「大谷広右衛門(5代)」

「大谷広右衛門(5代)」

江戸時代後期の歌舞伎役者

江戸時代後期の歌舞伎役者

小見出し「江戸時代後期の歌舞伎役者」

大谷広右衛門(5代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。
江戸市村座の初代・大谷広右衛門 (初代) の五代目で、父は三代目大谷広右衛門。

1754年(宝暦4年)に江戸で生まれる。本名は中村勘右衛門。
1761年(宝暦11年)に市村座で初舞台を踏む。

1774年(安永3年)に四代目大谷広右衛門を襲名。
1776年(安永5年)には江戸中村座の座元となる。

1789年(寛政元年)には江戸市村座の座元となる。
1795年(寛政7年)に四代目河原崎権十郎を襲名。

1803年(享和3年)に江戸市村座で没する。享年50。

大谷広右衛門(5代)は、江戸歌舞伎の黄金期を支えた名優である。
その芸風は豪快かつ繊細で、歌舞伎の様々な役柄を演じ分けた。

中でも、荒事の役を得意とし、その豪快かつ勇壮な演技は観客を魅了した。
また、世話物の役も得意とし、その繊細かつ情感あふれる演技は観客の涙を誘った。

大谷広右衛門(5代)は、その芸風から「歌舞伎の鬼才」と呼ばれ、多くの弟子を育て上げた。
その弟子には、五代目大谷友右衛門、三代目坂東彦三郎、二代目尾上松助などがいる。

大谷広右衛門(5代)は、江戸歌舞伎の発展に大きく貢献した名優である。
その芸風は、現在でも多くの歌舞伎役者によって受け継がれている。

実悪を得意とした役者

実悪を得意とした役者

実悪を得意とした役者 大谷広右衛門(5代)

大谷広右衛門(5代)(1789-1852)は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎役者です。本名は市川谷蔵。若くして河原崎権十郎の門下となり、1806年に初舞台を踏みます。その後、数々の名作に出演し、実悪を得意とする役者として、江戸の芝居小屋を沸かせました。

大谷広右衛門(5代)の演技は、迫力のある立ち回りや、表情豊かな隈取りが特徴です。特に、悪役を演じさせるとその本領を発揮し、観客を圧倒するような存在感を放ちました。また、大谷広右衛門(5代)は、歌舞伎の台本にも精通しており、数々の名作を残しています。

大谷広右衛門(5代)が最も得意としていた役柄は、平将門や源義経など、歴史上の人物です。これらの役柄を演じる際には、その人物の心情を深く理解し、リアルな演技で観客を魅了しました。また、大谷広右衛門(5代)は、歌舞伎の定番の演目以外にも、新しい演目にも積極的に挑戦し、歌舞伎の新しい可能性を切り拓きました。

大谷広右衛門(5代)は、江戸時代後期の歌舞伎界を代表する役者の一人であり、その演技は多くの観客を魅了しました。現在でも、その演技は歌舞伎ファンに愛され続けています。

大谷広右衛門(5代)の生涯

大谷広右衛門(5代)の生涯

– 大谷広右衛門(5代)の生涯

大谷広右衛門(5代)は、1838年に滋賀県大津市で生まれた。幼名は源三郎。父は4代大谷広右衛門。母は、川勝広右衛門の娘・貞。広右衛門家は、江戸時代から続く大津の豪商であり、代々、大津の町政を担っていた。

広右衛門は、幼い頃から聡明で、早くから家業を手伝うようになる。1858年、父・広右衛門が死去すると、19歳で家督を相続した。広右衛門は、家業を継ぐと、積極的な経営手腕を発揮し、事業を拡大した。また、大津の町政にも積極的に参加し、道路の整備や教育制度の充実などに尽力した。

1868年、明治維新を迎えると、広右衛門は、新政府に協力し、大津県の初代知事に任命された。広右衛門は、知事として、大津県の発展に尽力した。また、1871年には、第1回衆議院議員選挙に当選し、国政にも参加した。

広右衛門は、1893年に、55歳で死去した。広右衛門の死は、大津市民に大きな衝撃を与え、盛大な葬儀が執り行われた。広右衛門の墓は、大津市内の西蓮寺にある。

広右衛門は、大津市の発展に大きな貢献をした人物である。その功績を称え、大津市には、広右衛門の銅像が建立されている。また、広右衛門の名前は、大津市内の小学校や中学校にも残されている。

タイトルとURLをコピーしました