑惑 (1975年)
* 太陽を盗んだ男 (1979年)
* 陽暉楼 (1983年)
* 夢 (1990年)
* シコふんじゃった。 (1992年)
* スウィングガールズ (2004年)
* フラガール (2006年)
* 篤姫 (2008年)
* 海街diary (2015年)
* 万引き家族 (2018年)

-ドラマ-

* 虹のエアポート (1979年)
* 鬼龍院花子の生涯 (1982年)
* 花の乱 (1994年)
* おしん (2003年)
* 半沢直樹 (2013年)
* おんな城主 直虎 (2017年)
* これは経費で落ちません! (2019年)

-舞台-

* どん底 (1972年)
* マクベス (1976年)
* 海峡 (1981年)
* 欲望という名の電車 (1986年)
* リア王 (1992年)
* 桜の園 (2000年)
* トロイ戦争は起こらないだろう (2007年)
* リチャード三世 (2012年)

大竹しのぶは、映画、ドラマ、舞台のすべてにおいて活躍する、日本を代表する女優の一人である。

大竹しのぶの受賞歴

大竹しのぶの受賞歴

-「大竹しのぶ」の受賞歴-

1975年
・第6回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(『冬の華』)

1980年
・第2回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『翔べイカロスの翼』)

1985年
・第10回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(『瀬戸内少年野球団』)

1990年
・第15回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(『死の棘』)

1995年
・第20回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『忠臣蔵外伝 四谷怪談』)

2000年
・第25回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『菊次郎の夏』)

2005年
・第30回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(『隠し剣 鬼の爪』)

2010年
・第35回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『十三人の刺客』)

2015年
・第40回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(『海街diary』)

2020年
・第45回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』)

大竹しのぶは、日本を代表する女優の1人であり、その演技力は高く評価されています。数多くの映画賞を受賞しており、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞をそれぞれ5回受賞しています。また、2009年には紫綬褒章、2015年には旭日小綬章を受章しています。

タイトルとURLをコピーしました