演劇評論家・岡鬼太郎の人生と功績

演劇評論家・岡鬼太郎の人生と功績

明治・昭和初期の演劇界で活躍した岡鬼太郎

明治・昭和初期の演劇界で活躍した岡鬼太郎

明治・昭和初期の演劇界で活躍した岡鬼太郎

岡鬼太郎(1868~1934)は、明治・昭和初期に活躍した演劇評論家である。本名は岡良平。東京府(現東京都)に生まれる。早稲田大学を卒業後、新聞記者や雑誌記者として働く。1906年、演劇雑誌「演劇新報」を創刊し、演劇評論の第一人者として活躍する。

岡鬼太郎は、演劇を「国民生活の重大問題」と位置づけ、演劇の社会性を重視した。また、演劇の美しさや芸術性を追求し、演劇の近代化に貢献した。

岡鬼太郎の演劇評論は、演劇界に大きな影響を与えた。また、演劇評論以外にも、戯曲や小説、評論などを執筆し、文筆家としても活躍した。

岡鬼太郎は、1934年に脳溢血で死去した。享年66。

岡鬼太郎の功績

岡鬼太郎は、演劇評論の第一人者として、演劇界に大きな影響を与えた。また、演劇評論以外にも、戯曲や小説、評論などを執筆し、文筆家としても活躍した。

岡鬼太郎の演劇評論は、演劇の社会性を重視し、演劇の近代化に貢献した。また、演劇の美しさや芸術性を追求し、演劇を国民生活の重大問題と位置づけた。

岡鬼太郎は、1934年に死去したが、その功績は現在も演劇界に受け継がれている。

辛辣な劇評で知られた演劇評論家

辛辣な劇評で知られた演劇評論家

– 辛辣な劇評で知られた演劇評論家

岡鬼太郎は、日本の演劇評論家、演出家、俳優、劇作家である。1901年東京に生まれ、1978年に亡くなった。

岡鬼太郎は、演劇評論家として最もよく知られている。彼は、辛辣な劇評で知られ、「劇評の鬼」と呼ばれた。また、演劇評論家としては初めて、劇団を結成した人物でもある。

岡鬼太郎の演劇評論は、鋭く、そして辛辣であった。彼は、劇団の演出や俳優の演技を容赦なく批判し、劇評の鬼と呼ばれるようになった。しかし、岡鬼太郎の演劇評論は、必ずしもネガティブなものではなかった。彼は、優れた劇団や俳優を称賛することも多かった。

岡鬼太郎は、演劇評論家としてだけでなく、演出家や俳優としても活躍した。1926年、彼は劇団「新劇座」を結成し、演出家として数々の作品を上演した。また、俳優としても多くの舞台に出演し、その演技は高く評価された。

岡鬼太郎は、演劇界に大きな影響を与えた人物である。彼の辛辣な劇評は、劇団や俳優に大きな刺激を与え、日本の演劇の発展に貢献した。

岡鬼太郎の主な著作には、以下のものがある。

* 『演劇評論集』(1927年)
* 『俳優論』(1930年)
* 『演出論』(1935年)
* 『演劇史』(1940年)
* 『自伝』(1970年)

2代市川左団次の革新興行を支えた脚本家

2代市川左団次の革新興行を支えた脚本家

-2代市川左団次の革新興行を支えた脚本家-

岡鬼太郎の演劇評論家としての活動は、2代市川左団次の革新興行を支えた脚本家としても知られています。左団次は、1870年代半ばに歌舞伎界を改革することを目指し、さまざまな試みを始めました。その一つが、従来の世話物を中心とした演目を、近松門左衛門などの浄瑠璃脚本を基にした時代物に重点を置くことでした。岡鬼太郎はこの左団次の改革に共感し、左団次のために多くの時代物の脚本を執筆しました。

岡鬼太郎の脚本は、従来の歌舞伎の脚本とは一味違い、よりドラマチックで、人物の心理描写にも重点が置かれていました。これらは左団次の新しい演出スタイルとも相まって、大きな人気を博しました。また、岡鬼太郎は左団次のために、新しい歌舞伎のジャンルである「新歌舞伎」を創始しました。新歌舞伎は、歌舞伎の伝統的な様式を踏襲しながらも、より現代的なテーマや題材を取り入れたもので、こちらも大きな人気を博しました。

岡鬼太郎の脚本は、左団次の革新興行を実現し、歌舞伎界に大きな影響を与えました。岡鬼太郎は、左団次とともに、近代歌舞伎の創始者の一人として、今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました