– 柿原崇志 – 能楽大鼓方

– 柿原崇志 – 能楽大鼓方

柿原崇志の生涯

柿原崇志の生涯

-柿原崇志の生涯-

柿原崇志(かきはら たかし)は、日本の能楽大鼓方。観世流大鼓方の家元。観世流シテ方十三世宗家・観世栄夫の妻。観世流大鼓方十二世宗家・柿原崇雄の父。

1931年、東京都に生まれる。父は観世流大鼓方十一世宗家・柿原崇之、母は日本舞踊花柳流師範・八千草敏子。

4歳のときから父に大鼓を習い始め、1947年に初舞台を踏む。1951年に観世流大鼓方十二世宗家・柿原崇雄を襲名。

1960年に観世流シテ方十三世宗家・観世栄夫と結婚。1963年に長男・柿原崇雄が誕生。

1971年、夫の栄夫が観世流シテ方十四世宗家を襲名したのに伴い、観世流大鼓方十三世宗家を襲名。

1991年、勲五等双光旭日章を受章。

2000年、紫綬褒章を受章。

2001年、夫の栄夫が逝去。

2003年、重要無形文化財「能楽」の保持者(大鼓方)に認定される。

2007年、文化功労者に選出される。

2010年、9月15日に逝去。享年79。

柿原崇志は、その類まれな才能と研鑽によって、現代能楽界屈指の大鼓方として活躍した。また、数多くの弟子を育て、能楽大鼓方の後継者を育成した功績も大きい。

柿原崇志の演奏の特徴

柿原崇志の演奏の特徴

柿原崇志の演奏の特徴

柿原崇志の演奏の特徴は、以下の通りである。

* 力強い打音と繊細な打音の使い分け
* リズムの正確さと自由度の高さ
* 伝統的な奏法を忠実に守りながらも、新しい感覚を取り入れた演奏

柿原崇志は、力強い打音と繊細な打音の使い分けが非常に巧みである。力強い打音は、能楽の演奏において重要な要素であり、柿原崇志は、その力強い打音で、能楽の躍動感や緊張感を表現している。また、柿原崇志は、繊細な打音も非常に巧みであり、その繊細な打音で、能楽の優雅さや繊細さを表現している。

柿原崇志は、リズムの正確さと自由度の高さも非常に特徴的である。柿原崇志は、能楽の演奏において重要な要素であるリズムを正確に演奏することができる。また、柿原崇志は、リズムの自由度も高く、能楽の演奏において、自由な表現をすることができる。

柿原崇志は、伝統的な奏法を忠実に守りながらも、新しい感覚を取り入れた演奏をする。柿原崇志は、能楽の伝統的な奏法を忠実に守りながら、新しい感覚を取り入れた演奏をすることで、能楽の新しい魅力を引き出している。

柿原崇志の演奏は、力強く繊細な打音の使い分け、リズムの正確さと自由度の高さ、伝統的な奏法を忠実に守りながらも新しい感覚を取り入れた演奏など、非常に特徴的である。柿原崇志の演奏は、能楽の新しい魅力を引き出し、能楽をより多くの人々に親しみやすくしている。

柿原崇志の主な受賞歴

柿原崇志の主な受賞歴

柿原崇志の主な受賞歴

* 2006年 能楽賞新人賞(佳作)
* 2007年 全国コンクール最優秀賞
* 2009年 第3回東京芸術コンクール最高位入賞
* 2012年 第13回邦楽コンクール最高位入賞
* 2014年 第5回名古屋コンクール最高位入賞
* 2016年 第17回邦楽コンクール最高位入賞
* 2018年 第2回柿原崇志賞受賞
* 2020年 第23回邦楽コンクール最高位入賞

タイトルとURLをコピーしました