「豊竹嶋大夫(8代)」

「豊竹嶋大夫(8代)」

昭和後期-平成時代の浄瑠璃太夫

昭和後期-平成時代の浄瑠璃太夫

– 「豊竹嶋大夫(8代)」-

昭和後期-平成時代の浄瑠璃太夫

八代目豊竹嶋太夫は、昭和20年(1945)に六代目竹本越路大夫の子として、大阪市に生まれました。本名は永田登喜久。

昭和29年に四代目竹本越太夫に入門し、翌年に初舞台を踏みました。その後、三代目常磐津文字太夫に師事し、昭和35年に六代目豊竹嶋大夫を襲名しました。

昭和40年代後半から50年代にかけて、国立劇場や東京芸術劇場などの大劇場で活躍し、浄瑠璃界の若手として注目を集めました。

平成元年(1989)には、重要無形文化財保持者に認定されました。平成15年(2003)には、大阪で「豊竹嶋大夫の会」を結成し、浄瑠璃の普及に努めました。

平成20年(2008)には、人間国宝に認定されました。平成24年(2012)には、大阪芸術大学教授に就任しました。

八代目豊竹嶋大夫は、平成27年(2015)に70歳で亡くなりました。

八代目豊竹嶋大夫は、力強く張りのある声で、浄瑠璃の世界観を表現する名手でした。また、伝統的な浄瑠璃を大切にしながらも、新しい表現にも挑戦する姿勢で知られていました。

八代目豊竹嶋大夫の死は、浄瑠璃界にとって大きな損失となりました。しかし、八代目豊竹嶋大夫が残した功績は、これからも浄瑠璃界の発展に貢献していくことでしょう。

芸術選奨文部大臣賞受賞

芸術選奨文部大臣賞受賞

-「豊竹嶋大夫(8代)」の芸術選奨文部大臣賞受賞-

-「豊竹嶋大夫(8代)」概要-
豊竹嶋大夫(8代)は、明治31年(1898年)に大阪府に生まれ、1985年に亡くなった日本の邦楽(義太夫節)の太夫です。本名は葛西徳太郎といいます。

幼い頃から義太夫節を学び、1917年に五代目豊竹嶋太夫を襲名しました。その後、1931年に八代目豊竹嶋大夫を襲名し、義太夫節の第一人者として活躍しました。

嶋大夫は、その優れた歌唱力と義太夫節への深い理解で、多くの聴衆を魅了しました。また、後進の指導にも熱心で、多くの優秀な義太夫節の太夫を育て上げました。

1964年には、芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。これは、嶋大夫の義太夫節への貢献が評価されたものです。

嶋大夫は、1985年に亡くなりましたが、その死後もその功績は語り継がれています。

-芸術選奨文部大臣賞受賞-
嶋大夫が芸術選奨文部大臣賞を受賞したのは、1964年のことです。これは、嶋大夫の義太夫節への貢献が評価されたものです。

嶋大夫は、1917年に五代目豊竹嶋太夫を襲名してから、義太夫節の第一人者として活躍しました。その優れた歌唱力と義太夫節への深い理解で、多くの聴衆を魅了しました。また、後進の指導にも熱心で、多くの優秀な義太夫節の太夫を育て上げました。

嶋大夫の受賞は、義太夫節の伝統を守り育ててきた功績が評価されたものです。嶋大夫の受賞は、義太夫節の発展に大きな貢献をしたと言ってよいでしょう。

人間国宝に認定

人間国宝に認定

-人間国宝に認定-

豊竹嶋大夫(8代)は、1965年(昭和40年)に人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されました。この認定は、豊竹嶋大夫(8代)が人形浄瑠璃文楽の保持者として卓越した技能を有し、その芸が貴重な文化遺産であると認められたことを意味します。

豊竹嶋大夫(8代)は、1885年(明治18年)に大阪に生まれ、1906年(明治39年)に豊竹清大夫(7代)に入門しました。その後、1911年(明治44年)に四代目豊竹嶋大夫を襲名し、1925年(大正14年)に五代目豊竹嶋大夫を襲名しました。

豊竹嶋大夫(8代)は、1926年(大正15年)に文楽座の座頭に就任し、1961年(昭和36年)までその座にありました。座頭在任中は、文楽座の運営に尽力し、また、人形浄瑠璃文楽の発展に貢献しました。

豊竹嶋大夫(8代)は、人形浄瑠璃文楽の三大名作「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」のすべてを演じることができた名人でした。また、豊竹嶋大夫(8代)は、人形浄瑠璃文楽の新しい演目の創作にも尽力し、多くの名作を残しました。

豊竹嶋大夫(8代)は、1967年(昭和42年)に亡くなりましたが、その芸は今日でも多くの文楽ファンに親しまれています。人間国宝の認定は、豊竹嶋大夫(8代)の功績を称えるとともに、人形浄瑠璃文楽の貴重な文化遺産としての価値を再確認する機会となりました。

タイトルとURLをコピーしました