姉川新四郎 (初代) – 江戸時代の歌舞伎役者

姉川新四郎 (初代) – 江戸時代の歌舞伎役者

姉川新四郎(初代)の生涯

姉川新四郎(初代)の生涯

姉川新四郎(初代)の生涯

姉川新四郎(初代)は、江戸時代の歌舞伎役者であり、京都の四条河原座で活躍しました。彼は、1660年頃に京都で生まれ、1680年頃に初舞台を踏みました。その後、京都の四条河原座で活躍し、1704年に没しました。

新四郎は、優れた演技力で知られており、特に女形の演技に定評がありました。また、彼は、歌舞伎の新しい演目の開発にも貢献し、1697年には、京都の四条河原座で、歌舞伎の新しい演目である『勧進帳』を上演しました。『勧進帳』は、源義経が奥州に下る途中、安宅の関で弁慶が関守をだまして義経を逃がすという物語で、歌舞伎の代表的な演目の一つです。

新四郎は、1704年に京都で没しましたが、彼の演技は、歌舞伎の歴史の中で重要な位置を占めています。彼の演技は、後の歌舞伎役者に大きな影響を与え、歌舞伎の発展に貢献しました。

姉川新四郎(初代)の芸風と得意役

姉川新四郎(初代)の芸風と得意役

姉川新四郎(初代)の芸風と得意役

姉川新四郎(初代)は、江戸時代前期の歌舞伎役者です。本名は岩田太郎七郎。京都の生れ。

新四郎の芸風は、荒事と実事を得意とし、特に荒事では、その豪快な演技で人気を集めました。また、温厚な役も得意とし、幅広い役柄を演じることができた名優でした。

新四郎の当たり役は、荒事では「菅原伝授手習鑑」の菅原道真、「勧進帳」の弁慶、「義経千本桜」のいがみの権太など。実事では「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助、「摂州合邦辻」の徳利の六などがあります。

新四郎は、その優れた演技力で、多くの歌舞伎ファンを魅了しました。また、後進の育成にも力を入れ、多くの名優を輩出しました。

姉川新四郎(初代)は、江戸時代を代表する歌舞伎役者の一人であり、その功績は、現在でも語り継がれています。

姉川新四郎(初代)ゆかりの地

姉川新四郎(初代)ゆかりの地

– 姉川新四郎 (初代)ゆかりの地

姉川新四郎 (初代)は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。本名は安田源七。屋号を浜村屋、定紋は「丸に釘抜」。江戸で生まれ、1688年に大坂で初舞台を踏む。1714年に江戸に戻り、中村座で活躍した。1732年に中村座の座元となり、1740年に歿した。

姉川新四郎 (初代)ゆかりの地は、以下の通りである。

* -大阪市中央区日本橋- 姉川新四郎 (初代)が初舞台を踏んだ大坂の芝居小屋「竹本座」があった場所。現在、この場所は「日本橋劇場」という映画館になっている。
* -東京都中央区銀座- 姉川新四郎 (初代)が江戸に戻った後に活躍した中村座があった場所。現在、この場所は「歌舞伎座」という劇場になっている。
* -東京都中央区日本橋- 姉川新四郎 (初代)の墓所がある「本願寺築地別院」がある場所。

姉川新四郎 (初代)は、江戸時代中期を代表する歌舞伎役者の一人である。彼のゆかりの地を訪れることで、当時の歌舞伎界の様子を垣間見ることができる。

タイトルとURLをコピーしました