嵐吉三郎(初代):歌舞伎役者

嵐吉三郎(初代):歌舞伎役者

初代嵐吉三郎の生涯

初代嵐吉三郎の生涯

-初代嵐吉三郎の生涯-

初代嵐吉三郎は、享保8年(1723年)に丹波国桑田郡篠山(現在の兵庫県篠山市)に生まれた。幼名は勘吉。父親は篠山藩に仕える足軽であった。

吉三郎は幼い頃から芝居好きで、地元の芝居小屋によく通っていた。そして、いつしか自分も役者になりたいと思うようになった。

17歳になった吉三郎は、京都の芝居小屋「京屋」に奉公に出た。そこで、芝居の基礎を学び、やがて舞台に立つようになった。

その後、吉三郎は江戸に上り、中村座で活躍するようになった。そして、安永9年(1780年)に「嵐吉三郎」の名跡を襲名した。

吉三郎は、歌舞伎の女形として一世を風靡した。その美貌と演技力は、多くの観客を魅了した。また、吉三郎は、新歌舞伎の台本を執筆したり、新しい演出を考案したりするなど、歌舞伎の発展に貢献した。

吉三郎は、文化5年(1808年)に、66歳で亡くなった。

吉三郎は、歌舞伎史に残る名女形として、現在でも語り継がれている。

嵐吉三郎の芸風

嵐吉三郎の芸風

嵐吉三郎の芸風

嵐吉三郎は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。通称は富川三右衛門。俳号は波隣。嵐吉三郎の芸風は、荒事と和事の双方に優れ、特に荒事においては、豪快かつ繊細な演技で観客を魅了しました。また、和事においても、上品かつ洒脱な演技で定評がありました。

嵐吉三郎の荒事の代表作としては、「勧進帳」の弁慶、「義経千本桜」の佐藤忠信、「菅原伝授手習鑑」の菅丞相、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助などが挙げられます。これらの役柄において、嵐吉三郎は、豪快な立ち回りや力強いせりふ回しで、観客を沸かせました。

一方、和事の代表作としては、「京鹿子娘五人道成寺」の傾城鷺坂、「恋娘昔八丈」の八丈島娘、「操三番叟」の三番叟などが挙げられます。これらの役柄において、嵐吉三郎は、上品な立ち居振る舞いやすらりと伸びた美声で、観客を魅了しました。

嵐吉三郎は、荒事と和事の双方に優れ、歌舞伎界において大きな人気を誇った役者でした。その芸風は、現在まで受け継がれており、多くの歌舞伎役者が嵐吉三郎の芸を参考にして舞台に立っています。

嵐吉三郎の代表作

嵐吉三郎の代表作

嵐吉三郎の代表作

嵐吉三郎は、江戸時代後期の歌舞伎役者で、荒事を得意とした。代表作には、以下のものがある。

・『勧進帳』の弁慶
・『義経千本桜』の佐藤忠信
・『仮名手本忠臣蔵』の塩冶判官
・『菅原伝授手習鑑』の菅丞相
・『近松門左衛門』の曽根崎心中のお初
・『摂州合邦辻』の畑山勘兵衛

これらの作品は、いずれも歌舞伎の古典的な演目であり、嵐吉三郎はこれらの作品の主人公を熱演し、喝采を浴びた。特に、『勧進帳』の弁慶は、嵐吉三郎の当たり役であり、彼の代名詞ともなっている。嵐吉三郎は、歌舞伎の荒事の第一人者として活躍し、その演技は多くの観客を魅了した。

タイトルとURLをコピーしました