大谷馬十(3代)-日本の偉大な歌舞伎役者

大谷馬十(3代)-日本の偉大な歌舞伎役者

大谷馬十(3代)とは?

大谷馬十(3代)とは?

大谷馬十(3代)とは?

大谷馬十(3代)は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した日本の歌舞伎役者です。本名は、木田市十郎。1814年8月1日、京都で生まれました。父は、大谷馬十(2代)。母は、芸妓の静香。

馬十は、幼少期から歌舞伎に親しみ、1830年に大阪の瓦版屋源三郎の下で初めて役者としての歩みをスタート させます。その後、1832年に父が亡くなった後は、大谷家の一家を支えるために、姉の夫である河内屋清三郎の下で修行を重ねました。

1840年に江戸の守田座で初舞台を踏み、1847年に江戸の河原崎座で「妹背山婦女庭訓」の綱手役で評判をとり、一躍人気役者となりました。

馬十は、荒事、実事、世話物とあらゆる役柄を演じ、特に荒事は得意としました。その芸風は、豪快で勇壮な中に繊細さと哀愁を漂わせ、多くの観客を魅了しました。

馬十は、生涯にわたって歌舞伎の発展に尽力し、1883年に東京で亡くなりました。享年70歳。

馬十は、日本の歌舞伎界に大きな足跡を残した偉大な役者であり、その功績は今なお語り継がれています。

大谷馬十(3代)の経歴

大谷馬十(3代)の経歴

大谷馬十(3代)の経歴

大谷馬十(3代)は、1891年、三重県四日市市に生まれました。本名は、坂東松太郎といいます。

1905年、14歳の時に初舞台を踏みました。最初の名は、坂東駒太郎を名乗っていました。

1911年に、5代目尾上菊五郎の門下生となり、尾上菊太郎と改名しました。

1918年に、大阪の明治座で歌舞伎界の最高峰、女方の立役「女形」を演じ、大成功を収めました。

1923年に、大阪の梅田コマ劇場で、最初の「菊太郎劇」を上演しました。

1926年に、六代目尾上菊五郎を襲名しました。

1930年に、松竹映画の「忠臣蔵」に出演し、映画俳優としても活躍しました。

1937年、帝劇で「菊五郎劇」を上演しました。

1940年、二代目尾上松緑(後の初代尾上梅幸)と組んで、尾上菊五郎劇団を結成しました。

1945年、歌舞伎座で、「義経千本桜」の「狐忠信」を演じました。

1946年、国立劇場で、「勧進帳」の「弁慶」を演じました。

1947年、歌舞伎座の「二月大歌舞伎」で、「義経千本桜」の「狐忠信」を演じました。

1950年、歌舞伎座の「二月大歌舞伎」で、「菅原伝授手習鑑」の「松王丸」を演じました。

1951年、国立劇場で、「勧進帳」の「弁慶」を演じました。

1952年、歌舞伎座の「二月大歌舞伎」で、「菅原伝授手習鑑」の「松王丸」を演じました。

1953年、歌舞伎座の「三月大歌舞伎」で、「義経千本桜」の「狐忠信」を演じました。

1954年、歌舞伎座の「四月大歌舞伎」で、「菅原伝授手習鑑」の「松王丸」を演じました。

1955年、歌舞伎座の「五月大歌舞伎」で、「義経千本桜」の「狐忠信」を演じました。

1956年、歌舞伎座の「六月大歌舞伎」で、「菅原伝授手習鑑」の「松王丸」を演じました。

1957年、歌舞伎座の「七月大歌舞伎」で、「義経千本桜」の「狐忠信」

大谷馬十(3代)の功績

大谷馬十(3代)の功績

大谷馬十(3代)の功績

大谷馬十(3代)は、日本の歌舞伎役者である。本名は、瀧沢馬十郎。通称は、瀧沢惣太郎。屋号は、音羽屋。俳名は、草笛。

幼少期から歌舞伎の道を志し、江戸の歌舞伎座で初舞台を踏む。

その後、巡業で全国各地を回り、各地で評判を呼んだ。

1841年に、江戸の市村座で「勧進帳」の弁慶役を演じて大当たりし、一躍人気役者となった。

「勧進帳」の弁慶役は、大谷馬十(3代)の当たり役であり、以後、何度も演じている。

また、大谷馬十(3代)は、「仮名手本忠臣蔵」の四段目の早野勘平役も得意としていた。

大谷馬十(3代)は、歌舞伎の伝統を守りながらも新しい演出や演技を取り入れて、歌舞伎をより魅力的なものにした。

また、後進の育成にも力を入れ、多くの弟子を育てた。

大谷馬十(3代)は、1870年に亡くなったが、その功績は今日でも高く評価されている。

大谷馬十(3代)は、日本の歌舞伎界に大きな影響を与えた偉大な歌舞伎役者である。

タイトルとURLをコピーしました