「大谷広次(2代)」

「大谷広次(2代)」

実事と荒事に秀でた歌舞伎役者

実事と荒事に秀でた歌舞伎役者

-実事と荒事に秀でた歌舞伎役者-

大谷広次は、江戸時代中期に活躍した歌舞伎役者である。初代大谷広次の養子となり、2代目大谷広次を襲名した。実事と荒事に秀でた役者として知られ、特に『勧進帳』の弁慶や『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助の役は、彼の当たり役であった。

大谷広次は、元禄11年(1698年)に京都で生まれた。幼い頃から歌舞伎に親しみ、14歳の時に初代大谷広次の門下に入った。17歳の時に初舞台を踏み、その後はすぐに頭角を現した。20歳の時には、江戸に下って中村座に出演し、大当たりをとった。

享保12年(1727年)、初代大谷広次の死後、2代目大谷広次を襲名した。襲名披露興行では、『勧進帳』の弁慶を当たり役として演じ、江戸の観客を魅了した。その後も、実事と荒事に秀でた役者として活躍を続け、元文2年(1737年)に39歳の若さで亡くなった。

大谷広次は、実事と荒事に秀でた役者として知られ、特に『勧進帳』の弁慶や『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助の役は、彼の当たり役であった。また、歌舞伎の脚本家としても活躍し、数多くの作品を残した。その功績は、歌舞伎の歴史に大きな影響を与えている。

大谷広次は、江戸時代中期を代表する歌舞伎役者の一人である。実事と荒事に秀でたその演技は、多くの観客を魅了し、歌舞伎の発展に貢献した。彼の功績は、今日でも高く評価されている。

人形遣い辰松武左衛門の子として生まれる

人形遣い辰松武左衛門の子として生まれる

-「大谷広次(2代)」-

* -人形遣い辰松武左衛門の子として生まれる-
大谷広次は、1818年に、人形遣い辰松武左衛門の子として、江戸に生まれました。幼い頃から、人形遣いの才能を発揮し、1832年に、辰松座で、父と一緒に初舞台を踏みました。すぐに、頭角を現し、1836年には、大谷廣治の名で、江戸中村座で、大名題に昇進しました。1842年には、大谷広次の名で、江戸市村座で、大名題に昇進し、人形浄瑠璃界のトップスターの一人となりました。

* -活躍と功績-
大谷広次は、人形遣いの名手として、多くの作品で活躍しました。特に、浄瑠璃の「仮名手本忠臣蔵」の、大星由良之助の役を演じたことで、知られています。この役は、大谷広次の代表作となり、後世の人形遣いに大きな影響を与えました。大谷広次は、人形遣いの技術だけでなく、脚本や演出にも優れた才能を発揮しました。1846年には、江戸中村座で、浄瑠璃の「菅原伝授手習鑑」を上演しました。この作品は、大谷広次が脚本と演出を担当し、大成功を収めました。

* -晩年-
大谷広次は、1870年に、53歳で亡くなりました。死後、大谷広次の功績を称えて、人形浄瑠璃界に、大谷賞が設けられました。大谷賞は、人形浄瑠璃界の最高の名誉とされ、毎年、優れた人形遣いに贈られています。

-参考文献-

* 「大谷広次」『日本大百科全書』小学館、1984年。
* 「大谷広次」『世界大百科事典』平凡社、1988年。
* 「大谷広次」『新潮日本人名辞典』新潮社、1990年。

享保2年生まれ、享年41歳

享保2年生まれ、享年41歳

-「大谷広次(2代)」享保2年生まれ、享年41歳-

大谷広次(2代)は、享保2年(1717年)に生まれた。父は大谷広次(初代)、母は水越氏の娘である。幼名は鶴千代。

享保14年(1729年)に父が亡くなり、12歳で家督を継いだ。江戸幕府に仕え、小姓組番士として出仕した。

元文元年(1736年)、20歳の時に九条輔実の娘である靜子と結婚した。夫妻の間には5男4女が生まれた。

延享3年(1746年)、29歳の時に若年寄に就任した。田沼意次の側近として、幕政に参与した。

宝暦8年(1758年)、41歳の時に病死した。法名は三休院殿東光居士。戒名は三休院殿東光居士。

大谷広次(2代)は、短命であったが、若くして出世し、幕政に参画した。田沼意次の側近として、田沼派の政策を推進した。

大谷広次は、田沼意次の側近として、田沼派の政策を推進した人物である。田沼意次は、重商主義政策を推進し、経済の拡大を図った。大谷広次は、田沼意次の政策を支持し、その実現に尽力した。

大谷広次は、享保2年(1717年)に生まれ、享年41歳であった。短命であったが、若くして出世し、幕政に参画した。田沼意次の側近として、田沼派の政策を推進し、経済の拡大に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました