江戸の華やかな歌舞伎役者、大谷広次(3代)の生涯

江戸の華やかな歌舞伎役者、大谷広次(3代)の生涯

大谷広次(3代)の生い立ち

大谷広次(3代)の生い立ち

– 大谷広次(3代)の生い立ち

大谷広次は、1752年(宝暦2年)に江戸の生まれである。幼名は市太郎。父は江戸の町人である。広次は幼い頃から歌舞伎の世界に興味を持ち、1765年(明和2年)に14歳の時に中村座で初舞台を踏む。その後、1769年(明和6年)には大谷家の養子となり、大谷広次(2代目)の門下に入る。

広次は優れた才能を発揮し、1771年(明和8年)に19歳の時に二代目広次を襲名する。そして、江戸歌舞伎界の若手スターとして活躍するようになる。広次は美男子で、華やかな舞台姿が評判となり、江戸の町人たちのアイドル的存在となる。また、広次は優れた演技力も持ち、歌舞伎の様々な役柄を演じ分けた。

1778年(安永7年)に26歳の時に、広次は大谷座の座元を継承する。大谷座は江戸三座の一つであり、歌舞伎界で最も権威のある劇場の一つである。広次は大谷座の座元として、歌舞伎界の発展に貢献した。1784年(天明4年)に32歳の時に、広次は三代目広次を襲名する。そして、江戸歌舞伎界の重鎮として活躍するようになる。広次は1799年(寛政11年)に47歳の時に亡くなる。しかし、広次が残した功績は、現在でも歌舞伎界に受け継がれている。

大谷広次(3代)の芸風と得意分野

大谷広次(3代)の芸風と得意分野

大谷広次(3代)の芸風と得意分野

大谷広次(3代)は、江戸歌舞伎を代表する名優の一人であり、その芸風は華やかで優美なものでした。

大谷広次の芸風は、師匠である市川團十郎(2代目)の影響を強く受けており、その芸風は、荒事と世話事を兼ね備えたものでした。

荒事は、歌舞伎の演目の中でも、特に激しく派手な場面が多く、大谷広次は、その荒事において、その華やかさとともに、その豪快さも評価されていました。

一方、世話事は、歌舞伎の演目の中でも、特に庶民の生活を描いたもので、大谷広次は、その世話事において、その優美さとともに、その繊細さも評価されていました。

また、大谷広次は、その容姿も美男子で知られており、その容姿を活かして、多くの女形を演じました。

そして、大谷広次は、その女形の演技においても、その華やかさとともに、その艶やかさも評価されていました。

大谷広次は、歌舞伎の様々な分野で活躍し、その芸風は、江戸歌舞伎を代表する名優の一人として、人々に愛されていました。

そして、大谷広次は、その芸風とともに、その人柄も温厚で誠実なものであり、その人柄も、人々に愛されていました。

大谷広次(3代)の晩年

大谷広次(3代)の晩年

– 大谷広次(3代)の晩年

大谷広次は、長い役者人生を送り、80歳で亡くなりました。晩年も精力的に舞台に立ち続け、多くの名作に出演しました。

晩年の広次は、若き日のように派手な役柄を演じることは少なくなりましたが、その分、演技に深みが増しました。老練な芸で観客を魅了し、多くの賞賛を受けました。

広次は、生涯を通じて歌舞伎に尽くし、その発展に 大きな貢献をしました。彼の死は、歌舞伎界にとって大きな 損失となりました。

– 広次の死後

広次の死後、大谷家は一時的に分裂しました。しかし、後に再統一され、今日でも歌舞伎界で大きな勢力を誇っています。

広次の功績は、歌舞伎界だけでなく、日本の文化全体に大きな影響を与えました。彼の名は、今もなお、多くの歌舞伎ファンに親しまれています。

– 広次の名言

広次は、数多くの名言を残しました。その中には、次のようなものがあります。

* 「役者は、舞台に立つことで初めて役者になる。」
* 「芝居は、嘘から始まる。」
* 「役者は、お客さんの心に訴えかけることが大切だ。」

これらの名言は、今もなお、多くの歌舞伎役者や演劇人に影響を与え続けています。

タイトルとURLをコピーしました