布袋屋梅之丞(4代)と歌舞伎の世界

布袋屋梅之丞(4代)と歌舞伎の世界

道化師から座主へ: 布袋屋梅之丞の生涯

道化師から座主へ: 布袋屋梅之丞の生涯

– 道化師から座主へ 布袋屋梅之丞の生涯

布袋屋梅之丞(4代)は、1879年東京に生まれた。本名は田中清七といい、父は三代目布袋屋梅之丞、母は四代目中村歌右衛門九世目の娘である。幼い頃から歌舞伎を学び、1889年に初舞台を踏む。最初は子役として出演していたが、1895年に女形として本格的にデビューした。

1897年に父が死去し、五代目布袋屋梅之丞を襲名する。梅之丞は女形として活躍し、1900年に市村座の座頭に就任した。座頭とは、歌舞伎役者の最高位であり、一座の運営を任される役職である。梅之丞は座頭として、歌舞伎界の発展に尽力した。

1920年には帝国劇場の座頭に就任し、歌舞伎をより多くの人に知らしめるために尽力した。また、1925年には歌舞伎座の座頭に就任し、歌舞伎界の重鎮として活躍した。

1929年に梅之丞は死去した。享年50歳。梅之丞は、その短い生涯の中で歌舞伎界の発展に大きく貢献した。梅之丞の死は、歌舞伎界にとって大きな損失であった。

梅之丞は、女形として活躍しただけでなく、歌舞伎界の発展に尽力した人物としても知られている。梅之丞は、座頭として歌舞伎座の運営を任され、歌舞伎をより多くの人に知らしめるために尽力した。また、梅之丞は歌舞伎座の改築にも尽力した。梅之丞は、歌舞伎界の発展に大きく貢献した人物として、現在も語り継がれている。

歌舞伎の隆盛と衰退: 布袋屋座の興亡

歌舞伎の隆盛と衰退: 布袋屋座の興亡

歌舞伎の隆盛と衰退 布袋屋座の興亡

江戸時代、歌舞伎は庶民の娯楽として隆盛を極めました。その中心となったのが、中村座、市村座、森田座の三座でした。この三座に遅れて、1688年に布袋屋座が誕生しました。布袋屋座は、歌舞伎の新しい時代の幕開けとなりました。

布袋屋座の経営者は、布袋屋梅之丞でした。梅之丞は、歌舞伎役者として活躍した後、座元に転身しました。梅之丞は、歌舞伎の興行に新しいアイデアを取り入れ、歌舞伎をより庶民に親しみやすいものにしました。梅之丞の努力により、布袋屋座は三座に並ぶ人気劇場となりました。

しかし、歌舞伎の隆盛は長くは続きませんでした。1841年、江戸で大火が発生し、中村座、市村座、森田座が焼失しました。布袋屋座は焼失を免れましたが、歌舞伎界は大きな打撃を受けました。

大火の後、歌舞伎は衰退に向かいます。その原因は、西洋文化の流入や、新興の娯楽である映画の台頭などがあります。歌舞伎は、かつての隆盛を取り戻すことはできませんでした。

布袋屋座も、歌舞伎の衰退とともに衰退していきます。1872年、布袋屋座は閉鎖されました。布袋屋座の閉鎖は、歌舞伎の衰退を象徴する出来事でした。

布袋屋座の跡地には、現在は歌舞伎座が建っています。歌舞伎座は、歌舞伎の伝統を継承する劇場として、今日も多くの人々に愛されています。

受け継がれる伝統: 布袋屋座から南座へ

受け継がれる伝統: 布袋屋座から南座へ

-受け継がれる伝統 布袋屋座から南座へ-

江戸時代の後期に、京都の四条河原に、立見だけで一万人が入る、当時最大級の歌舞伎劇場「布袋屋座」が建てられ、その一門は「布袋屋梅之丞」と名乗り、代々家業として受け継がれてきました。4代目の布袋屋梅之丞は、歌舞伎役者としてだけでなく、劇場経営者としても活躍しました。

布袋屋梅之丞は、1810年、京都の四条河原に生まれました。幼い頃から歌舞伎に親しみ、14歳の時に初舞台を踏み、江戸で活躍した後、35歳の時に、父である3代目の跡を継いで、4代目の布袋屋梅之丞となりました。

4代目の布袋屋梅之丞は、歌舞伎役者としては、立役、女形、敵役など、幅広い役柄をこなし、当時の最高の役者の一人に数えられました。また、劇場経営者としても手腕を発揮し、布袋屋座を京阪の歌舞伎の中心地に押し上げました。

1846年、布袋屋梅之丞は、布袋屋座を四条河原から先斗町に移転させ、新装開場しました。この新劇場は、四階建てで、収容人数は3,000人を超え、当時最高の歌舞伎劇場となりました。

布袋屋梅之丞は、1864年に亡くなりましたが、その遺志は、5代目の布袋屋梅之丞に受け継がれました。5代目の布袋屋梅之丞は、布袋屋座をさらに発展させ、明治維新後も、京阪の歌舞伎の中心地として君臨しました。

しかし、1891年、布袋屋座は、火災で焼失してしまいました。布袋屋梅之丞は、布袋屋座を再建しようと考えましたが、資金難に陥り、その計画は頓挫してしまいました。

1909年、布袋屋梅之丞は、南座の経営を引き受けました。南座は、江戸時代から続く老舗の歌舞伎劇場で、京都の歌舞伎の中心地として知られていました。布袋屋梅之丞は、南座を改装し、設備を近代化して、新たな歌舞伎劇場として蘇らせました。

布袋屋梅之丞は、1913年に亡くなりましたが、その遺志は、南座に受け継がれました。南座は、現在も京都の歌舞伎の中心地として、多くの人々に親しまれています。

布袋屋梅之丞は、歌舞伎役者としてだけでなく、劇場経営者としても活躍した、偉大な人物です。その伝統は、代々受け継がれ、現在も南座で息づいています。

タイトルとURLをコピーしました