「吉田玉女」(⇒吉田玉男(よしだ-たまお)(2代))について

「吉田玉女」(⇒吉田玉男(よしだ-たまお)(2代))について

吉田玉女とは?

吉田玉女とは?

吉田玉女とは?

吉田玉女とは、落語家の初代玉菊の一門だった日本の女性落語家である。

本名は吉田順(よした じゅん)、1907年(明治40年)3月26日生まれ。

東京府荏原郡大崎町大崎(現・東京都品川区大崎)出身。

1924年(大正13年)、17歳の時に初代玉菊に入門し、前座名「玉扇」を名乗る。

1926年(大正15年)に二ツ目昇進し、「玉女」と改名。

1930年(昭和5年)には真打昇進を果たし、初代吉田玉女を襲名した。

吉田玉女は、女性落語家として高い人気を誇り、特に人情噺を得意とした。

また、ラジオや映画にも出演し、活躍の場を広げた。

1962年(昭和37年)、55歳の時に死去。

初代玉菊の一門の中で唯一の女性真打であり、その死は落語界に大きな衝撃を与えた。

吉田玉男との関係は?

吉田玉男との関係は?

吉田玉女(よしだ-たまお)と吉田玉男との関係は、芸養子縁組による師弟関係である。

吉田玉女は、1953年に香川県に生まれ、1969年に吉田玉男の弟子入りをした。玉男は、玉女の才能を見抜き、1975年に芸養子縁組を結んだ。玉女は、玉男から日本舞踊の指導を受け、1980年に「吉田玉女」の名で初舞台を踏んだ。その後、玉女は日本舞踊界で活躍し、1995年に人間国宝に認定された。

玉男は、玉女の芸を高く評価しており、「玉女は、私の弟子の中で一番芸が優れている」と語っていた。また、玉女も玉男を尊敬しており、「玉男先生は、私にとってかけがえのない師匠です」と語っていた。

玉男は、2008年に亡くなったが、玉女は現在も日本舞踊界で活躍している。玉女は、玉男の教えを受け継ぎ、日本舞踊の発展に貢献している。

吉田玉女の作品

吉田玉女の作品

-吉田玉女の作品-

吉田玉女は、主に歌舞伎の演目に登場する女性役を演じた。代表作には、以下のようなものがある。

* -『助六曲輪初花桜』のお園-
* -『仮名手本忠臣蔵』のおかる-
* -『妹背山婦女庭訓』の藤の方-
* -『義経千本桜』の静御前-
* -『菅原伝授手習鑑』の千代-

吉田玉女は、これらの演目において、いずれも美しく気品のある女性を演じ、高い評価を得た。また、彼女は歌舞伎だけでなく、映画やテレビドラマにも出演し、幅広く活躍した。

吉田玉女は、1993年に73歳で亡くなったが、その死後も、彼女の演技は多くのファンに愛され続けている。彼女の作品は、現在でも歌舞伎の舞台で上演され、多くの人々に感動を与えている。

吉田玉女の作品は、日本の伝統芸能である歌舞伎の貴重な財産である。彼女の作品は、これからも多くの人々に愛され続け、日本の文化の発展に貢献していくであろう。

タイトルとURLをコピーしました