– 「大谷友右衛門(6代)」概要

– 「大谷友右衛門(6代)」概要

6代大谷友右衛門の芸歴

6代大谷友右衛門の芸歴

– 6代大谷友右衛門の芸歴

6代大谷友右衛門は、日本を代表する歌舞伎役者の一人です。1865年(慶応元年)に6代目坂東彦三郎の息子として生まれ、1881年(明治14年)に初舞台を踏みました。その後、近松門左衛門の「曾根崎心中」の徳兵衛や、シェイクスピアの「ハムレット」のハムレットなど、様々な役を演じてきました。

1909年(明治42年)に6代目大谷友右衛門を襲名し、歌舞伎界の第一線で活躍しました。1923年(大正12年)には歌舞伎座で「勧進帳」の義経を演じ、その演技は大絶賛されました。その後も、1941年(昭和16年)に「仮名手本忠臣蔵」の塩谷判官を、1952年(昭和27年)に「連獅子」の若獅子を演じ、歌舞伎界を牽引しました。

1959年(昭和34年)には文化勲章を受章し、1965年(昭和40年)には芸術院会員に選出されました。1973年(昭和48年)に亡くなりましたが、その功績は今でも語り継がれています。

6代大谷友右衛門は、歌舞伎界に大きな功績を残した偉大な役者です。その演技は、多くの人々に感動を与え、歌舞伎の魅力を世界に伝えました。

6代大谷友右衛門の代表作

6代大谷友右衛門の代表作

6代大谷友右衛門の代表作

6代大谷友右衛門は、歌舞伎役者の名跡である大谷友右衛門の6代目である。初代大谷友右衛門は、元禄11年(1698年)に大坂の道頓堀で芝居を始めた役者であり、6代目は1843年に江戸で生まれた。6代目は、14歳のときに二代目市川左団次に弟子入りし、1858年に二代目大谷友松を名乗って初舞台を踏んだ。その後、1861年に三代目市川左団次に弟子入りし、1882年に五代目大谷友右衛門を襲名した。1890年に六代目大谷友右衛門を襲名し、1917年に帝国劇場の座頭となった。1920年に死去するまで、歌舞伎界で活躍した。

6代大谷友右衛門は、主に時代物(じだいもの)や世話物(せわもの)の役を演じ、その演技は「力強く、雄壮で、豪快」と評された。代表作としては、歌舞伎十八番の一つである「勧進帳」の弁慶役や、「義経千本桜」の佐藤忠信役、「菅原伝授手習鑑」の菅原道真役などがある。また、シェイクスピアの戯曲「マクベス」の主人公であるマクベス役を演じたり、映画「燃える肉」に出演したりするなど、新しいことに挑戦する姿勢も見せた。

6代大谷友右衛門は、歌舞伎界の発展に貢献した人物として知られている。1890年に帝国劇場の座頭となり、1913年には歌舞伎座の座頭も兼任した。また、1903年には歌舞伎座の改築に尽力し、1906年には歌舞伎座の劇場経営を近代的なものにした。さらに、1911年には歌舞伎座の貸し座敷を廃止し、歌舞伎座を常設の劇場とした。

6代大谷友右衛門は、1920年に死去したが、その演技は今もなお語り継がれている。

6代大谷友右衛門の死因

6代大谷友右衛門の死因

-6代大谷友右衛門の死因-

6代大谷友右衛門は、1949年(昭和24年)11月26日に61歳で死去しました。死因は、食道癌でした。

友右衛門は、1949年(昭和24年)に入ってから体調を崩し、医師の診察を受けたところ食道癌であることが判明しました。友右衛門は、手術を受けましたが、癌はすでに進行しており、手術は成功しませんでした。友右衛門は、その後しばらく闘病生活を送っていましたが、11月26日に息を引き取りました。

友右衛門の死は、演劇界に大きな衝撃を与えました。友右衛門は、歌舞伎界の重鎮であり、その死は大きな損失とされました。友右衛門の死後、歌舞伎界では追悼公演が行われ、多くの人が友右衛門の死を悼みました。

友右衛門の死は、日本の演劇界にとって大きな損失でしたが、友右衛門が残した功績は、今もなお語り継がれています。友右衛門は、日本の演劇界に大きな足跡を残した偉大な俳優でした。

タイトルとURLをコピーしました