男はつらいよまでデブキャラを演じきった俳優「でんでん」の軌跡

男はつらいよまでデブキャラを演じきった俳優「でんでん」の軌跡

デんでんとはどんな俳優なのか?

デんでんとはどんな俳優なのか?

-デんでんとはどんな俳優なのか?-

男はつらいよでデブキャラを演じきった俳優として知られるデんでんは、1955年5月19日に兵庫県神戸市で生まれた。本名は大野克洋。血液型はA型。身長168cm、体重65kg。

デんでんは、1978年に劇団「東京タンバリン」を旗揚げし、俳優としてのキャリアをスタートさせた。その後、フリーランスとして活動し、映画やテレビドラマ、舞台などに出演。1990年代には、山田洋二監督の「男はつらいよ」シリーズで、寅さんの親友である車寅次郎の舎弟分である通称「くるまや」を演じて人気を博した。

デんでんは、くるまや役以外にも、様々な映画やテレビドラマに出演している。主な出演作品には、「極道戦国志 不動」(2003年)、「半次郎」(2005年)、「トランスフォーマー」(2007年)、「アヒルと鴨のコインロッカー」(2007年)、「それでもボクはやってない」(2007年)、「容疑者Xの献身」(2008年)、「おくりびと」(2008年)、「劔岳 点の記」(2009年)、「十三人の刺客」(2010年)、「キツツキと雨」(2012年)、「蜩ノ記」(2014年)、「海街diary」(2015年)、「64-ロクヨン-」(2016年)、「沈黙-サイレンス-」(2016年)、「無限の住人」(2017年)、「北の桜守」(2018年)、「影裏」(2018年)、「カツベン!」(2019年)、「AI崩壊」(2020年)、「ヤクザと家族 The Family」(2021年)などがある。

デんでんは、その演技力で数々の賞を受賞している。主な受賞歴には、2007年の「第30回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」(トランスフォーマー)、2008年の「第31回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」(おくりびと)、2009年の「第32回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」(劔岳 点の記)、2010年の「第33回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞」(十三人の刺客)などがある。

デんでんは、デブキャラのイメージが強いが、演技の幅は広く、様々な役柄を演じることができる実力派俳優である。

個性的な脇役としての活躍

個性的な脇役としての活躍

-個性的な脇役としての活躍-

でんでんは、映画「男はつらいよ」シリーズで寅さんの親友「車竜造」役を演じて一躍有名になりましたが、それ以前には、数々の映画やテレビドラマで個性的な脇役として活躍していました。

例えば、1981年の映画「蒲田行進曲」では、銀座の松竹劇場の支配人役を演じ、1983年の映画「魚影の群れ」では、漁師役を演じました。また、1985年の映画「そろばんずく」では、銭湯の主人役を演じ、1987年の映画「男はつらいよ 寅次郎物語」では、車竜造の父親役を演じました。

このように、でんでんは、様々な映画やテレビドラマで、個性的な脇役を演じ、その存在感を示していました。そして、1996年の映画「男はつらいよ 寅次郎紅の花」で車竜造役を演じたことで、その人気は不動のものとなりました。

でんでんは、映画「男はつらいよ」シリーズで車竜造役を演じたことで一躍有名になりましたが、それ以前にも、数々の映画やテレビドラマで個性的な脇役として活躍していました。その存在感のある演技は、多くの観客から支持され、今もなお、多くの人々に親しまれています。

近年は主演作でも活躍

近年は主演作でも活躍

-近年は主演作でも活躍-

阿部英之介さん(俳優、愛称でんでん)は、『男はつらいよ』シリーズの主人公・寅さんの親友役として親しまれているコメディアンです。近年は、主演作でも活躍しています。

2016年公開の映画『聖の青春』で主人公の父親役を演じて、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しました。この映画は、主人公の聖が、難病と闘いながら、自分の夢を追いかけるというストーリーです。でんでんさんは、聖を支え続ける父親役を、見事に演じきりました。

2019年公開の映画『半世界』では、主人公の父親役を演じました。この映画は、主人公のハルが、家族や友人との関係に悩みながら、自分の居場所を探していくというストーリーです。でんでんさんは、ハルを厳しくも温かく見守る父親役を、好演しました。

2021年公開の映画『老後の資金がありません!』では、主人公の年金生活を送る夫婦の夫役を演じました。この映画は、主人公の夫婦が、老後の資金が足りないことに気づいて、様々な節約をしながら暮らすというストーリーです。でんでんさんは、妻役の倍賞美津子さんとの夫婦役を、コミカルかつほのぼのと演じきりました。

でんでんさんは、コメディアンとしてだけでなく、俳優としても活躍しています。近年は、主演作でも活躍しており、その演技力が高く評価されています。今後も、でんでんさんの活躍に期待しています。

タイトルとURLをコピーしました