浪曲師吉田奈良丸(2代)とその生涯

浪曲師吉田奈良丸(2代)とその生涯

吉田奈良丸(2代)の生い立ちと芸歴

吉田奈良丸(2代)の生い立ちと芸歴

吉田奈良丸(2代)の生い立ちと芸歴

* 本名は松下清次郎。明治43年(1910)5月15日に大阪に生まれる。
* 幼少の頃から音曲が好きで、浪曲師を志す。
* 昭和12年(1937)に浪曲師・吉田奈良丸(初代)に入門し、奈良丸の芸名を受け継ぐ。
* 昭和16年(1941)に浪曲界の最高位である名人位に認定される。
* 昭和20年(1945)に太平洋戦争が勃発し、浪曲界も大きな打撃を受ける。
* 昭和24年(1949)に浪曲協会を結成し、浪曲界の復興に尽力する。
* 昭和32年(1957)に文化功労者に選出される。
* 昭和37年(1962)に浪曲協会会長に就任する。
* 昭和43年(1968)に脳出血で倒れ、療養生活に入る。
* 昭和49年(1974)に死去する。

吉田奈良丸(2代)の代表芸「義士伝」

吉田奈良丸(2代)の代表芸「義士伝」

吉田奈良丸(2代)の代表芸「義士伝」

吉田奈良丸(2代)は、浪曲界の重鎮として知られる浪曲師である。浪曲界での活躍はもとより、多くの演劇・映画に出演し、また、作家として著作も残すなど、芸人としては異例の経歴を持つ。その代表的な芸である「義士伝」は、特に有名で、多くのファンを魅了している。

吉田奈良丸(2代)が「義士伝」を初めて語ったのは、1917年のことである。この時、奈良丸は、東京の寄席「末広亭」で、赤穂義士の討ち入りの物語を語った。この演目は、大好評を博し、奈良丸は一躍、人気浪曲師となった。

奈良丸の「義士伝」は、そのリアルな語り口と、迫真の演技で、聴衆を圧倒した。奈良丸は、赤穂義士一人一人の心情を丁寧に描き出し、その生きざまを生き生きと伝えた。また、奈良丸は、義士たちの討ち入りの場面を、まるで目の前で起こっているかのように語った。その迫真の演技に、聴衆は息を呑んだという。

奈良丸の「義士伝」は、浪曲界に大きな影響を与えた。奈良丸をきっかけに、「義士伝」は、浪曲の定番演目となり、多くの浪曲師が「義士伝」を語るようになった。また、奈良丸の「義士伝」は、演劇や映画にも影響を与え、赤穂義士の討ち入りの物語を題材にした作品が数多く作られるようになった。

奈良丸の「義士伝」は、浪曲界のみならず、日本の芸能界全体に大きな影響を与えた。奈良丸の「義士伝」は、日本人の心を揺さぶり、感動を与え続けている。

吉田奈良丸(2代)の功績と影響

吉田奈良丸(2代)の功績と影響

吉田奈良丸(2代)の功績と影響

吉田奈良丸(2代)は浪曲界に大きな功績を残した人物です。その功績と影響を以下にまとめます。

浪曲師の歴史と芸風を確立した
吉田奈良丸(2代)は、吉田奈良丸(初代)と結婚し、浪曲師としての芸を磨いていきました。その結果、浪曲師の芸風を確立し、浪曲師としての地位を確固たるものにしました。

浪曲界を近代化させた
吉田奈良丸(2代)は、浪曲界の近代化にも尽力しました。それまで浪曲師は、街頭や寄席で浪曲を演じていましたが、吉田奈良丸(2代)は浪曲師を劇場や映画館のステージで演じるようにしました。また、ラジオやテレビでの浪曲の放送も始めました。

多くの弟子を育てた
吉田奈良丸(2代)は、浪曲師としての芸だけでなく、多くの弟子を育ててもいます。その弟子たちの中には、吉田奈良丸(3代)、吉田奈良丸(4代)、吉田奈良丸(5代)、そして、吉田奈良丸(6代)など、浪曲界を代表する浪曲師たちがいます。

浪曲界の発展に貢献した
吉田奈良丸(2代)の功績と影響は、浪曲界の発展に大きな貢献をしました。浪曲師の歴史と芸風を確立し、浪曲界を近代化させ、多くの弟子を育てて、浪曲界を代表する浪曲師たちを輩出しました。また、ラジオやテレビでの浪曲の放送も始め、浪曲を多くの人々に知らしめました。

吉田奈良丸(2代)は、浪曲界の発展に大きな功績を残した人物です。その功績と影響は、現在もなお、浪曲界に受け継がれています。

タイトルとURLをコピーしました