– 嵐三十郎(初代)

– 嵐三十郎(初代)

嵐三十郎(初代)の生涯

嵐三十郎(初代)の生涯

-嵐三十郎(初代)の生涯-

嵐三十郎(初代)は、江戸時代前期の歌舞伎役者。京都四条河原で生まれた。本名は高市十太夫。

1660年、京都で「嵐十太夫」の名で初舞台を踏む。その後、「嵐三十郎」に改名。

1673年、江戸に下向。市村座に出演し、大当たりをとる。

1677年、京伝長五郎一座の座頭に就任。

1683年、中村座に出座。

1691年、江戸城内での興行で、将軍徳川綱吉の前で「道行旅路花婿」を演じる。

1692年、嵐三十郎一座を結成。

1694年、道頓堀角座で「仮名手本忠臣蔵」を初演。

1700年、京都で死去。享年42。

嵐三十郎は、荒事と和事の両方をこなすことができる万能役者だった。また、新作歌舞伎を数多く上演し、歌舞伎の発展に貢献した。

嵐三十郎の代表作には、「仮名手本忠臣蔵」の「大星由良之助」役、「花菖蒲女五十三疋」の「女房おさん」役、「義経千本桜」の「いがみの権太」役などがある。

嵐三十郎は、歌舞伎の黄金時代を築いた名役者として、現在でも多くの人々に愛されている。

嵐三十郎(初代)の芸風

嵐三十郎(初代)の芸風

-嵐三十郎(初代)の芸風-

嵐三十郎(初代)の芸風は、荒事、和事、世話事をすべて器用にこなす「立役の全能」といわれた。

荒事では、豪胆で勇壮な役柄を得意とした。特に、『勧進帳』の弁慶、『義経千本桜』の源義経、『仮名手本忠臣蔵』の大星由良助などは、彼の当たり役であった。

和事では、優美で繊細な役柄を得意とした。特に、『菅原伝授手習鑑』の菅丞相、『隅田川続俤』の白酒売新兵衛、『双蝶々曲輪日記』の松右衛門などは、彼の当たり役であった。

世話事では、庶民的な役柄を得意とした。特に、『世話尽』の十右衛門、『心中天網島』の治兵衛、『冥途の飛脚』の梅川などは、彼の当たり役であった。

嵐三十郎(初代)は、また、舞踊にも優れており、数々の名作を創作した。その中でも、『勧進帳』の「安宅の関」、『義経千本桜』の「吉野山」、『仮名手本忠臣蔵』の「大星由良助」などは、彼の代表作である。

嵐三十郎(初代)の逸話

嵐三十郎(初代)の逸話

-嵐三十郎(初代)の逸話-

-江戸城でのお披露目-

嵐三十郎(初代)は、安永2年(1773年)に江戸城で将軍徳川家治の前で踊りを披露した。この時、三十郎は15歳で、将軍の前で踊ることに大変緊張していたという。しかし、三十郎は堂々と踊りを披露し、将軍から褒められた。このことがきっかけで、三十郎は江戸で人気者となり、歌舞伎役者として活躍するようになった。

-伊勢神宮への参拝-

嵐三十郎(初代)は、天明3年(1783年)に伊勢神宮に参拝した。この時、三十郎は歌舞伎役者として成功を収めており、伊勢神宮への参拝は、成功を神様に報告するためだったという。三十郎は伊勢神宮で、歌舞伎の演目を奉納し、神様に感謝した。

-歌舞伎十八番「勧進帳」での弁慶役-

嵐三十郎(初代)は、歌舞伎十八番「勧進帳」で弁慶役を演じた。三十郎の弁慶役は、大変評判がよく、江戸の人々は三十郎の弁慶役を見るために、劇場に殺到したという。三十郎の弁慶役は、歌舞伎の歴史の中でも最高の弁慶役として知られている。

-嵐三十郎(初代)の死-

嵐三十郎(初代)は、寛政11年(1799年)に亡くなった。享年31歳だった。三十郎の死は、歌舞伎界に大変な衝撃を与えた。三十郎は、歌舞伎界の若きスターであり、その死は惜しまれた。三十郎の死後、歌舞伎界では三十郎を偲ぶために、三十郎の演目を上演するようになった。

嵐三十郎(初代)は、歌舞伎の歴史上、最も偉大な役者の1人である。三十郎の踊りと演技は、江戸の人々を魅了し、江戸歌舞伎の黄金期を築いた。三十郎の死は、歌舞伎界に大変な損失であり、今日でも三十郎の功績は称えられている。

タイトルとURLをコピーしました