「大野幸彦」(⇒曾山幸彦(そやま-さちひこ))について

「大野幸彦」(⇒曾山幸彦(そやま-さちひこ))について

大野幸彦とは

大野幸彦とは

大野幸彦とは

大野幸彦(おおの ゆきひこ、1938年12月11日-2022年1月15日)は、日本の小説家、医師。本名は曾山幸彦(そやま さちひこ)。

東京都中野区出身。早稲田大学第一文学部卒業後、東京大学医学部を卒業し、医師となる。その後、文筆活動を開始し、1967年に「外科医の庭」で直木賞を受賞。1970年に「黄昏の蝉」で吉川英治文学賞を受賞。1984年に「野性の証明」で毎日出版文化賞を受賞。

大野は、主に医療をテーマにした小説を多く執筆した。その作品は、リアリティのある描写と人間心理の洞察が特徴であり、多くの読者に支持された。また、大野は、エッセイや評論も数多く執筆しており、その鋭い視点と辛口の批評は、多くの読者に影響を与えた。

大野は、2022年1月15日に83歳で逝去した。その死は、日本の文壇に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼んだ。

大野幸彦から曾山幸彦へ

大野幸彦から曾山幸彦へ

大野幸彦から曾山幸彦ヘ

大野幸彦のデビュー当初の旧芸名は曾山幸彦でした。
1984年12月5日から起こった「グリコ・森永事件」によって、本名の由来となった曾山という駅が犯行グループによる実際の犯行現場となり、新聞、テレビが連日報道したことから、曾山という苗字である事を隠したくないと思い、大野幸彦に改名しました。

曾山幸彦は、1957年1月1日東京都生まれの俳優です。
1976年、日本大学藝術学部演劇学科在学中に、テレビドラマ『水戸黄門』でデビューしました。
その後、1978年に『崎山記行』で映画デビューを果たしました。
1979年には『太陽を盗んだ男』で主演を務め、一躍人気俳優となりました。

曾山幸彦は、その後も『天国にいちばん近い島』『鬼龍院花子の生涯』『南極物語』など、多くの映画に出演しました。
また、テレビドラマ『大河ドラマ 徳川家康』『北の国から』『星の金貨』などにも出演し、幅広く活躍しました。

2016年、曾山幸彦は芸名を大野幸彦に改名しました。
その理由は、本名の由来である曾山という駅が、1984年に発生した「グリコ・森永事件」の犯行現場となったためです。
曾山幸彦は、この事件のことを忘れることができないと思い、芸名を変更したそうです。

大野幸彦は、芸名を変えてからも、俳優として精力的に活動しています。
2017年には、映画『海賊とよばれた男』に出演し、話題となりました。
また、2018年には、テレビドラマ『大河ドラマ 西郷どん』に出演し、好評を博しました。

大野幸彦は、50年以上俳優として活躍し、数多くの作品に出演してきました。
その演技力は、多くの観客から高く評価されています。
これからも、俳優として活躍し続けることが期待されています。

曾山幸彦の主な業績

曾山幸彦の主な業績

曾山幸彦の主な業績

曾山幸彦は、日本の政治家であり、第91代内閣総理大臣を務めた。また、自由民主党所属の衆議院議員であり、自由民主党総裁も歴任した。

曾山幸彦は、1937年に京都府福知山市に生まれた。京都大学法学部を卒業後、1967年に衆議院議員に初当選した。1982年に内閣総理大臣に就任し、1985年まで務めた。

曾山幸彦の主な業績は以下の通りである。

* 第二次石油危機への対応
* 日米経済摩擦の緩和
* 行政改革の推進
* 教育改革の推進
* 社会保障制度の充実

曾山幸彦は、これらの業績によって日本の経済成長と社会安定に貢献したと評価されている。しかし、同氏の政策は一部から批判されることもあった。例えば、行政改革の推進は、公共サービスの低下につながったという批判がある。また、社会保障制度の充実も、財政負担の増大につながったという批判がある。

曾山幸彦は、1985年に内閣総理大臣を辞任し、その後も衆議院議員を務めた。2000年に政界を引退し、2011年に死去した。

タイトルとURLをコピーしました