櫛引弓人 – 日本に飛行機を初めて輸入した興行師

櫛引弓人 – 日本に飛行機を初めて輸入した興行師

慶応義塾で学んだ青年

慶応義塾で学んだ青年

– 慶応義塾で学んだ青年

櫛引弓人は1865年(慶応元年)、江戸の四谷に生まれました。幼名は竹次郎といい、15歳の時に慶応義塾に入学しました。慶応義塾では福沢諭吉の薫陶を受け、自由主義思想を学びました。また、英語を学び、外国語に通じました。

1881年(明治14年)、櫛引は慶応義塾を卒業しました。その後、三井物産に入社し、貿易の仕事に従事しました。1890年(明治23年)には、三井物産のロンドン支店長に就任しました。

ロンドン支店長時代、櫛引はヨーロッパの最新技術に興味を持ちました。特に、飛行機の技術に興味を持ち、飛行機の輸入を計画しました。1910年(明治43年)、櫛引は日本初の飛行機を輸入しました。輸入された飛行機は、フランス製のアンリ・ファルマン機でした。

櫛引は、輸入した飛行機を使って、日本の各地で飛行展示会を開催しました。飛行展示会は大盛況となり、多くの人が飛行機の飛行を見る機会を得ました。櫛引の飛行展示会は、日本の航空機産業の発展に貢献しました。

渡米して飛行機の輸入を決意

渡米して飛行機の輸入を決意

渡米して飛行機の輸入を決意

1910年、櫛引弓人は演劇や興行の興行師としてアメリカ合衆国に渡った。そこで彼は、飛行機の飛行展示会を見て大きな衝撃を受けた。それまで彼は、飛行機の存在を知ってはいたが、その実物を見たことはなかった。その飛行展示会で飛行機の性能と可能性を目の当たりにして、彼は日本に飛行機を輸入することを決意した。

櫛引弓人は、アメリカ合衆国で飛行機の飛行展示会を見て、飛行機の性能と可能性に非常に感銘を受けた。彼は、飛行機が日本にとって有益なものであると確信し、日本に飛行機を輸入することを決意した。

櫛引弓人は、アメリカ合衆国で飛行機の輸入業者と交渉して、飛行機の輸入契約を結んだ。そして、1910年12月、日本に飛行機を輸入した。これは、日本にとって初めての飛行機の輸入であった。櫛引弓人は、自分が輸入した飛行機を「ライトフライヤー号」と名付けた。「ライトフライヤー号」は、ライト兄弟が開発した飛行機で、世界で初めて有人飛行に成功した飛行機である。

櫛引弓人は、「ライトフライヤー号」を日本各地で飛行展示会を開催して、日本国民に飛行機を紹介した。彼の飛行展示会は、大盛況を博し、日本国民に飛行機の性能と可能性をアピールすることに成功した。櫛引弓人は、飛行機の輸入と飛行展示会を開催することで、日本における航空産業の発展に貢献した。

ナイルスとスミスを招いた飛行技披露

ナイルスとスミスを招いた飛行技披露

– ナイルスとスミスを招いた飛行技披露

1910年、櫛引弓人はアメリカから2人のパイロット、チャールズ・ナイルスとハワード・スミスを招聘し、日本初の飛行技披露を開催した。ナイルスとスミスは、当時最先端の飛行機「ライト・フライヤー号」を操縦し、東京、大阪、名古屋など全国各地で飛行を披露した。

ナイルスとスミスの飛行技披露は、日本の人々に大きな衝撃を与えた。飛行機が空を飛ぶ姿を見るのは初めての人が多く、そのアクロバティックな飛行技術に驚嘆した。この飛行技披露は、日本における航空機への関心を高め、航空産業の発展に大きな役割を果たした。

ナイルスとスミスの飛行技披露は、また、日本とアメリカの交流を深めるきっかけとなった。ナイルスとスミスは、日本の人々にアメリカの魅力を伝え、日本人はナイルスとスミスからアメリカの文化を学んだ。この飛行技披露は、日本とアメリカの友好関係の礎を築いた。

ナイルスとスミスを招いた飛行技披露は、日本にとって非常に重要なイベントであった。この飛行技披露は、日本における航空機への関心を高め、航空産業の発展に大きな役割を果たした。また、この飛行技披露は、日本とアメリカの交流を深めるきっかけとなり、日本とアメリカの友好関係の礎を築いた。

タイトルとURLをコピーしました