木津川計:昭和後期-平成時代の芸能評論家

木津川計:昭和後期-平成時代の芸能評論家

木津川計の生涯と功績

木津川計の生涯と功績

木津川計の生涯と功績

木津川計は、1933年に京都市に生まれました。同志社大学文学部在学中に演劇部に所属し、演劇に目覚めました。大学卒業後は、劇団四季に入団して俳優として活躍しました。1960年に劇団四季を退団し、フリーの芸能評論家として活動を開始しました。

木津川計は、1960年代から1970年代にかけて、テレビや雑誌で芸能評論家として活躍しました。また、演劇評論家としても活躍し、多くの演劇評論を発表しました。木津川計は、芸能界の裏事情や芸能人の私生活などを赤裸々に語ることでも知られていました。

木津川計は、1980年代以降も芸能評論家として活躍し続けました。また、俳優やタレントとしても活動し、映画やテレビドラマに出演しました。木津川計は、2010年に77歳で亡くなりました。

木津川計は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した芸能評論家であり、演劇評論家でした。芸能界の裏事情や芸能人の私生活などを赤裸々に語り、多くの話題を呼びました。また、俳優やタレントとしても活動し、映画やテレビドラマに出演しました。木津川計は、日本の芸能文化に大きな影響を与えた人物の一人です。

雑誌「上方芸能」の創刊と編集長時代

雑誌「上方芸能」の創刊と編集長時代

-雑誌「上方芸能」の創刊と編集長時代-

1968年、木津川計は雑誌「上方芸能」を創刊し、編集長に就任します。この雑誌は、上方芸能に関する情報や批評を掲載しており、木津川計の評論活動の中心的な場となりました。

「上方芸能」は、当初は月刊誌として刊行されていましたが、1972年から季刊誌に変更され、1990年に廃刊されるまで22年間刊行されました。雑誌には、木津川計の評論のほか、上方芸能に携わる人物のインタビューや、上方芸能の歴史に関する記事などが掲載されていました。

木津川計は、「上方芸能」の編集長として、上方芸能の普及に努めました。彼は、雑誌の中で上方芸能の魅力を伝え、上方芸能に関する情報を発信することによって、上方芸能のファンを増やそうとしました。また、彼は上方芸能の保存にも尽力し、上方芸能に関する資料の収集や、上方芸能の公演の開催などを行いました。

木津川計は、「上方芸能」の編集長として、上方芸能の発展に大きな貢献を果たしました。彼は、上方芸能の魅力を多くの人々に伝え、上方芸能の保存にも努めることによって、上方芸能の伝統を守り、発展させることに尽力しました。

関西市民書房の創設と立命館大学での教授時代

関西市民書房の創設と立命館大学での教授時代

-関西市民書房の創設と立命館大学での教授時代-

木津川計は、1979年に大阪市に関西市民書房を創設した。関西市民書房は、市民が自由に本を読んだり、議論したりできる空間を提供することを目的とした施設で、木津川計は初代館長を務めた。関西市民書房は、市民の間で好評を博し、多くの市民が利用した。

木津川計は、1980年に立命館大学文学部の教授に就任した。木津川計は、立命館大学で演劇論や映画論を教えていた。木津川計の授業は、学生の間で好評を博し、多くの学生が受講した。

木津川計は、立命館大学で教鞭を執る傍ら、関西市民書房の館長としても活躍した。木津川計は、関西市民書房で、市民向けの講演会やシンポジウムを企画し、市民に文化芸術についての発信を行った。

木津川計は、1995年に立命館大学を退職した。しかし、木津川計は、その後も関西市民書房の館長として活躍を続けた。木津川計は、2009年に関西市民書房の館長を退任した。

木津川計は、関西市民書房の創設と立命館大学での教授時代を通して、市民に文化芸術についての発信を行い、市民の文化芸術への関心を高めることに貢献した。

タイトルとURLをコピーしました