5代目大谷友右衛門:江戸歌舞伎を牽引した立役者

5代目大谷友右衛門:江戸歌舞伎を牽引した立役者

天保の江戸に生まれ、明治の新時代を駆け抜けた5代目大谷友右衛門

天保の江戸に生まれ、明治の新時代を駆け抜けた5代目大谷友右衛門

天保の江戸に生まれ、明治の新時代を駆け抜けた5代目大谷友右衛門

5代目大谷友右衛門は、1806年に江戸に生まれました。本名は野澤忠次郎。父は、四代目大谷友右衛門の門弟で、中村座の役者でした。友右衛門は、幼い頃から父に芝居の手ほどきを受け、1819年に中村座で初舞台を踏みました。1824年には、四代目友右衛門の養子となり、1828年に五代目友右衛門を襲名しました。

友右衛門は、容姿端麗で声色もよく、また演技も巧みでした。特に、立役(男性の主役)を得意とし、初役で演じた『連獅子』の佐藤忠信や、『弁天娘女男白浪』の白浪五人男の弁天小僧菊之助などの役柄で人気を博しました。

文政13年には、三代目中村仲蔵や三代目市川団十郎らの名優たちと共演し、その後も、三代目尾上菊五郎や五代目松本幸四郎ら第一線の名優たちと肩を並べて活躍しました。

明治維新後も、友右衛門は歌舞伎界の第一人者であり続けました。1868年には、新政府に招かれて、明治天皇の前で芝居を披露しました。また、1872年には、パリ万国博覧会に招かれ、欧州の観客に歌舞伎を披露しました。

友右衛門は、1889年に亡くなりました。享年84歳でした。友右衛門は、江戸歌舞伎を牽引した立役者として、その名を残しています。

河原崎座で初舞台を踏み、立役として人気を博す

河原崎座で初舞台を踏み、立役として人気を博す

河原崎座で初舞台を踏み、立役として人気を博す

5代目大谷友右衛門は、江戸歌舞伎を牽引した立役者です。父は4代目大谷友右衛門、母は都筑氏。幼名は卯之助。1791年(寛政3年)に江戸に生まれ、16歳のときに河原崎座で初舞台を踏み、立役として人気を博しました。

大谷友右衛門は、容姿端麗で美声の持ち主でした。また、演技力も高く、特に女形を得意としていました。1812年(文化9年)には、江戸中村座で「菅原伝授手習鑑」の梅王丸役を演じて大成功を収め、一躍人気役者となりました。

大谷友右衛門は、江戸歌舞伎を代表する役者として活躍し、多くの名作を残しました。1841年(天保12年)には、市川團十郎らとともに「勧進帳」を演じて大ヒットさせ、歌舞伎十八番のひとつとなりました。また、1852年(嘉永5年)には、河原崎座で「義経千本桜」を演じて大成功を収め、江戸歌舞伎の黄金期を築きました。

大谷友右衛門は、1865年(元治2年)に75歳で亡くなりました。その死は、江戸歌舞伎に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れました。大谷友右衛門は、江戸歌舞伎を牽引した偉大な立役者であり、その功績は今もなお語り継がれています。

5代を襲名し、江戸で活躍。明治期に広次を襲名

5代を襲名し、江戸で活躍。明治期に広次を襲名

5代を襲名し、江戸で活躍。明治期に広次を襲名

5代目は、4代目の実子として生まれ、幼名は勘五郎を名乗りました。1843年に初舞台を踏むと、1853年に4代目を襲名しました。5代目は、江戸の歌舞伎界で活躍し、立役として高い評価を得ました。5代目の芸の特徴は、力強い声と演技、そして華やかな風貌でした。また、5代目は、脚本家としても活躍し、多くの作品を残しました。5代目は、江戸の歌舞伎界を牽引した立役者として知られています。

明治維新後、5代目は名を広次に改めました。広次は、明治時代の歌舞伎界で活躍し、立役として高い評価を得ました。広次の芸の特徴は、5代目と同様に力強い声と演技、そして華やかな風貌でした。また、広次は、脚本家としても活躍し、多くの作品を残しました。広次は、明治時代の歌舞伎界を牽引した立役者として知られています。

5代目は、1887年に亡くなりました。広次は、1903年に亡くなりました。5代目と広次は、江戸と明治の歌舞伎界を代表する立役者として、現在も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました