江川宇礼雄(1902-1970)略歴と生涯

江川宇礼雄(1902-1970)略歴と生涯

江川宇礼雄の生涯と時代背景

江川宇礼雄の生涯と時代背景

-江川宇礼雄の生涯と時代背景-

江川宇礼雄は、1902年(明治35年)7月25日に佐賀県東松浦郡唐津町(現在の唐津市)に生まれた。父は司法省官僚の江川太郎左衛門、母は田中きくであり、宇礼雄は8人兄弟の末っ子であった。

宇礼雄は、唐津小学校、佐賀中学校(現在の佐賀県立佐賀西高等学校)を卒業後、第一高等学校(現在の東京大学教養学部)に進学した。第一高等学校では、哲学者の和辻哲郎に師事し、哲学を専攻した。

1923年(大正12年)に第一高等学校を卒業後、宇礼雄は東京帝国大学(現在の東京大学)に進学し、哲学を専攻した。東京帝国大学では、哲学者の西田幾太郎に師事し、西田の思想に大きな影響を受けた。

1926年(昭和元年)に東京帝国大学を卒業後、宇礼雄は、母校である第一高等学校の講師に就任した。1929年(昭和4年)には、九州帝国大学(現在の九州大学)の助教授に就任した。

1932年(昭和7年)に、宇礼雄は、東京帝国大学の助教授に就任した。1935年(昭和10年)には、東京帝国大学の教授に就任し、哲学の講義を担当した。

1945年(昭和20年)の終戦後、宇礼雄は、東京帝国大学の総長に就任した。総長在任中は、大学の改革に取り組み、大学を民主化するため、学生の自治権を拡大した。

1949年(昭和24年)に、宇礼雄は、東京帝国大学を辞職し、京都大学に移籍した。京都大学では、教授として哲学の講義を担当した。

1952年(昭和27年)に、宇礼雄は、京都大学の総長に就任した。総長在任中は、大学の改革に取り組み、大学を民主化するため、学生の自治権を拡大した。

1962年(昭和37年)に、宇礼雄は、京都大学を辞職した。その後は、私塾「江川塾」を主宰し、哲学の講義を行った。

1970年(昭和45年)12月24日に、宇礼雄は、東京都世田谷区の自宅で死去した。享年68歳であった。

宇礼雄が活躍した時代は、日本の近代化の激動の時代であった。宇礼雄は、哲学の研究を通して、日本の近代化の問題を深く考察し、日本の近代化に貢献した。

江川宇礼雄の映画監督としての活動

江川宇礼雄の映画監督としての活動

江川宇礼雄の映画監督としての活動

江川宇礼雄は、日本映画の草創期から活躍した映画監督です。1902年、福岡県に生まれ、1923年に松竹に入社しました。松竹では、助監督として『愛染かつら』(1925年)、『母』(1926年)などの作品に参加しました。1927年に監督デビュー作『人生の門』を発表し、その後も『愛染かつら 第二篇』(1928年)、『海国大日本』(1929年)、『窓』(1930年)など、多くの作品を監督しました。

江川宇礼雄の映画監督としての特徴は、リアリズムを重視した作風です。彼は、ドキュメンタリー的な手法を用いて、人々の日常の生活や社会問題などをリアルに描き出しました。また、彼は、映画のмонтаージュを重視しており、斬新な編集技術を用いて、映画に緊張感や躍動感を与えました。

江川宇礼雄の代表作としては、『人生の門』(1927年)、『愛染かつら 第二篇』(1928年)、『海国大日本』(1929年)、『窓』(1930年)、『東京の合唱』(1931年)、『女よ、君の名は』(1934年)、『故郷』(1935年)などがあります。これらの作品は、いずれも江川宇礼雄のリアリズムを重視した作風が色濃く表れた作品であり、日本映画史に残る名作として現在も高く評価されています。

江川宇礼雄は、1970年に68歳で亡くなりましたが、彼の作品は現在も多くの映画ファンに愛されています。彼の作品は、日本映画の草創期の貴重な資料であり、日本映画史を学ぶ上でも重要な作品群です。

江川宇礼雄の俳優としての活動

江川宇礼雄の俳優としての活動

-江川宇礼雄の俳優としての活動-

江川宇礼雄は、1921年に松竹キネマに入社し、俳優としてデビューしました。当初は端役が多かったのですが、1925年に公開された「ロッパ先生」で主人公のロッパを演じて一躍人気俳優となりました。その後も、「天下泰平」「フイルムの女王」「モダンガール」などに出演し、コメディからシリアスまで幅広い役柄を演じました。

1931年に松竹キネマを退社し、フリーランスの俳優として活動を始めました。1932年には、黒澤明監督の映画「姿三四郎」で主人公の三四郎を演じました。この映画は大ヒットとなり、江川宇礼雄は国民的人気俳優となりました。

その後も、「人生劇場」「無法松の一生」「子供の世界」などに出演し、数多くの名作を残しました。1941年に太平洋戦争が勃発すると、江川宇礼雄は兵役に招集されました。戦後は、再び俳優として活動を始めましたが、1970年に自宅で亡くなりました。

江川宇礼雄は、日本映画史を代表する名優の一人です。その演技は、自然体でリアルであり、観る人を引き込む力がありました。また、コメディからシリアスまで幅広い役柄を演じることができ、その演技力は高く評価されています。

江川宇礼雄の代表作には、次のようなものがあります。

* 「ロッパ先生」(1925年)
* 「天下泰平」(1926年)
* 「フイルムの女王」(1927年)
* 「モダンガール」(1928年)
* 「姿三四郎」(1932年)
* 「人生劇場」(1936年)
* 「無法松の一生」(1943年)
* 「子供の世界」(1950年)

タイトルとURLをコピーしました