宮城千賀子:大正・昭和の銀幕を彩った名女優

宮城千賀子:大正・昭和の銀幕を彩った名女優

宝塚歌劇団への入団と芸名の由来

宝塚歌劇団への入団と芸名の由来

-# 宝塚歌劇団への入団と芸名の由来

宮城千賀子は、1901年(明治34年)11月29日、宮城県仙台市に生まれました。本名は、宮城きく。父は仙台市役所に勤務する官吏で、母は元芸妓でした。千賀子は5人きょうだいの末っ子で、幼い頃から歌や踊りが大好きでした。

1919年(大正8年)、千賀子は宝塚歌劇団に入団します。芸名は、父が尊敬する作家の宮城道雄にちなんでつけられました。千賀子は、入団後すぐに頭角を現し、1921年(大正10年)には早くも花組のトップスターに就任します。

千賀子は、清楚で可憐な容姿と、抜群の歌唱力で人気を博しました。また、演技力にも優れており、さまざまな役柄を演じこなしました。1927年(昭和2年)には、映画「金色夜叉」で映画デビューを果たし、映画女優としても活躍します。

千賀子は、1930年(昭和5年)に宝塚歌劇団を退団します。その後も、映画や舞台で活躍を続け、1975年(昭和50年)に亡くなるまで女優として第一線で活躍しました。

日活への入社と映画での活躍

日活への入社と映画での活躍

– 宮城千賀子大正・昭和の銀幕を彩った名女優

-# 日活への入社と映画での活躍

宮城千賀子は、1921年(大正10年)に東京府下豊多摩郡渋谷町(現・東京都渋谷区)で生まれた。幼い頃から女優を志し、1937年(昭和12年)に日活多摩川撮影所に臨時雇用として入社した。

入社後は、端役や脇役として映画に出演し、1939年(昭和14年)に公開された『忠臣蔵』で注目を集めた。宮城千賀子は、この作品で、大石内蔵助の妻・りくを演じ、その清廉な美しさで多くの観客を魅了した。

1940年(昭和15年)、宮城千賀子は映画『丹下左膳』で主演を務めた。この作品は、大ヒットとなり、宮城千賀子は一躍スターの仲間入りを果たした。その後、宮城千賀子は、『風雲児中村仲蔵』『元禄忠臣蔵』など、数多くの映画に出演し、国民的な女優となった。

宮城千賀子は、1951年(昭和26年)に日活を退社し、松竹に移籍した。松竹でも、宮城千賀子は多くの映画に出演し、1954年(昭和29年)に公開された『浮雲』で、第8回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。

宮城千賀子は、1960年代後半に引退したが、その演技力は高く評価されており、現在も多くのファンがいる。宮城千賀子は、大正・昭和の銀幕を彩った名女優として、人々の記憶に残っている。

戦後の活躍と晩年

戦後の活躍と晩年

戦後の活躍と晩年

戦後、宮城千賀子は映画界に復帰し、活躍を続けました。1946年(昭和21年)には、黒澤明監督の映画「わが青春に悔なし」に出演。この映画は大ヒットとなり、宮城千賀子も一躍スターの仲間入りを果たしました。その後も、黒澤明監督の「生きる」(1952年)、「七人の侍」(1954年)など、数々の名作に出演。「黒澤組の女優」として知られるようになりました。

1960年代以降も、宮城千賀子は映画やテレビドラマに出演し続け、女優として活躍しました。また、晩年にはエッセイや講演活動にも力を入れ、文化人としての地位を確立しました。1990年、「文化功労者」に選ばれました。

宮城千賀子は、2002年(平成14年)11月20日、心不全のため東京都内の病院で逝去しました。享年91歳でした。大正・昭和の銀幕を彩り、日本映画界に大きな足跡を残した名女優でした。

宮城千賀子は、女優としてだけでなく、女性としての生き方でも人々に影響を与えました。彼女は、夫と死別後も女優として仕事を続け、独立した女性として生き抜きました。晩年には、講演活動などで女性たちへのメッセージを発信し続けました。

宮城千賀子は、日本映画界のレジェンドであり、女性の生き方のロールモデルとして、今も多くの人々に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました