森田勘弥(2代)-江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,座元

森田勘弥(2代)-江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,座元

森田勘弥(2代)の生涯

森田勘弥(2代)の生涯

-森田勘弥(2代)の生涯-

森田勘弥(2代)は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者、座元である。

京都に生まれ、幼少期に江戸に移り住む。元禄4年(1691年)に中村座で初舞台を踏み、その後、市村座、森田座、中村座などの劇団を渡り歩く。正徳2年(1712年)に森田座の座元となる。

森田勘弥(2代)は、歌舞伎の「和事」の芸を大成させた名優として知られている。「和事」とは、歌舞伎の演目のうち、日常的な生活を描いた世話物や、恋物語を中心とした世話浄瑠璃などを指す。森田勘弥(2代)は、これらの演目で持ち前の軽妙な演技と豊かな表情で観客を魅了した。

また、森田勘弥(2代)は、歌舞伎の演出にも秀でていた。歌舞伎の舞台を広く使い、花道やセリなどの演出技法を駆使して、観客に臨場感を与えた。

森田勘弥(2代)は、享保6年(1721年)に死去した。享年43。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの役者や観客が悲しみに暮れたという。

森田勘弥(2代)は、歌舞伎の「和事」の芸を大成させた名優として、現在でもその功績が称えられている。

森田勘弥(2代)の歌舞伎役者としての活躍

森田勘弥(2代)の歌舞伎役者としての活躍

森田勘弥(2代)の歌舞伎役者としての活躍

森田勘弥(2代)は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者、座元です。

勘弥は、1682年(天和2年)に京都で生まれ、幼少期から歌舞伎の世界に入りました。1703年(元禄16年)に江戸に上り、中村座で初舞台を踏み、その後、市村座、山村座などに出演しました。

勘弥は、役者として高い人気を博し、歌舞伎の三大名優の1人に数えられました。また、座元としても活躍し、市村座、山村座の運営に携わりました。

勘弥は、立役、女形、悪役など、あらゆる役を演じこなすことができる万能俳優でした。特に、荒事の役柄で人気が高く、その迫真の演技は「森田勘弥の荒事」として称賛されました。

また、勘弥は、歌舞伎の演出にも優れた才能を発揮しました。従来の歌舞伎の演目に独自の工夫を加え、新しい演出を次々と生み出しました。

勘弥の活躍により、歌舞伎は江戸庶民の間に広く親しまれるようになり、日本の伝統芸能としての地位を確立しました。

勘弥は、1736年(享保21年)に54歳で亡くなりましたが、その死後もその功績は讃えられ、歌舞伎界に大きな影響を与え続けました。

森田勘弥(2代)の座元としての活躍

森田勘弥(2代)の座元としての活躍

森田勘弥(2代)の座元としての活躍

森田勘弥(2代目)は、江戸時代中期の歌舞伎役者、座元である。享保9年(1724年)に江戸で生まれる。幼名は新之助。父は初代森田勘弥である。

勘弥の父、初代森田勘弥は、宝永元年(1704年)に江戸で旗本の三男として生まれる。はじめ、立花屋勘三郎の養子となり、二代目立花屋勘三郎を襲名。その後、森田家を興し、初代森田勘弥となる。勘弥は、父から歌舞伎の英才教育を受け、6歳で初舞台を踏む。13歳で役者として江戸中村座に初参加し、若女形として人気を集める。享保20年(1735年)には、中村座の座元となる。

勘弥は、座元として、中村座の運営に尽力した。中村座は、江戸三座の一つであり、最大の劇場であった。勘弥は、中村座で数々の名作を上演し、歌舞伎の発展に貢献した。また、勘弥は、役者たちの育成にも力を入れた。勘弥の門下からは、二代目中村仲蔵、初代坂田藤十郎、二代目市川団十郎など、多くの名優が輩出された。

勘弥は、明和9年(1772年)に死去するまで、中村座の座元を務めた。勘弥の死後、中村座は、二代目森田勘弥が引き継いだ。勘弥は、座元として、中村座を江戸三座随一の劇場に育て上げ、歌舞伎の発展に大きく貢献した。

タイトルとURLをコピーしました